愛知県立東海南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛知県立東海南高等学校
TokaiMinamiHighschool.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
校訓 「己に克つ」
設立年月日 1977年昭和52年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 23228K
所在地 477-0032
愛知県東海市加木屋町社山55番地

北緯34度59分25.94秒 東経136度54分6.58秒 / 北緯34.9905389度 東経136.9018278度 / 34.9905389; 136.9018278座標: 北緯34度59分25.94秒 東経136度54分6.58秒 / 北緯34.9905389度 東経136.9018278度 / 34.9905389; 136.9018278
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛知県立東海南高等学校の位置(愛知県内)
愛知県立東海南高等学校

愛知県立東海南高等学校(あいちけんりつとうかいみなみこうとうがっこう)は、愛知県東海市にある、県立高等学校である。

概要[編集]

校章東海市の市の木である「」がモチーフとなっている。

また、学校祭のことを「楠祭(くすのきさい)」と呼ぶなど、楠が学校のシンボルでもある。

スクールカラー青味緑日本色彩研究所)。

東海南高等学校のことを「東海南(とうかいみなみ)」、「東南(とうなん)」と略すこともある。

生徒の呼称は「東南生」である。

教育目標 校訓[編集]

教育目標[編集]

  1. 豊かな知識と素直な心を持った人間
  2. 社会秩序を守り、たくましく生きる人間
  3. 明るく、ひたむきに努力する人間

校訓[編集]

  • 「己に克つ」:1982年昭和57年)4月1日制定。
    • 自分の怠け心や欲・邪念に打ち勝つこと。生徒手帳より引用。
    • この校訓は正面玄関前の校訓碑、体育館、各教室に置かれている。

沿革[編集]

  • 1976年
  • 1977年
    • 4月1日:初代校長、佐藤行孝就任。
    • 4月2日:開校宣言、第1回入学式挙行。
  • 1978年
  • 1980年
    • 3月1日:第1回卒業証書授与式挙行。
  • 1981年
    • 4月1日:第2代校長、沢田惣一就任。
  • 1982年
    • 4月1日:校訓「己に克つ」を設定。「バレーボール」を校技と決定。
  • 1986年
    • 4月1日:第3代校長、平野満就任。
  • 1990年
    • 4月1日:第4代校長、荒川眞仁就任。
  • 1992年
  • 1994年
    • 2月24日:テニス・バレーコート整備工事完成。
    • 4月1日:第5代校長、都築義之就任。
  • 2000年
    • 4月1日:第6代校長、伊藤嘉彦就任。
  • 2003年
    • 4月1日:第7代校長、安田英和就任。文部科学省から「学力向上フロンティアハイスクール」の指定を受ける。
  • 2005年
    • 4月1日:第8代校長、鷲見俊郎就任。
  • 2006年
    • 4月21日:「県立学校情報化推進モデル事業」実践モデル校の指定を受ける。
  • 2008年
    • 4月1日:第9代校長、田中幸博就任。 
  • 2011年
    • 4月1日:第10代校長、中川敦夫就任。

制服[編集]

男子[編集]

※ 男子のシャツは薄い灰色。

女子[編集]

  • 冬服:濃紺色、セーラー型 
  • 夏服:白色、セーラー型 [1]

※ 女子の制服はセーラー服。襟のラインは2本でシルバーグレイ、胸のリボンはシルバーグレイで小さめの蝶結びである。

制服の特徴[編集]

男女とも冬服の校章はバッジだが、夏服には校章が刺繍されている。

名札や所属クラスを表すバッジはない。

校章と体操服の色は入学年次ごとに赤、緑、青の順で代わる。留年すると一学年下の色のものを買い直す必要がある。

カーディガンの色は黒または紺。ベージュは認可されていない。

2018年平成30年)度まで制服の更衣期間が定められていたが、現在は廃止され自身で判断するようにと定められた。式典などの時は統一。

学校の特色[編集]

