ジェレミー・ブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェレミー・ブレット
Jeremy Brett
Jeremy Brett
本名 Peter Jeremy William Huggins
生年月日 (1933-11-03) 1933年11月3日
没年月日 (1995-09-12) 1995年9月12日(61歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドウォリックシャー州
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1954年 - 1995年
配偶者 アンナ・マッセイ1958年 - 1962年
ジョアン・ウィルソン(1976年 - 1985年
主な作品
映画
戦争と平和
マイ・フェア・レディ
テレビドラマ
シャーロック・ホームズの冒険
テンプレートを表示

ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett, 本名:Peter Jeremy William Huggins, 1933年11月3日 - 1995年9月12日) は、イギリス俳優

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

イングランドウォリックシャー州(現在はウェスト・ミッドランズ)バークスウェルに、州地方長官の息子として生まれる。出生年月は諸説あり、1933年11月3日または12月3日に生まれたとされる。1935年に生まれたとの出典も存在する。

四人兄弟の末っ子であり、ブレットは幼少期から歌を歌ったり演劇を観るのが好きで、8歳の頃から俳優になりたかったと話している[1]。左利きである。

一族は食品会社キャドバリー社の経営者一族であったため、ブレットは恵まれた環境で育った。パブリック・スクールの名門イートン校に進むが、在学中はディスレクシアのために苦労したという。

親戚に、英国の国民的人気ドラマ『ドクター・マーチン英語版』の主役として有名なマーティン・クルーンズ英語版がいる。

舞台・映画での活動[編集]

セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで演技を学び、1954年マンチェスターで初舞台を踏む。俳優となったことでの家名の不名誉を避けるべしとの父の要求により、初めて着たスーツのラベルに書かれていた「Brett & Co.」という店名に因み「ジェレミー・ブレット」という芸名を名乗る。

1967年から1971年にかけて、当時ローレンス・オリヴィエが率いていたナショナル・シアター・カンパニーに参加していたこともあり、舞台出演が多い。1980年にはロサンジェルスでの舞台『シャーロック・ホームズ 探偵物語 血の十字架 The Crucifer of Blood』でジョン・H・ワトスンを演じたこともある(シャーロック・ホームズ役はチャールトン・ヘストン)。

1958年に女優のアンナ・マッセイ(俳優レイモンド・マッセイの娘)と結婚したが、1962年に離婚。マッセイとの間に生まれた息子のデイヴィッド・ハギンズはイラストレーター小説家となった。

ブレットは1960年代から多くのテレビドラマにも出演した。初期に主演したものでは、Armchair TheatreITV)シリーズの『ドリアン・グレイの肖像 The Picture of Dorian Gray』(1961年)は特に評価が高く[2]、その後のブレットの華々しいキャリアを指し示すものとなった。さらに、1966年BBC版ドラマ『三銃士 The Three Musketeers』(ブレットはダルタニャン役)や、ローレンス・オリヴィエがシャイロックを演じた1973年ATV版『ヴェニスの商人 The Merchant of Venice』(ブレットはバサーニオ役)などが有名である。

映画には、米伊合作でトルストイの原作を映画化した『戦争と平和』(1956年)に出演。ナターシャの兄役として、オードリー・ヘプバーンヘンリー・フォンダと共演している。

最も知名度の高い映画への出演としては、1964年の映画『マイ・フェア・レディ』がある。ブレットはオードリー・ヘプバーン演じる主人公に思いを寄せる若き貴族フレディを演じた。ちなみに、フレディがイライザの住む家を見上げるシーンで、有名なナンバー「君住む街角」(On the Street Where You Live)が歌われている。ただし、ブレット自身の歌声もかなりの美声ではあるが、ここでの歌はビル・シャーリー英語版による吹き替えである[注釈 1]

1969年の映画『女王陛下の007』ではジェームズ・ボンド役の候補に名前が挙がるが、結局ジョージ・レーゼンビーがボンド役を獲得した。また、『007 死ぬのは奴らだ』のオーディションも受けたが、結局ボンド役を得ることはなかった。

