平和運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平和団体から転送)
移動先: 案内検索
Peace walk 2007

平和運動(へいわうんどう)とは主に侵略戦争虐殺兵器開発などに反対し、通常平和主義を通して世論政府に訴えて非暴力的な政策に変更させるなどして平和を実現することを目的とした政治的な運動である。

概説[編集]

国家間で引き起こされる戦争に限らず、国内の内乱に対しても行なわれるが、運動の参加者はその紛争問題の第三者が多い。単に政治活動で政府に政策の変更を迫るだけでなく、赤十字活動や国境なき医師団のような戦争による難民の保護活動や負傷者の救護活動、地雷の撤去などの活動も含む幅広い概念である。

平和運動の源泉となる思想は平和主義である。平和主義という思想は非常に幅広い考えを包括する思想なので特定のイデオロギーと関係しているわけではない。そのため、時代や場所によって平和運動に従事する人々の持つイデオロギーや基盤となる価値観は常に変わりうる。このため、第一次世界大戦で反戦を訴え兵役拒否を推奨したアインシュタインが、第二次世界大戦では反枢軸国のために「兵役拒否は許されない」と訴えるなど、一見変節に見えるような事態が起こった。

主な平和運動[編集]

平和運動団体[編集]

世界[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]