岩本紘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩本 紘一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1944-11-29) 1944年11月29日(74歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 米子東高校 (2004 - 2007)

岩本 紘一(いわもと こういち、1944年11月29日 - )は、日本の元アマチュア野球選手(主に内野手)、監督。

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。米子東高校では岡本利之監督の指揮の下、2年生の時、1961年春の選抜一塁手として出場。エース矢滝伸高(関大-米子東監督)が準々決勝で敦賀高を相手に延長16回23奪三振の1試合最多記録を達成、準決勝に進むが高松商に敗退した。1962年夏も東中国大会準決勝に進出するが、槌田誠のいた倉敷工に惜敗、甲子園出場を逸する。高校の2期先輩に1960年春の選抜準優勝メンバーの宮本洋二郎清水賢がいる。

1963年亜細亜大学に進学、野球部に入部すると同時に中心選手として活躍。入学時の亜大は東都大学リーグ二部に低迷していたが、1964年秋季リーグで初の一部昇格を果たす。1966年秋季リーグでは主将としてチームを牽引、森永悦弘(日本楽器)の好投もあり初優勝を飾った。一部リーグ通算70試合出場、271打数67安打、打率.247、2本塁打、14打点。大学同期に東山親雄、2年下に大橋穣内田俊雄がいた。

1966年ドラフト会議(第2次)で阪急から2位指名されたが入団せず、社会人野球日本軽金属に入社、のち主将も務めた。1968年都市対抗には河合楽器に補強され出場。2回戦の電電東京との対戦で延長11回に決勝犠飛を放つなど活躍。チームは決勝に進むが富士製鐵広畑に敗れ準優勝にとどまる。1970年第41回大会でも大昭和製紙に補強され出場。リリーフエース安田猛の活躍もあり、決勝で三菱重工神戸を降し優勝。これも含め都市対抗には8年連続本大会出場を果たす。オールジャパンにも選出された。のちコーチも歴任。

2004年秋から2007年夏まで会社勤めの傍ら母校・米子東高校監督を務め、2007年春季県大会で同校8年ぶりとなる県大会決勝進出をとげ準優勝に導いたが、甲子園出場は果たせなかった。

外部リンク[編集]