日本製紙クレシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本製紙クレシア株式会社
NIPPON PAPER CRECIA Co., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 クレシア
本社所在地 101-0062
東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
設立 1963年(昭和38年)4月2日
業種 パルプ・紙
法人番号 5010001124973
事業内容 家庭紙の製造・販売
代表者 代表取締役社長 酒井一裕
資本金 30億6700万円
売上高 587億円(2012年3月期)
従業員数 619人(2012年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本製紙 100%
外部リンク www.crecia.co.jp
テンプレートを表示

日本製紙クレシア株式会社(にっぽんせいしクレシア、英文社名 NIPPON PAPER CRECIA Co., LTD.)は、トイレットペーパーティッシュペーパーなどの製造販売を行う日本製紙グループの企業

アメリカ合衆国キンバリー・クラークが有するブランドクリネックス」と「スコッティ」を提供している。

事業所[編集]

沿革[編集]

1993年の親会社の合併を契機に1996年に発足。ただし商品ブランド名は統合せず、現在も「クリネックス」(旧十條キンバリー)と「スコッティ」(旧山陽スコット)の二本立てで展開している。

十條キンバリー[編集]

  • 1963年昭和38年)4月2日 - 十條製紙とキンバリー・クラーク社の合弁により十條キンバリー株式会社設立。
  • 1964年(昭和39年)8月 - 東京工場操業開始。
  • 1979年(昭和54年)10月 - 京都工場操業開始。

山陽スコット[編集]

  • 1961年(昭和36年)10月1日 - 山陽パルプとスコットペーパー社の合弁により山陽スコット株式会社設立。
  • 1963年(昭和38年)7月 - 開成工場操業開始。
  • 1993年(平成5年)4月 - 株式会社クレシアに社名変更。
  • 1996年(平成8年)8月 - 岩国工場操業開始。

両社合併後[編集]

  • 1996年(平成8年)10月1日 - 十條キンバリーとクレシアの合併により、株式会社クレシアに社名変更。
  • 2006年(平成18年)8月1日 - 日本製紙クレシア株式会社に社名変更。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 日本製紙から日本製紙グループ本社へ親会社を変更。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 興陽製紙を吸収合併。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 日本製紙グループ本社から日本製紙へ親会社を変更。

グループ企業[編集]

  • クレシア紙工東日本 - 東京・開成工場の加工部門、メンテナンスなどを担当
  • クレシア紙工西日本 - 京都工場の加工部門、メンテナンスなどを担当
  • クレシア物流 - 製品の物流を担当
  • 福田製紙 - 紙・パルプを製造

商品[編集]

関連項目[編集]

  • 宮城球場(クリネックススタジアム宮城)
  • 松居一代 - CMキャラクター。「マツイ棒」の開発・商品化に関わった。

外部リンク[編集]