日産ディーゼル・クオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クオン(ダンプ)
クオン(ミキサー)

クオン(Quon)は、UDトラックス(2010年1月31日までは日産ディーゼル工業)が2004年から製造販売する大型クラスのトラックである。ビッグサムの後継車として登場した。大型トラックで、世界初のSRSニーエアバッグ&ニープロテクタを採用、日本初のラウンドコクピットを採用、マルチアシストシートを助手席に装備、クラス最大級となるキャブチルト角65°を実現した。

ビッグサムから15年ぶりのフルモデルチェンジとなる。発売後約3ヶ月間はビッグサムとの併売であった。なお、除雪車日野自動車いすゞ自動車OEM供給されている。キャブバックパネルとダブルキャブ車のリアドアはビッグサムの流用。

大型トラックで、世界初の尿素SCR触媒を採用し、いち早く平成17年排出ガス規制に適合した。エンジンはV型を廃止して直列6気筒GE13系とMD92系に統合された。

「FLENDS」(フレンズ)と名付けられた同社の尿素SCRシステムは、前段階の酸化触媒に加え、排気ガス中に噴射される尿素水のAdBlue還元剤としてアンモニアを生成し、NOxと結合させることで窒素二酸化炭素に分解するNOx後処理装置を搭載している。

歴史[編集]

  • 2004年平成16年)
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 1月16日 - トラクタの重量車燃費基準を達成、車種バリエーションの拡大、NDSC(ESP)をオプション設定。
    • 10月10日 - 単車系の積載8t-15tクラスに機能を追加。ESCOT-IV ATにクイックシフトライトウェイト機能を搭載、トラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を新規設定、シャーシ重量の軽減、長距離向けAdBlueタンク55Lをオプション設定。
    • 10月 - 東風日産ディーゼルでの現地生産が開始され、第40回東京モーターショーに中国向け仕様が出品される。これにより初めて左ハンドル仕様が販売されることになる。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 - 「UDトラックス」への社名変更に伴い、エンブレムなどの意匠を一部変更。
    • 4月20日 - マイナーチェンジ。エンジンをボルボ製ベースのGH11(単車系)・GH13(トラクタ)に換装した他、FLENDSをSCR+NOx吸蔵還元触媒の併用式としてポスト新長期排気ガス規制に適合。また、ホイールをJIS規格の8スタッドからISO規格の10スタッドに変更。ミッションは2ペダルの「ESCOT-V」を新たに設定。内装ではメーターパネル内の水温計をマルチディスプレイに統合し、代わりにAdBlue残量計を設置。ショートキャブ車は廃止された。
  • 2011年(平成23年)8月9日 - 一部改良。オプションだった追突警報装置「トラフィックアイ」を一部を除き標準装備化。 なおこれと連動する衝突被害軽減ブレーキ「トラフィックアイブレーキ」については引き続きオプション扱い。
  • 2012年(平成24年)3月12日 - 一部改良。上記「トラフィックアイブレーキ」をカーゴ系に一部を除き標準装備化。
  • 2014年(平成26年)5月8日 - 一部改良。エンジンの改良、ESCOT-Vの制御改良などによる燃費向上や軽量化による積載量の増加が試みられた。また改良型の衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)を標準装備。車線逸脱警報(LDWS)をオプション設定。ミリ波レーダー取付位置がナンバープレート上部に変更された事に伴い、バンパー形状も一部変更(ダンプ仕様はナンバープレート取付位置がレーダー右側に寄せられた)されている。また助手席側ウィンドウ下部に「Quon」の車種エンブレムが装着される。

エンジン[編集]

現在[編集]

過去[編集]

ミッション[編集]

  • ESCOT-V(マイナーチェンジ後)
  • ESCOT -AT IV
  • ESCOT-III
  • ESCOT-Plus1
  • ESCOT-II(フルトレーラのみ設定)
  • 12段トランスミッション
  • 7速マニュアル

グレード[編集]

  • エルディカルゴ タイプX
  • エルディカルゴ タイプG
  • CUSTOM

ラインナップ[編集]

単車系
  • CK 4×2 (駆動:2-4D)
  • CD 6×2R (駆動:2-4D・4)
  • CV 6×2F (駆動:2・2-4D) ※フロントステップは左右非対称で、運転席側のみステップが拡大されている。
  • CW 6×4 (駆動:2-4D・4D)
  • CX 6×4低床 (駆動:2-4D・4D)
  • CG 8×4低床 (駆動:2・2-4D・4D)
  • CF 4×4除雪車 (駆動:2D(S)-4D)
  • CZ 6×6除雪車 (駆動:2D(S)-4D・4D)
  • CB 8×8除雪車 (駆動:2D(S)・2D(S)-4D・4D)
  • WD 6×4構内専用車 (駆動:2-4D・4D)
トラクタ系
  • GK 4x2 (駆動:2-4D)
  • GW 6x4 (駆動:2-4D・4D)
  • CK-P 6x2 セミ (駆動:2・2-4D)
  • CW-P 6x4 ポール (駆動:2-4D・4D)

車名の由来[編集]

由来となった「久遠」とは「永久」の同意語で、限りなく続く時の流れを意味する。

その他[編集]

2008年までは日産ディーゼルの企業CMが放映されていて、このCMにクオンが登場する(これ以前はクオンとしてのCMが流れていた)。CMはテレビではTVSライオンズアワーテレ玉 水曜日のみ)で、ラジオでは文化放送ライオンズナイターNACK5 SUNDAY LIONSNACK5)でそれぞれ流された。また、日産・デュアリスのCMの最後にゼロキャリアカーとして登場していた。

2014年にはタカラトミーの玩具シリーズ「トランスフォーマー」30周年を記念したオフィシャルカー「コンボイトレーラー」としてキャンペーン走行を行っている。名称はトレーラーだが、実際に使われているのは低床4軸のカーゴである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[ヘルプ]