1971年には、英米合作映画の『ニコライとアレクサンドラ』に、クレジットはされていないもののロシア人の軍人役で出演している[注釈 2]

1976年にアメリカ人のプロデューサー、ジョアン・ウィルソンと再婚。

結婚後には米国に移住し、“The Love Boat(1977-86)” や “超人ハルク (1977-82)”、“Hart to Hart (1979-84)” や “宇宙空母ギャラクティカ(「Galactica 1980」)” などの人気ドラマシリーズにも出演した。米国での知名度と人気の上昇は、米国での放送も念頭に置かれて企画された、グラナダテレビ制作の『シャーロック・ホームズの冒険』主演への抜擢にも繋がっていくことになる。

10年間の結婚生活の後、1985年7月にウィルソンが癌で亡くなった後は再婚することはなかった。1988年12月のTVTimesのインタビューでブレットは「Joan was my confidence and without her there was no reason to go on.(彼女は私の自信だった。彼女なしでは人生の意味を持てなかった。)」とその深い悲しみを語っている[3]

1978年、米国での舞台『ドラキュラ Dracula』の主役に抜擢されて大きな成功を収めた。ブレットは血を求め女性を誘惑するドラキュラ役であり、役に完全になりきった風貌と演技で各地の女性たちを熱狂させた。ロサンジェルス、サンフランシスコ、シカゴでの巡業で絶賛され、それまでで最高の売上記録を更新した[2]

1979年には、BBCのドラマシリーズ『レベッカ Rebecca』で主演を務め好評を博した。ちなみにこの時のヒロイン役はジョアンナ・デヴィッドであり、グラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』の最終回となった「ボール箱」(1994年)に出演し、ブレットとの再共演を果たした。

シャーロック・ホームズ[編集]

舞台や映画などで幅広く活動を展開したブレットだが、1984年より放映されたグラナダテレビ版(日本ではNHKで放映)の『シャーロック・ホームズの冒険』(全41話)でのシャーロック・ホームズ役が特に有名である。

原作からイメージされるホームズの風貌や仕草、性格を完璧に体現し、これ以上のハマり役はいないと高く評価された。ブレットのホームズは史上最高であると高く評価されており、伝説のホームズ俳優であるウィリアム・ジレットや、英国のホームズファン協会の公認する唯一の俳優といわれたピーター・カッシング、数多くの映画でホームズを演じたベイジル・ラスボーンをも凌ぐとされる。アメリカ合衆国の著名な演劇評論家であるメル・ガッソウ英語版は「息を呑むほどの分析力、奇怪な変装術、落ち着いた雰囲気、複雑極まりない事件を解決するという熱意。ブレットこそは理想的なホームズである」とブレットのホームズ役を絶賛している。

また、視聴者や批評家たちを驚かせたものには、ブレットの類いまれな運動能力もあった。ブレットの演じるホームズは乗馬をこなす[注釈 3]だけでなく、ソファを飛び越えたり[注釈 4]壁をよじ登ったり[注釈 5]、あるいは高い橋の欄干をガードもなく歩いていたりする[注釈 6]。こういった魅力的なシーンは、『シャーロック・ホームズの冒険』が語られる際に常に言及されている。

1982年2月に、グラナダテレビのプロデューサー、マイケル・コックスからブレットに対して出演依頼があった時、すでに何度も演じられてきた古典的な役自体の重圧と、今回の企画にかけられている制作費用の莫大さにも躊躇し、ブレットはすぐに承諾の返答をすることはできなかった[4]。しかし、その後たまたま企画が延期され、別の仕事(カナダでの舞台「テンペスト」)をしながらアーサー・コナン・ドイルの原作をじっくり読む機会を得ると、ブレットは原作で描かれているホームズを演じる魅力に引き込まれるようになった[5]。数ヶ月後、再び出演の依頼が来た時には、ブレットはホームズを演じる決意をしていた。

