スコッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スコッティ (scottie) は、日本製紙グループ日本製紙クレシアが発売しているティッシュペーパートイレットペーパーなどの商品名。クリネックスとともに日本製紙を代表するブランドである。

概要[編集]

ティッシュペーパー、トイレットペーパーのほか、ラップキッチンペーパーなどのキッチン用品(「スコッティ ファイン」ブランド)、ウェットタオル、アルコールタオル、液晶テレビやトイレのお掃除シートなどもクリネックスブランドと並行して展開されている。

なお、トイレットペーパーでは姉妹品として「システィ」(sistie)、「ソフティ」(softie) が発売されており、ロゴの書体もスコッティのものと類似しているが、商品にはクリネックスのロゴが付けられており、クリネックスシリーズの一部として展開されている。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年) - 当時の山陽パルプと米国スコットペーパー社が各50%出資で合弁会社「山陽スコット株式会社」を設立。
  • 1963年(昭和38年) - 山陽スコットから「スコット・トイレットティシュー」(トイレットペーパー)が発売。
  • 1964年(昭和39年) - 「スコッティ・ティシュー」(ティッシュペーパー)が発売。
  • 1972年(昭和47年) - 親会社の山陽パルプが国策パルプ工業と合併し、山陽国策パルプ株式会社になる。
  • 1986年(昭和61年) - メインブランドが「スコッティ」に統一され、パッケージが改められる。
  • 1991年平成3年) - 山陽スコットが山陽国策パルプの100%出資会社となる。
  • 1993年(平成5年) - 親会社の山陽国策パルプが十條製紙と合併し、日本製紙となる。これに伴い山陽スコットが株式会社クレシアに社名を変更する。
  • 1996年(平成8年) - クリネックスブランドを展開していた旧十條製紙系の十條キンバリーがクレシアと合併し、新たに株式会社クレシアが発足する。合併前の2社が展開していたブランドはそのまま引き継がれる。
  • 2006年(平成18年) - クレシアが日本製紙クレシア株式会社に社名変更。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]