戦争と平和 (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戦争と平和
War and Peace
Guerra e pace
War and peace13.jpg
監督 キング・ヴィダー
脚本 ブリジェット・ボーランド英語版
ロバート・ウェスタビー英語版
キング・ヴィダー
マリオ・カメリーニ英語版
エンニオ・デ・コンチーニ
イーヴォ・ペリッリ英語版
ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ
マリオ・ソルダーティ
原作 レフ・トルストイ
戦争と平和
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 カルロ・ポンティ
出演者 オードリー・ヘプバーン
ヘンリー・フォンダ
メル・ファーラー
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 ジャック・カーディフ
編集 レオ・カットッツォ英語版
製作会社 パラマウント映画
ポンティデ・ラウレンティス・シネマトグラフィカ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 パラマウント映画
イタリアの旗 ディノ・デ・ラウレンティス・シネマトグラフィカ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年8月21日
日本の旗 1956年12月22日
イタリアの旗 1956年12月29日
上映時間 208分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
ロシア語
製作費 $6,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $12,500,000[1]
配給収入 日本の旗 2億942万円[2]
テンプレートを表示

戦争と平和』(せんそうとへいわ、War and Peace)は、1956年イタリアアメリカ合衆国戦争映画。監督はキング・ヴィダー、出演はオードリー・ヘプバーンヘンリー・フォンダメル・ファーラーなど。原作はレフ・トルストイの小説『戦争と平和』。

製作は当時イタリアの二大プロデューサーと言われたカルロ・ポンティディノ・デ・ラウレンティスパラマウントが配給。音楽はイタリアのニーノ・ロータが担当した。 撮影はテクニカラービスタビジョンで撮影され、オードリー・ヘプバーンにとっては初のカラー映画、ワイドスクリーン作品への出演になった。

日本での劇場初公開は1956年12月22日[3][4]で、その後1964年、1973年、1987年、1989年にも大々的にリバイバルされている。また、1970年1月3・4日にNHKが前後編に分けてテレビ初放映し、その後もフジテレビなどで何度か放送されている。

ストーリー[編集]

ナターシャとピエールとアンドレイの3人の物語として原作を大幅にダイジェストにして脚本化されており、ナポレオンが退却した後に荒廃したロストフ邸でナターシャとピエールが再会するところがラストシーン[注 1]で、最後はトルストイの言葉「人生を愛すことは神を愛すことである」で終わっている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
NHK フジテレビ テレビ朝日 ソフト版
ナターシャ・ロストフ英語版 オードリー・ヘプバーン 二階堂有希子 池田昌子
ピエール・ベズーホフ英語版伯爵 ヘンリー・フォンダ 中田浩二 小山田宗徳[注 2] 中田浩二 小山力也
アンドレイ・ボルコンスキー英語版 メル・ファーラー 広川太一郎 井上倫宏
アナトール・クラーギン英語版 [注 3] ヴィットリオ・ガスマン 服部哲治 宮田光 堀勝之祐 青羽剛
ナポレオン・ボナパルト ハーバート・ロム 大塚周夫 家弓家正 内海賢二 金尾哲夫
クトゥーゾフ司令官 オスカー・ホモルカ 池田忠夫 雨森雅司 松井範雄
エレン・クラーギン英語版 アニタ・エクバーグ 幸田弘子 中島葵 塩田朋子
ドーロホフ ヘルムート・ダンティーン英語版 玄田哲章 清水明彦
ワシーリィ・クラーギン公爵 トゥリオ・カルミナティ 上田敏也 世古陽丸
イリヤ・ロストフ伯爵 バリー・ジョーンズ英語版 寄山弘 塾一久
ロストフ伯爵夫人 リア・シードルドイツ語版 沼波輝枝 久保田民絵
ニコラス・ロストフ英語版 ジェレミー・ブレット 沢井正延 大滝寛
ペーチャ・ロストフ英語版 ショーン・バレット英語版 大見川高行 鶴博幸
ソーニャ・ロストフ メイ・ブリット英語版 武藤礼子 麻生侑里
リーゼ・ボルコンスカヤ ミリー・ヴィターレ英語版 岡本茉利 安藤麻吹
マリア・ボルコンスカヤ英語版 アンナ・マリア・フェレロ英語版 信沢三恵子 石塚理恵
ボルコンスキー公爵 ウィルフリード・ローソン英語版 寺島幹夫 小島敏彦
デニーソフ パトリック・クリーン英語版 入江崇史
プラトン・カラターエフ ジョン・ミルズ 宮内幸平 大滝寛
ナレーター N/A 伊藤惣一 大木民夫
不明
その他
平林尚三
清川元夢
千田光男
幹本雄之
花形恵子
藤本譲
安田隆
小関一
加藤正之
大矢兼臣
山本敏之
笹岡繁蔵
井口成人
鈴木れい子
山崎勢津子
小比類巻孝一
鈴木博
演出 小林守夫/中野寛次 佐藤敏夫
翻訳 木原たけし 木原たけし
芝谷真由美[5]
効果 重秀彦
調整 前田仁信
制作 東北新社 スタジオ・エコー
解説 前田武彦 淀川長治
初回放送 1970年1月3日4日[6][7]
劇映画
1972年5月19日26日
ゴールデン洋画劇場
1980年12月14日21日
日曜洋画劇場
2003年12月17日
販売のDVD収録