ブレット自身は、1980年の「四人の署名」をベースにした舞台『The Crucifer of Blood(シャーロック・ホームズ 探偵物語 血の十字架)』でワトスン役を演じた時に自ら語っているように、人に対して温かく社交的で繊細な性格であり、むしろ素の自分はホームズよりもワトスンにより近いと感じていた[6]。しかし、その上でブレットがホームズに似ていたと言えるのは、ワトスン役のデビッド・バークや周囲の人間も認めていたようにその完璧主義の部分だった。そこで、シャーロキアンでもあるマイケル・コックスは完璧主義者のブレットが役作りにスムーズに入れるようにと、1200もの項目のある有名な「The Baker Street File: A Guide to the Appearance and Habits of Sherlock Holmes and Dr. Watson(ベーカー街ファイル:ホームズとワトソンの外観と習慣へのガイド)」を作り、ブレットを支えた。この「ベーカー街ファイル」は役者だけでなく制作スタッフ全員のバイブルとなり[7]、ドラマにおいて精密に1890年代の英国社会を再現することを可能にした。

コックスは今まで映像化されてきたものとは異なる、ストランド・マガジンにあったシドニー・パジェットの挿絵と同じイメージの「シャーロック・ホームズ」のドラマを作りたいと考えていた[8]。それはブレットの役作りの方向性と一致し、ブレットも常に現場にドイルの原作を持ち込んで撮影に臨んでいた[9]。原作のストーリーやイメージに忠実なドラマを作るために、スタッフと役者が一丸となって作品を作っていった。

今までとは違う原作に忠実で魅力的なホームズを演じるというブレットの目論見は、今までのワトスン像を覆したいという意欲を持っていた[10]ワトスン役のデビッド・バークの比類ない演技とも相まって、1984年4月の初回放送から成功した。『シャーロック・ホームズの冒険』は英国と米国だけでなく、世界77カ国で放送されるほどの絶大な人気シリーズとなった[11]

その一方、初期の作品の撮影スケジュールはあまりに過密であったため、ブレットは過酷な制作現場の状況を改善するよう、グラナダテレビの上層部に上申するといったことまでしている[12]

第3シリーズ(1986年)からは、小さな子供のいたバークが家族との時間を持ちたいという理由によって役を降り[13]エドワード・ハードウィックワトスン役に交代したが、ブレットはそういった変化も作品の質を維持するために必要なことだと語っている[14]。実際、驚くほどスムーズにワトスン役は交替された。ハードウィックはバークに劣らない素晴らしい演技で、ブレットのホームズを支えている。

10年間に渡るテレビシリーズの間、ブレットは度々身体や精神の不調に襲われながらも、ホームズ役を掘り下げ、役を魅力的に演じることを熱心に研究し続けた。その成果の一つが舞台『The Secret of Sherlock Holmes(シャーロック・ホームズの秘密)』である。これはブレットがホームズの内面を掘り下げたその内容を基に、脚本家のジェレミー・ポールが書き起こした台本による演劇である[15]1988年8月から当初はWyndham's Theatreで数週間の公演予定が、あまりの人気のために1年以上も公演が続き、さらに英国内の劇場を巡回することとなった。ワトスン役は、テレビドラマと同じくエドワード・ハードウィックである。 当時、ブレットのホームズ人気は凄まじく、この演劇のために米国や日本からだけでなく世界中からファンが押し寄せる結果となった。そのことについてブレットは、自分の予想以上にホームズが女性だけでなく、子供たちにさえも絶大な人気があることに驚いたと話している[15]

ブレットがホームズの内面を深く掘り下げ演じていたその他の例としては、第4シリーズ中の作品「悪魔の足」(1988年)も取り上げることができる。ホームズがドラッグと決別するシーン(この撮影についてはコナン・ドイルの娘ジーン・コナン・ドイル英語版から承諾を得ている)[16]や、ワトスンをシリーズ中で唯一「ジョン」とファーストネームで呼ぶシーンなどは、ブレットの発案である[17]

双極性障害の悪化[編集]

ブレットは双極性障害を患っており、症状はウィルソンの死後に悪化した。不幸なことに、ウィルソンの晩期と「ホームズの死」がテーマとなる放送回を撮影していた時期とが重なってしまい、そのことがブレットをより精神的に困難な状況に導いた。

第3シリーズ(1986年)の撮影後にブレットの精神は限界を迎え、入院するにまで至ってしまった。また、入院について心ないゴシップ紙に様々な憶測を書き立てられたことや記者の酷い言葉なども、ブレットの精神をさらに傷つけた[11]

