全国農業協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JA全農から転送)
移動先: 案内検索
全国農業協同組合連合会
National Federation of Agricultural Co-operative Associations logo.svg
本部(JAビル)
本部(JAビル)
団体種類 農業協同組合連合会
設立 1972年
所在地 東京都千代田区大手町一丁目3番1号 JAビル
法人番号 8010005002090
起源 全国米穀販売購買組合連合会
全国購買農業協同組合連合会
主要人物 代表理事理事長 成清一臣
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 農作物の安定供給と農業者の支援
収入 6兆4,364億円(連結・2013年度)
従業員数 8,221人
会員数 1,032団体
子団体 124社
ウェブサイト JA全農(全国農業協同組合連合会)
テンプレートを表示
全国農業協同組合連合会
National Federation of Agricultural Cooperative Associations
法人番号 8010005002090
資本金 1,153億円(出資金)
売上高 6兆4,364億円(取扱高)
営業利益 177億円(事業利益)
経常利益 287億円
純利益 125億円(当期剰余金)
純資産 5,275億円
総資産 1兆9,432億円
主要子会社 全農物流全農エネルギー
特記事項:財務数値は2014年3月期連結決算に基づくもの
テンプレートを表示
旧JAビル(現存せず)

全国農業協同組合連合会(ぜんこくのうぎょうきょうどうくみあい)は、北海道を除く日本全国の農業協同組合経済農業協同組合連合会(経済連)・専門農協の連合会(専門連)などの連合組織。通称は「全農」「JA全農」、英語での正式表記はNational Federation of Agricultural Cooperative Associations、略称はZEN-NOH。根拠法は農業協同組合法であり、生産資材や生活用品の共同購入・農畜産物の流通・加工・販売、農業に関する技術・経営に関する指導助言などを行っている。

組織改革[編集]

2016年9月に第3次安倍第2次改造内閣下で設立された内閣府規制改革推進会議(議長:大田弘子政策研究大学院大学教授・みずほフィナンシャルグループ議長)から、11月に「農薬などの資材を農家に売る事業からの撤退」や「農産品の委託販売の廃止」などの組織改革を早期に行うよう迫る提言があり、結局、全農による自主的な組織刷新を行うという政府・自民党の農業改革案が了承されている[1]

自由民主党政務調査会農林部会長の小泉進次郎は「全農の体制こそ農家の経営の自由を奪う存在だ」という見解を表明し、首相の安倍晋三も「全農改革は農業の構造改革の試金石だ」と発言している[2][3]

2017年3月には、直接販売輸出量を増やす改革の第一弾として、韓国等でも事業展開する株式会社あきんどスシロー持株会社である株式会社スシローグローバルホールディングス再上場するのに合わせ、最大40億円の出資を行うことを決定[4][5]するとともに、2024年までにの直接販売割合を現在の4割から9割に高める等、卸売業者卸売市場を中抜きし、コスト削減を図っていく方針を明らかにした[6]

沿革[編集]

  • 1900年明治33年) - 産業組合法公布。
  • 1948年昭和23年) - 全国農業会を解散・全販連(全国販売農業協同組合連合会)・全購連(全国購買農業協同組合連合会)を設立。
  • 1972年(昭和47年) - 全販連と全購連が合併し・全国農業協同組合連合会が設立。
  • 1977年(昭和52年) - 全国4,329農協が・全農への直接加入を実現。
  • 1992年平成4年) - 農協CIによる愛称「JA」および新農協マーク(JAマーク)の使用開始。
  • 1998年(平成10年) - 宮城・鳥取・島根の3経済連と合併。
  • 2000年(平成12年) - 東京・山口・徳島の3経済連および全養連(全国養蚕農業協同組合連合会)と合併。
  • 2001年(平成13年) - 青森・山形・庄内・栃木・千葉・山梨・長野・新潟・富山・石川・岐阜・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・高知・福岡・長崎の21経済連と合併。
  • 2002年(平成14年) - 全農創立30周年。岩手・秋田・茨城・群馬・埼玉・大分の6経済連と合併。経営管理委員会制度を導入。
  • 2003年(平成15年) - 福島・神奈川の2経済連と合併。
  • 2004年(平成16年) - 県農えひめと合併。
  • 2008年(平成20年) - 山形県本部と庄内本部が統合。
  • 2015年(平成27年)4月 - JAしまねが3月に発足したことに伴ってJA全農島根県本部がJAしまねに対して一部事業譲渡(包括承継はまだ)。代替措置として、JAしまね・斐川地区本部内に、JA全農本体の島根事務所を新規設置。
  • 2016年(平成28年)11月 - 内閣府規制改革推進会議から組織改革の提言を受け、政府改革案が了承となる。

