岩本紘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩本 紘一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1944-11-29) 1944年11月29日(73歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 米子東高校 (2004 - 2007)

岩本 紘一(いわもと こういち、1944年11月29日 - )は、日本の元アマチュア野球選手(主に内野手)、監督。

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。米子東高校時代は岡本利之監督の指揮の下、2年春の選抜大会に一塁手として出場しベスト4に進出した。その後2年夏、3年夏とも東中国大会で敗退。高校の2期先輩に選抜準優勝メンバーの宮本洋二郎(のち広島など)、清水賢(のち東映)がいる。

1963年亜細亜大学に進学し野球部に入部すると同時に中心選手として活躍。1964年東都リーグ1部昇格を果たすと、翌1966年には主将としてチームを牽引し東都1部初優勝を果たす。1部リーグ通算70試合出場、271打数67安打、打率.247、2本塁打、14打点。

ドラフト会議(第2次)で阪急から2位指名されたが入団せず、社会人野球日本軽金属に入社、のち主将も務めた。都市対抗野球大会では第39回大会河合楽器の補強選手)で準優勝、第41回大会大昭和製紙の補強選手)で優勝するなど8年連続本大会出場を果たし、オールジャパンにも選出された。のちコーチも歴任。

2004年秋から2007年夏まで会社勤めの傍ら母校・米子東高校監督を務め、2007年春季県大会で同校8年ぶりとなる県大会決勝進出をとげ準優勝に導いたが、甲子園出場は果たせなかった。

外部リンク[編集]