日本体育大学女子短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本体育大学女子短期大学部
世田谷キャンパスの校舎。女子短期大学部は大学と同じキャンパス内にある
世田谷キャンパスの校舎。女子短期大学部は大学と同じキャンパス内にある
大学設置/創立 1953年
廃止 2015年
学校種別 私立
設置者 学校法人日本体育大学
本部所在地 東京都世田谷区深沢7-1-1
キャンパス 世田谷キャンパス
学部 体育科
幼児教育保育科
研究科 保育専攻
テンプレートを表示

日本体育大学女子短期大学部(にほんたいいくだいがくじょしたんきだいがくぶ、英語: Women’s Junior College of Nippon Sport Science University)は、東京都世田谷区深沢7-1-1に本部を置いていた日本私立大学である。1953年に設置され、2015年に廃止。大学の略称は日体短大部(にったいたんだいぶ)または日体大短大部(にったいだいたんだいぶ)。


概観[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 日本体育大学女子短期大学部における教育
  • 体育科:全国でも少数の学科で、「陸上競技」や「ダンス」・「柔道」・「剣道」・「バスケットボール」などの実技科目のほか「学校保健」や「スポーツ医学」などの理論・実習も学ぶ。
  • 幼児教育保育科:保育のエキスパートとして必要な科目のほかに「体操競技」・「バレーボール」・「サッカー」・「ダンス」などの実技科目や「キャンプ実習」・「スキー実習」など体育(野外教育)・スポーツ科学系(研究並びに実習)の科目にも力を入れ、スポーツ実技ができる、スポーツ実技が教えられる指導者を育てている。

学風および特色[編集]

  • 日本体育大学女子短期大学部は教養豊かな女子体操指導者を養成することをねらいに設立された。開学当初より、日本体育大学に併設されており、50 年以上の歴史がある。
  • 新入生導入教育プログラムが実施されている。男子エッサッサ同様、女子は荏原体育(集団演技)が必修。
  • 富士登山実習 短大部全学生履修。

沿革[編集]

  • 1953年 日本体育大学女子短期大学(にほんたいいくだいがくじょしたんきだいがく)として開学。体育科を置く。
  • 1963年 保育科を増設
  • 2005年 日本体育大学女子短期大学部と改称。
  • 2006年 保育科を幼児教育保育科と改称
  • 2008年 保育専攻科(一年コース)を設置(保育士資格取得)
  • 2012年 最後の学生募集となる。
  • 2015年 廃止認可。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都世田谷区深沢7-1-1

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 日本体育大学女子短期大学部のカレッジマークは日体大とおなじものとなっている。
  • 6つの花弁を持った花桜である。
  • 體大の立字が校章である。
  • ユニホームには略称のNITTAI又はNITTAIDAI・英略称NSSUを使用している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 体育科
  • 幼児教育保育科

専攻科[編集]

  • 保育専攻

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
教職課程
資格
  • 保育士:幼児教育保育科を卒業後に専攻科に進学して必要な単位(1年間)を修得する必要がある。尚、専攻科の学生募集は2008年度から開始された。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 日本体育大学女子短期大学部の学園祭は日体大と同様に、「日体フェスティバル」と呼ばれ毎年、概ね11月に実施されている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 栗本義彦:初代学長
  • 塔尾武夫:現学長

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 両学科含めて日本体育大学への編入学(専攻科進学も含む)が多いものとなっている。少数ではあるが、筑波大学・東京学芸大・順天堂大学等のスポーツ科学・健康系の大学に編入する学生もいる。2006年度においては68%進学(日体大等含む)・教員18%・企業14%。

脚註[編集]

  1. ^ 平成27年度廃止大学等一覧文部科学省 2016年1月8日

公式サイト[編集]

参考文献[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。