組織[編集]

経営理念[編集]

  • 営農と生活を支援し、元気な産地づくりに取り組みます。
  • 安全で新鮮な国産農畜産物を消費者にお届けします。
  • 地球の環境保全に積極的に取り組みます。

事業所[編集]

事業所は国内全域(うち都府県域本部を置くのは35都府県)及び海外3カ国に拠点を持つ。

  • 本所(東京都千代田区)
  • 青森県本部
  • 岩手県本部
  • 宮城県本部
  • 秋田県本部
  • 山形県本部
  • 福島県本部
  • 茨城県本部(東茨城郡茨城町
  • 栃木県本部
  • 群馬県本部
  • 埼玉県本部
  • 千葉県本部
  • 東京都本部(立川市
  • 神奈川県本部(平塚市
  • 山梨県本部
  • 長野県本部
  • 新潟県本部
  • 富山県本部
  • 石川県本部
  • 岐阜県本部
  • 三重県本部
  • 滋賀県本部
  • 京都府本部
  • 大阪府本部
  • 兵庫県本部
  • 鳥取県本部
  • 島根事務所(出雲市) - 統合については上述の沿革および経済農業協同組合連合会を参照
  • 岡山県本部
  • 広島県本部
  • 山口県本部
  • 徳島県本部
  • 愛媛県本部
  • 高知県本部
  • 福岡県本部
  • 長崎県本部
  • 大分県本部 - 大分県農業協同組合との統合をしていないためJA全農の大分県本部がある(佐賀県は佐賀県農業協同組合と統合しているためJA全農の佐賀県本部は無い、経済農業協同組合連合会を参照)
  • オーストラリア事務所
  • デュッセルドルフ事務所(ドイツ)
  • 北京事務所
  • シンガポール事務所

おにくだいすき! ゼウシくん[編集]

全農が国産肉PRのために製作したTVCMアニメ。

第1シリーズは2014年1月より3月までの全12話。第2シリーズはweb限定となり、同年11月(「肉の日」の毎月29日前後)よりYouTubeにて配信。当初は全4話予定だったが、2話追加され全6話となった。2016年2月には1話限りの新作が、第3シリーズとして配信された。

登場人物[編集]

ゼウシくん
- 花澤香菜
農畜産物を応援するJA全農の公式キャラクター。三伊戸家に居候のにくにくランドの王子。日本のお肉が大好き。
みの太
声 - 大山のぶ代
ゼウシのお供の牛のぬいぐるみ。
三伊戸ミカ
声 - 内田真礼
三伊戸家の長女。
お父さんとお母さん
三伊戸家の両親。中流家庭。
ぽせいとん / とりとん / ぷらとん
にくにくランド防衛大臣。
ゼウシくんパパ
にくにくランドの王さま。
なま太&ゆで太
たまごの先輩後輩。
ぽしぶる先生
一見暑苦しい熱血教師っぽいが、ただの牛乳配達のおじさん。
チナミ & エリ
ミカちゃんのクラスメイト。
しょうが太郎
国産野菜。

第2期より登場[編集]

とりに先生
ミカの学校の先生。
国産戦士レッドバール
国産農畜産物を守るため戦うヒーロー。
ニック・ジャガー
声 - 鳥海浩輔
肉食系アイドルユニット「肉Shock☆Breakers」のリーダー。
ゼウシくんのママ
声 - 雨宮天
にくにくランドのお妃さま。