ブレットの心臓弁には16歳の時にかかったリウマチ熱による後遺症があり、ブレットの心臓は通常の成人男性のおよそ2倍の大きさであった。 心臓のために処方されたジギリタスや躁鬱病(双極性障害)のためのリチウム錠の副作用によって体重増加と水分貯留が起こり、次第にブレットの動きは緩慢なものとなる。それによって劇中でのホームズとしての演技も変化した。処方薬の心臓への負担と躁鬱病による影響はブレットの外観にも明らかに現れるようになった。

この長いテレビシリーズの間、ホームズの相棒であるワトスン役のエドワード・ハードウィックは公私ともにブレットを支え続けていた。ハードウィック夫妻の自宅に度々ブレットを招き、共に過ごしていたことなどを後に語っている[18]

第6シリーズの撮影が始まる頃にブレットの健康状態は再び悪化してしまう。「三破風館」の撮影中(1993年9月)に倒れてしまい、次の撮影時には看護師の元で酸素マスクを使いながら演技を行うという状況になってしまった[19]。そのような中でも、ブレットはたった一言「But, darlings, the show must go on(直訳:しかし諸君、ショーは続けねばならない)」とだけ答えたという[要出典]

1993年の年末からは「ボール箱」の撮影が行われたが、これがブレットのホームズとしての最後の作品となった。第6シリーズの厳しい撮影スケジュールもあり[注釈 7] 、撮影が終わるとブレットはまた病院に戻ることになってしまった[21]。しかし、ドラマとしての出来はとても良いものであり、ブレットはこのドラマでの最後の台詞を気に入っていると話している[22]。 これは簡略に訳せば「この悲劇と暴力と恐怖の連環の意味とは何だろうか? 宇宙の目的がここにあるはずだが、我々にはその答えにたどり着くことができない」というもので、ドイルの原作からそのまま採用されている哲学的な台詞である。意図されたわけではないが、結果的に『シャーロック・ホームズの冒険』全シリーズのラストに相応しい台詞となっている。

晩年[編集]

最晩年の数年間にはブレットは率直に病気について語り、人々が病の兆候を認識し必要な助けを求めるよう励ましを送り続けた。ブレットは自身が躁鬱病であることや、アルコールをやめ、処方薬によって自分の精神を管理していることなどをインタビューでも語るようになった。また、そういったブレットの姿をTVで見ることで励まされているという、同じ病気を持つ人々からの手紙をブレットは大切に持っていると話している[23]

ブレットの最後の仕事となったのは、亡くなる直前の1995年9月3日に放送された、MDF(Manic Depressive Fellowship、躁鬱病支援団体)の広報と躁鬱病への理解を求めるラジオのチャリティー番組だった[24]。 ブレットは、躁鬱病であっても自分のように役者として成功を収めた人間もいるということ、この病気がコントロールできるものであることなどを語り、人々に温かいメッセージを送っている[25]

1995年9月12日心不全のためロンドンの自宅で亡くなる。享年61。ブレットの葬儀は、ブレットが敬愛していた牧師でありホームズ好きでもあった、長兄のジョンによって執り行われた。

マイケル・コックスの後に1986年から『シャーロック・ホームズの冒険』のスタッフとなり、二代目プロデューサーとなったジューン・ウィンダム・デービズは、第6シリーズ(1994年)以降について、今後10年間でドイルの原作でまだ映像化していないものを二時間ドラマとして映像化していく予定だと語っていた[26][注釈 8]。またブレット自身も、今はホームズに脅威を感じておらず、ひとまず休むけれども原作の全てを演じきるつもりだと語っており、今後さらに個性を生かしたホームズ役を演じることに意欲を見せていた[26]。原作の「シャーロック・ホームズ」には、ホームズの晩年期や探偵業を引退した後の作品などもあり、ブレットが年齢を重ねていっても、おそらく素晴らしいドラマが作られていたはずである。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビドキュメンタリー[編集]