校歌の他に応援歌がある。

1年間で5回、定期考査がある。

「総合的な探求の時間」であるいわゆるPTがある。 活動内容は以下のように学年毎に異なる。

1年生:職業探求、修学旅行事前探求

2年生:修学旅行発表、進路探求

3年生:分野別探求 尚,3年生の分野別探求では各先生方が通常授業で取り扱わない発展事項や確認として基本事項などを、講座を開いて解説してくれる。 実質的な授業である。

各クラスを「○○ルーム」と呼び、十の位の数字が学年、一の位の数字がクラスとなっている。例えば、1年1組は「11(じゅういち)ルーム」であり、「11R」と記すことも多い。

原則1学年8クラス。

クラスのまとめ役である、学級委員長にあたるのは「室長」である。

「東南体操」という、一部が自衛隊体操とよく似たオリジナルの準備体操がある。

大学入学共通テストに集中できるよう3年次は5期考査がない。

男女混合名簿を使用している。

校内での携帯電話の使用は禁止であったが、令和3年度生徒会執行部により生徒議会において問題提起され、現在は担当の教員の指示に従わせるとなっている。

1年生では文理問わず基礎となるものを学び、2年生から文系クラスと理系クラスに分かれる。3年生では、文系は1型と2型、理系は3型と4型に別れる。 1型は私立文系志望、2型は国立文系志望、3型は理系(数学3を使う)、4型は理系(数学3を使わない)の様に別れる。 各コースの事を文1文2理3理4と通称している。

『第23回全国高等学校クイズ選手権』(高校生クイズ)の全国大会へ出場している。

部活動[編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

  • 邦楽部
  • 吹奏楽
  • 美術部
  • 映像文芸部
  • ESS部
  • コンピューター情報部
  • 演劇部

学校行事[編集]

バレーボール大会[編集]

校技であるバレーボールを年2回、7月と3月に2日かけて行われる。全員参加であり、6 - 7人のチームをクラスメートで作る。文系の男子、理系の女子は2チーム作れず、11人の大人数のチームとなる事もある。

クラス対抗ではないので、同じクラスのチーム同士が闘う場合もある。教師も参戦する。

また、各クラスで独自のTシャツを作り、大会で着用することが認められており、ほぼ全てのクラスが各クラスのユニークなTシャツをユニフォームとして着用し大会に参加している。大会は、1日目は予選、2日目は決勝まで行う。バレーボール大会を「バレ大(ばれたい)」と略すことも多い。バレーボール大会をモチーフにしたマスコットキャラクターとして『ばれなん』が存在する。

楠祭(くすのきさい)[編集]

年に1回、9月中旬に行われる、文化祭及び体育祭を併せたものが楠祭である。3日間かけて行われ、2日間は文化祭、1日は体育祭に当てられる。また、有志の生徒の発表もある。

文化祭は各クラスごとに催しを行う。内容はレポートの掲示、食品販売、ダンス、演劇、自主制作映画、合唱など各クラス様々である。

体育祭は学年対抗だけでなく、団対抗の競技もある。得点は、競技によるものだけでなく、応援団といった後援も評価される。応援団は夏休み前に有志が集められ、夏休みを使い練習、完成させる。

フレキャン[編集]

1年の最初に行われる、友好関係を築くことを目的とした日帰りの校外学習である。生徒は校歌の合唱を競うという名の下、校歌を覚える。

修学旅行[編集]

2年の6月に行われる、2泊3日の校外学習である。行き先は神戸広島四国である。うどん作り・姫路城散策・ペーロンの中から1つを選択。

また、クラスごとの出し物の発表が行われる。

遠足[編集]

3年の4月に行われる日帰り校外学習である。目的は新しいクラスにおいて友好関係を築くことである。行き先は、ナガシマスパーランドとなっている。

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

最寄り駅は名鉄河和線南加木屋駅。駅より徒歩で約10分ほど。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]