岡山城 (紀伊国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
岡山城
和歌山県
城郭構造 山城
築城主 畠山高政
築城年 不明
主な改修者 畠山高政
主な城主 畠山氏
廃城年 1585年以前
遺構 曲輪

岡山城(おかやまじょう)は、紀伊国和歌山県和歌山市岡山丁)にあった日本の城。岡城とも呼ばれる。

概要[編集]

築城年は不明だが、戦国時代紀伊国守護であった畠山高政が現在の和歌山城の向かいにある和歌山大学教育学部附属小中学校の敷地内に築城したとされる。

廃城年も不明だが、1585年豊臣秀吉紀州征伐後に和歌山城が築城された際に岡山城も三の丸として整備されているところから、廃城はそれ以前に行われたと思われる。

城は山城で、曲輪のみ遺構として残されている。

関連項目[編集]