  • More Loverly Than Ever(1994年)
※『マイ・フェア・レディ』の上映から30周年を記念して制作されたメイキング番組。映画そのもののメイキングと、劣化が激しく失われかけていたフィルム修復のドキュメンタリーを兼ねている。ブレットはホストとして出演。映画について語りながら、自身の歌声が吹き替えであったことや、ヘプバーンと同様それについて大きく失望し悲しんだこともここで告白している[注釈 11]。DVD『マイ・フェア・レディ スペシャル・エディション』に収録されている。NHKで放送されたこともあった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 吹き替えについては主な出演作品内のテレビドキュメンタリー(“More Loverly Than Ever”)を参照のこと。
  2. ^ 大手メディアではなぜかよく出演作品として記載される「ニコライとアレクサンドラ」であるが、ノークレジットであるため実際に出演しているかが不確かである。
  3. ^ 第19話「プライオリ・スクール/The Priory School」(1986年)
  4. ^ 第2話「踊る人形/The Dancing Men」(1984年)、第12話「赤髪同盟/The Red-Headed League」(1985年)
  5. ^ 第15話「修道院屋敷/The Abbey Grange」(1986年)、第25話「四人の署名/The Sign of Four」(1987年)
  6. ^ 第28話「ソア橋のなぞ/The Problem of Thor Bridge」(1991年)
  7. ^ 二時間ドラマ1本の制作予定が急遽一時間ドラマ6本の制作へ変更されたため、十分な制作期間を取れないまま撮影が開始された[20]
  8. ^ 出典である『NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険』にはこのインタビューの正確な日付の記載はないが、筆者によると第6シリーズ放送(1994年3月)前に書いたものであるという。第6シリーズ撮影直前の取材でブレットは原作を拡張してパスティーシュを作ることに強く反対しており[27]、第6シリーズ撮影後も二時間ドラマを作ることをデービズが計画していたとは考えにくい。そのため、このデービズへのインタビューは第6シリーズの撮影開始前後(1993年9月頃)もしくは撮影期間中に行われたと思われる。
  9. ^ 演出はGuthrie Theaterの創設でも有名なティロン・ガスリー英語版である。ブレットは演技を評価され最終的に主役のトロイラスを演じた[1]
  10. ^ 著名なバレエ・ダンサーであるロバート・ヘルプマンと共演している。
  11. ^ 当時の映画では歌の吹き替えが頻繁に行われていた。このドキュメンタリーには吹き替えについての内幕やヘプバーンが吹き替えに抗議したという話に加え、30年経って発見されたフィルムに残されていた、ヘプバーン自身によるオリジナルの歌声なども収録されている。

出典[編集]

  1. ^ a b ピーター・ヘイニング 1998, p. 160.
  2. ^ a b ピーター・ヘイニング 1998, p. 161.
  3. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1498/4427.
  4. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 170.
  5. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 415/4427.
  6. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 173.
  7. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 115.
  8. ^ ピーター・ヘイニング 1998, pp. 109–110.
  9. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 171.
  10. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 184.
  11. ^ a b ピーター・ヘイニング 1998, p. 9.
  12. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1164/4427.
  13. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 185.
  14. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 175.
  15. ^ a b ピーター・ヘイニング 1998, p. 12.
  16. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1823/4427.
  17. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1812/4427.
  18. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1724/4427.
  19. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 3131/4427.
  20. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 2987/4427.
  21. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 3227/4427.
  22. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 3226/4427.
  23. ^ ピーター・ヘイニング 1998, p. 10.
  24. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 1529/4427.
  25. ^ Telling Admissions 6”. Bethlem Museum of the Mind. 2021年6月1日閲覧。
  26. ^ a b ピーター・ヘイニング 1998, p. 13.
  27. ^ Stuart 2012, Kindle版、位置No. 2996/4427.

参考文献[編集]

  • ピーター・ヘイニング、岩井田雅行, 緒方桂子訳 『NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険』 求龍堂、1998年。ISBN 4763098241 
  • Stuart, David (2012), BENDING THE WILLOW Jeremy Brett as Sherlock Holmes (Revised editions) (Kindle ed.), Calabash Press, ISBN 9781553101727 

外部リンク[編集]