ワーズアンドミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社ワーズアンドミュージック
WORDS & MUSIC
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前2-18-22 S&T神宮前ビル2F 
設立 1996年
業種 サービス業
法人番号 7011002023650
事業内容 マネジメント業務
原盤管理
コンサート事業
独自レーベル「Buppuレーベル」運営。
ファンクラブ「Smile Dog」運営
主要子会社 Buppuレーベル
関係する人物 槇原敬之
外部リンク MAKIHARANORIYUKI.COM
テンプレートを表示

株式会社ワーズアンドミュージック(WORDS & MUSIC)は、日本芸能事務所1996年、株式会社River Wayとして設立された槇原敬之の個人事務所である。槇原のプライベートレーベルBuppuレーベルを運営している。

概要[編集]

  • 1996年、槇原敬之の個人事務所株式会社River Wayとして設立。同時に当時所属していたレコード会社ワーナーミュージックジャパン内に同名のプライベートレーベル(現在は消滅)が発足。
  • 1997年4月、社名を株式会社エイノートに変更。
  • 2001年3月、社名を現在の有限会社ワーズアンドミュージックに変更。
  • 2004年3月17日、元社長の中島三夫が社長在任中に当社の口座から約1億400万円を着服していたとして逮捕。
  • 2005年頃、槇原のプライベートスタジオBuppu Studioを事務所内に設ける。
  • 2006年頃、これまで事務所と同フロアにあったスタジオを同テナントの別フロアを全面スタジオにしたプライベートスタジオJingumae Buppu Studioを設ける。
  • 2010年11月29日、独自レーベルBuppuレーベル設立。
  • 2012年2月3日、自社制作のインターネットラジオ槇原敬之の神宮前ヴェランダスタジオ』放送開始。ファンクラブへの呼び込みの際は社員が登場する。
  • 2013年初頭、株式会社ワーズアンドミュージックに組織変更[1]
  • 2018年5月、2006年3月から2018年3月まで代表取締役であった男が覚せい剤取締法違反で起訴される。既に事件前の同年3月12日付で代表取締役から解任されていた。ワーズアンドミュージックは解任理由を「代表としての役務不履行によるもの」として事件との関係を否定している。同人は1999年に槇原とともに覚せい剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた。2013年から覚せい剤の使用を再開していた、と供述している[2]

槇原敬之OFFICIAL FAN CLUB『Smile Dog』[編集]

槇原敬之のファンクラブ。「'92 STOVE LEAGUE TOUR」の時にFC案内書を配布。雑誌にもFC会員の募集をかける。のちに槇原敬之は会報第1号で「FCが出来るのが遅くて怒っちゃうファンもいる」と話している。個人事務所設立前は1993年までは「株式会社Mother」、1994年以降は「株式会社MDプロダクツ」内に存在していた。 会報は2014年1月27日発行号で100号目を迎えた。 初年度年会費は入会金500円を含む4500円。継続年会費は4000円である。

会員特典[編集]

  • 入会記念品『北風オルゴール』がプレゼントされる。以前と現在では絵柄が違う。
  • オリジナル会員証発行
  • 年6回(1・3・5・7・9・11月)の会報発行
  • 1年毎に継続記念品としてオリジナルグッズをプレゼント
  • コンサートチケットの先行予約(抽選)
  • オフィシャルHPにて、会員限定ページの閲覧が可能
  • 通販で会員限定商品の販売

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年1月18日発行のFC会報94号では「有限会社ワーズアンドミュージック」と表記されているが、3月18日発行の会報95号からは「株式会社ワーズアンドミュージック」と表記されている。
  2. ^ 槇原敬之の所属事務所の元代表が覚せい剤容疑で逮捕、起訴 事件前に解任スポーツニッポン 2018年5月10日

外部リンク[編集]