日本販売農業協同団体連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般社団法人日本販売農業協同団体連合会
新宿農協会館
新宿農協会館
団体種類 一般社団法人
設立 1949年
所在地 東京都渋谷区代々木二丁目5番5号
新宿農協会館
法人番号 1011005000842 ウィキデータを編集
主要人物 会長 矢崎和廣(下郷農業協同組合代表理事組合長)
活動地域 日本の旗 日本
会員数 23団体
標語 生産者より直接消費者へ
農民運動全国連合会に加盟(2006年)
テンプレートを表示

一般社団法人日本販売農業協同団体連合会(にっぽんはんばいのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい、略称日販連)は、販売事業を行う専門農業協同組合(専門農協)を会員とする日本一般社団法人である。以前は農林水産省所管の農業協同組合連合会(農協連合会)である日本販売農業協同組合連合会であった。農民運動全国連合会(農民連)に加盟。

概要[編集]

会員は23団体、全体の構成員は約12万人である[1]。販売専門農協の全国組織ではあるが、会員農協には販売事業のみならず金融(JAバンク)・共済(JA共済)・購買(JA全農)・旅行代理業(農協観光代理店)など他の事業を行っている農協も存在する。

「消費者組織との相互援助の関係を確立し、『生産者より直接消費者へ』というスローガンを合理的かつ組織的に実現していきたい」と設立趣意書に謳っている他、「低農薬、有害な添加物を含まない、安全な農畜産物に関して」事業を行うと定款に明記している。

日本の40の生活協同組合(生協)と取引関係にあるとしている。「農協解体」論に抵抗し、単に会員農協を救済するのみならず運動として取り組むため運動体である農民連に加入を決めたという。会員には小規模農協が多く、農協の広域化に反対している[1]。一方、会員のJAひたち野は2013年、近隣農協と合併推進協議会を結成し[2]、2015年に新農協「JA新ひたち野」に合流した。

主な会員[編集]

元会員[編集]

  • 旧・ひたち野農協(JAひたち野、茨城県石岡市)[7]

略史[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 農民連に団体加盟した日販連(新聞「農民」2006年2月6日)
  2. ^ JAの広域合併加速 石岡地域、15年2月にも
  3. ^ a b c d 新聞「農民」2011年8月1日
  4. ^ 高原野菜を香港へ
  5. ^ ふるさと産直みほん市2011(箱の中の農産物)
  6. ^ 福島市の「産直カフェ」応援(新聞「農民」2011年11月7日)
  7. ^ a b 新聞「農民」2010年11月22日
  8. ^ 政府統計「2県以上全国区域未満及び全国区域の単位農協、農業協同組合連合会、農事組合法人の数、名称、所在地等」
  9. ^ 会場案内
  10. ^ 震災復興支援へ「産直みほん市」しんぶん赤旗2011年11月23日)
  11. ^ 組織変更のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]