スタッフ[編集]

  • 監督・キャラクターデザイン - 大宮一仁
  • 映像製作 - DLE

主題歌[編集]

オープニングテーマ
おにくじゃぽねすく!(第1・2期)
作詞 - 桑原永江 / 作曲・編曲 - 渡部チェル / 歌 - ゼウシくん(CV.花澤香菜)
おにくじゃぽねすく feat.国産お肉のハンバーグ(第3期)
作詞 - 大宮一仁 / 作曲 - 渡部チェル / 歌 - ゼウシくん(CV.花澤香菜)
イメージソング
にっくにくの にっこにこ!
作詞 - 桑原永江 / 作曲 - 渡部チェル / 歌 - ゼウシくん(CV.花澤香菜)、ミカちゃん(CV.内田真礼)
挿入歌
Heat Meat Up 〜国産宣言〜(第2期4話)
作詞 - 大宮一仁 / 作曲 - 渡部チェル / 歌 - 肉Shock☆Breakers(CV.鳥海浩輔)

各話リスト[編集]

第1期
  • 第0話 ゼウシくんがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!(公式サイト公開のプロローグ)
  • 第1話 ゼウシくんとみの太 2014年1月6日『ジェネレーション天国』内放送
  • 第2話 焼肉大合戦 2014年1月13日『ジェネレーション天国』放送
  • 第3話 おにくしりとり 2014年1月20日『ジェネレーション天国』放送
  • 第4話 しょうがのそこぢから 2014年1月27日『ネプリーグ2HSP』内放送
  • 第5話 おつかいってむずかしい 2014年2月3日『ジェネレーション天国2時間スペシャル』内放送
  • 第6話 ぽせいとん三兄弟 2014年2月10日『ネプリーグSP』内放送
  • 第7話 牛乳たいそう 2014年2月17日『ジェネレーション天国2時間SP』内放送
  • 第8話 ゆでたまごの見分け方 2014年2月24日『ネプリーグSP』内放送
  • 第9話 うれしいお弁当 2014年3月3日『ジェネレーション天国』内放送
  • 第10話 みんなでピクニック 2014年3月10日『ジェネレーション天国』内放送
  • 第11話 さようならゼウシくん!? 2014年3月17日『ネプリーグSP』内放送
  • 最終話 やっぱりお肉がすき 2014年3月24日『第21回草彅剛のがんばった大賞ドラマNG大放出スペシャル』放送
第2期
  • 第1話 無限の彼方へ 2014年11月29日配信
  • 第2話 国をささえる肉 2014年12月26日配信
  • 第3話 国産のミラクル 2015年1月29日配信
  • 第4話 お気に入りのアイドル 2015年2月28日配信
  • 第5話 ぴゅあな恋心 2015年3月10日配信
  • 第6話 みんなお肉が大好き 2015年3月29日配信
第3期
  • 第1話 すてきなハンバーグ 2016年2月10日配信

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “全農改革案を了承 規制改革推進会議で政府”. 日本経済新聞. (2016年11月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H3N_S6A900C1PP8000/ 2017年2月12日閲覧。 
  2. ^ “小泉進次郎・自民農林部会長「人寄せパンダ」を卒業?農業改革で手腕アピール 周囲から「出来レース」の陰口も…”. 産経新聞. (2016年12月2日). http://www.sankei.com/politics/news/161202/plt1612020003-n3.html 2017年2月12日閲覧。 
  3. ^ “全農「ファミリー」にメス 2016けいざいあの時(3)”. 日本経済新聞朝刊. (2016年12月29日) 
  4. ^ 「全農、スシローに出資 コメの直接販売拡大 」2017/3/1付日本経済新聞朝刊
  5. ^ 「回転ずし「スシロー」にJA全農が出資へ コメ直販拡大40億円」産経ニュース2017.3.1
  6. ^ 「コメ直接販売、9割に拡大 JA全農の改革原案判明」中日新聞2017年2月25日 02時00分

外部リンク[編集]

おにくだいすき!ゼウシくん関連