スタッフ[編集]

|}

受賞・ノミネート[編集]

エピソード[編集]

  • 屋内場面はポンティ=ロレンティス撮影所の4つのステージ、チネチッタ撮影所で3つのステージ、セントロ・スペリメンターレ撮影所に3つのステージを使って撮影された[8][9][注 4]。1812年のモスクワの市街地は、テヴェレ川の岸沿いに組まれ本物かと見紛うほどであった[10][11][12]。この市街地はナポレオンのモスクワ入城の際に焼き払われた[8][9]
  • 製作のディノ・デ・ラウレンティスは、合戦シーンに1万8000人のイタリア軍の兵士を使い、忠実に再現したナポレオン時代のロシア兵やフランス兵の軍服を着せた。この軍服のボタンに10万個以上を使い、約7000着の衣装、約4500丁の銃、200門の大砲が作られた[8][9][注 5]。雪あらしのシーンではコーンフレークの人工雪を大量に使った[10][11]
  • キング・ヴィダー監督は、1972年に著した『映画製作について』という本でオードリー・ヘプバーンに関し、「あの映画を作って以来---それに先立つ数年間も含め---あんなに見事にあの役に適応できる女性はいまだに考えられない。彼女はその仕草とテンポについて監督を喜ばす直観的な頭の良さを持って動いていた。」と述べている[12][13]。そしてヘプバーンについて「今まで監督をしてきた女優の中で、誰が一番好きですか?』−と訊かれるとき、いつもすぐに一人、心に浮かぶ」と述べている[12][14]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ モスクワ攻防戦が終わった後に、ピエールがモスクワに戻ってナターシャと再会するところがラストであることは、10年後のソ連製作のセルゲイ・ポンダルチェク監督作品でも同じである。原作はその後の二人も描いている。
  2. ^ ソ連版でも同役を演じている。
  3. ^ 1956年日本初公開時、1964年リバイバル時、1973年リバイバル時、1987年リバイバル時、1989年リバイバル時の公式プレスシートおよびパンフレットではアナトール表記、現在の公式DVD及びブルーレイの字幕と吹替版ではアナトーリ表記
  4. ^ 後年のバリー・パリスの伝記p248ではチネチッタ撮影所の9つのステージ全てを必要とした、と書かれている。
  5. ^ 後年に書かれた海外のオードリーの伝記(チャールズ・ハイアムp126、バリー・パリスp247)では1万5千人となっているが、ここでは製作当時のパラマウントの発表を採用。

出典[編集]

  1. ^ War and Peace” (英語). The Numbers. 2022年2月20日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社、2012年、129頁。 
  3. ^ 『シネアルバム5「オードリー・ヘプバーン きらめく真珠のように 夢みる白鳥のように」』芳賀書店、1971年12月20日初版発行、109頁。 
  4. ^ 『「戦争と平和」松竹セントラル劇場初版冊子型チラシ』松竹、1956年。 
  5. ^ 戦争と平和”. パラマウント・ピクチャーズ. 2020年7月19日閲覧。
  6. ^ 劇映画「戦争と平和」(前編)”. NHKクロニクル. 2022年2月5日閲覧。
  7. ^ 劇映画「戦争と平和」(後編)”. NHKクロニクル. 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ a b c 『松竹セントラル劇場映画パンフレット』松竹、1956年12月。 
  9. ^ a b c 『「戦争と平和」プレスシート』パラマウント日本支社、1956年。 
  10. ^ a b チャールズ・ハイアム 『オードリー・ヘプバーン 映画に燃えた華麗な人生』近代映画社、1986年3月15日、126頁。 
  11. ^ a b バリー・パリス 『オードリー・ヘプバーン 上巻』集英社、1998年5月4日、247頁。 
  12. ^ a b c ロビン・カーニー 『ライフ・オブ・オードリー・ヘップバーン』キネマ旬報社、1994年1月20日、69-73頁。 
  13. ^ イアン・ウッドワード 『オードリーの愛と真実』日本文芸社、1993年12月25日、193-194頁。 
  14. ^ アレグザンダー・ウォーカー 『オードリー リアル・ストーリー』アルファベータ、2003年1月20日、174-175頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]