悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
槇原敬之スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル J-more
プロデュース 槇原敬之
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 槇原敬之 アルバム 年表
    cELEBRATION 2005
    2006年
    悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
    2007年
    Personal Soundtracks
    2008年
    『悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』収録のシングル
    テンプレートを表示

    悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。』(かなしみなんてなんのやくにもたたないとおもっていた)は、槇原敬之の15枚目のオリジナルアルバム

    2007年11月7日発売。販売・発売元はエイベックス・マーケティングJ-more)。

    解説[編集]

    前作『LIFE IN DOWNTOWN』以来約1年9ヶ月ぶりの、avex移籍第1弾アルバム。

    前年秋にシングルとして発売予定だったがレコード会社移籍のためライブDVD『Noriyuki Makihara in concert "LIVE IN DOWNTOWN"』と共に発売延期となった「五つの文字」が、本作に初収録された。ライブDVDの方は翌年1月16日に発売された。

    初回盤に封入されたパスワードで期間限定特設サイトにログインすると、もともとインスト曲である「introduction」とすでにシングルCDでカラオケが発売されている「GREEN DAYS」以外のアルバム収録曲全9曲のカラオケが、先着10,000名に限りダウンロードで入手可となり、前述の「GREEN DAYS」のシングルを入手すると完全なカラオケアルバムが完成するようになっている。

    収録曲[編集]

    1. introduction
      (作曲・編曲:槇原敬之、ストリングスアレンジメント:トオミ ヨウ
    2. 祈りの歌が聞こえてくる
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    3. Dance with me.
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    4. GREEN DAYS
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    5. カイト
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    6. Love was sleeping.
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之、ストリングスアレンジメント:トオミ ヨウ)
    7. lose no time
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    8. 赤いマフラー
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之、ストリングスアレンジメント:トオミ ヨウ)
    9. Anywhere
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之、ストリングスアレンジメント:トオミ ヨウ)
    10. Circle of Rainbow
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)
    11. 五つの文字
      (作詞・作曲・編曲:槇原敬之)