彦五瀬命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五瀬命
菊池容斎前賢故実』より)

彦五瀬命(ひこいつせのみこと)は、記紀等に伝わる古代日本皇族(王族)。

日本書紀』では「彦五瀬命」や「五瀬命(いつせのみこと)」、『古事記』では「五瀬命」と表記される。

神武天皇(初代天皇)の長兄である。

記録[編集]

日本書紀』・『古事記』によると、鸕鶿草葺不合尊と、海神の娘の玉依姫との間に生まれた長男である。弟に稻飯命三毛入野命・神日本磐余彦尊(神武天皇)がいる。

彦五瀬命は弟たちとともに東征に従軍したが、浪速国の白肩津(あるいは孔舎衛坂)での長髄彦との交戦中に長髄彦の放った矢に当たった。彦五瀬命は「我々は日の神の御子だから、日に向かって(東に向かって)戦うのは良くない。廻り込んで日を背にして(西に向かって)戦おう」と助言し、一行は南へ廻り込んだ。

しかし紀国の男之水門に着いた所で、彦五瀬命の射られた傷が悪化した。この時に彦五瀬命が「賊に傷つけられて死ぬとは」と雄叫びしたので、その地は「雄水門(おのみなと、男之水門)」というとする。その後『日本書紀』によると紀国竈山で亡くなり、竈山に墓が築かれたという。ただし『古事記』では紀国男之水門で亡くなったとする。

[編集]

彦五瀬命の墓は、宮内庁により和歌山県和歌山市和田にある竈山墓(かまやまのはか、位置)に治定されている[1][2]。公式形式は円墳[1]

彦五瀬命の墓について、『日本書紀』では前述のように竈山に墓が築かれた旨が記されている。延長5年(927年)成立の『延喜式諸陵寮諸陵式)では「竈山墓」の名称で記載され、紀伊国名草郡の所在で、兆域は東西1町・南北2町で守戸3烟を付すとしたうえで、遠墓に分類する(紀伊国では唯一の陵墓)。これに先立つ持統天皇5年(691年)には有功の王の墓には3戸の守衛戸を設けるとする詔が見えることから、この頃に『日本書紀』・『古事記』の編纂と並行して、『帝紀』や『旧辞』に基づいた墓の指定の動きがあったと推測する説がある[3]。またその際には、日本武尊墓(伊勢)・彦五瀬命墓(紀伊)・五十瓊敷入彦命墓(和泉)・菟道稚郎子墓(山城)をして大和国の四至を形成する意図があったとする説もある[3]

彦五瀬命の神霊を祀る神社としては、竈山墓の南麓に竈山神社式内社)が鎮座する。また、岡山県岡山市東区の安仁神社式内社)では神武天皇の兄(あに:安仁)として、稲氷命(稲飯命)・御毛沼命(三毛入野命)とともに祀られている。

考証[編集]

彦五瀬命の名の「五」は厳(いつ)・斎(いつ)、「瀬」は神稲を意味するとされる[4]。このことから、『古事記伝』では穀物や食料の神の意と解している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)7コマ。
  2. ^ 『宮内庁書陵部陵墓地形図集成』 学生社、1999年、巻末の「歴代順陵墓等一覧」表。
  3. ^ a b 仁藤敦史 「記紀から読み解く、巨大前方後円墳の編年と問題点」『古代史研究の最前線 天皇陵』 洋泉社、2016年、pp. 13-16。
  4. ^ 五瀬命(国史) & 1979年.

参考文献[編集]

関連項目[編集]