山下健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下 健
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1931-08-06) 1931年8月6日
没年月日 (2006-11-26) 2006年11月26日(75歳没)
身長
体重
177 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月13日
最終出場 1964年9月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1964 - 1970)

山下 健(やました たけし、1931年8月6日 - 2006年11月26日)は、香川県高松市出身のプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

高松一高では1949年捕手として春夏の甲子園に出場。春の選抜では準々決勝で小倉高に敗退[1]夏の選手権は準決勝に進むが、佐々木信也のいた湘南高に延長10回サヨナラ負けを喫する[2]。1年下のチームメートに二塁手の玉木春雄(西鉄)、2年下に三塁手中西太、控え内野手の松岡雅俊がいた。

強肩・強打の捕手として注目され2リーグ制が始まった1950年阪急ブレーブスに入団。チームの主力選手はセ・リーグ球団に大量に引き抜かれており、中でも捕手不足だったため1年目からレギュラーとして出場(開幕戦は急病で欠場したため、阪急は捕手経験がない内野手の明石武が急遽捕手をすることになった)、規定打席(44位、打率.180)にも達する。1953年には、移籍入団の伊勢川真澄に定位置を奪われるが、翌年には復活。後に入団した梶本隆夫米田哲也らとバッテリーを組み低迷期の阪急を支えた。1963年には岡村浩二にポジションを譲り、1964年にコーチ兼任。1965年限りで現役引退。

引退後は阪急で二軍バッテリーコーチ(1966年 - 1970年)を務めた[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 阪急 111 360 322 31 58 8 3 6 90 27 5 1 2 -- 33 -- 3 87 8 .180 .263 .280 .542
1951 96 318 281 31 62 8 5 3 89 25 0 1 4 -- 32 -- 1 56 7 .221 .303 .317 .619
1952 84 240 204 16 30 7 1 2 45 11 0 0 11 -- 24 -- 1 59 2 .147 .240 .221 .461
1953 41 58 47 7 13 0 0 2 19 5 0 1 0 -- 10 -- 1 14 0 .277 .414 .404 .818
1954 106 322 289 16 58 9 4 2 81 24 1 0 8 3 22 -- 0 55 7 .201 .257 .280 .538
1955 94 250 220 21 46 13 2 3 72 25 1 3 6 1 23 0 0 45 1 .209 .284 .327 .611
1956 125 367 304 29 58 12 1 4 84 31 9 3 15 3 44 0 1 90 3 .191 .295 .276 .571
1957 87 227 206 20 39 6 0 1 48 8 3 0 2 0 19 0 0 60 2 .189 .258 .233 .491
1958 92 297 256 20 57 10 0 5 82 23 2 2 11 0 30 0 0 65 5 .223 .304 .320 .625
1959 69 161 135 10 23 2 1 1 30 9 1 0 2 4 19 0 1 49 2 .170 .277 .222 .500
1960 95 224 198 18 34 8 1 1 47 10 0 0 6 0 19 0 1 70 1 .172 .248 .237 .485
1961 86 165 135 14 19 0 0 3 28 11 0 0 5 1 22 0 2 48 5 .141 .270 .207 .478
1962 104 221 192 14 31 8 1 0 41 11 1 1 14 1 12 0 2 61 5 .161 .218 .214 .432
1963 25 15 13 1 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 0 0 5 1 .154 .214 .154 .368
1964 17 8 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .000 .250 .000 .250
通算:15年 1232 3233 2808 248 530 91 19 33 758 220 23 12 87 13 312 0 13 765 49 .189 .273 .270 .543
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1960年10月9日 ※史上55人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 3 (1950年 - 1965年)
  • 64 (1966年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、p128

関連項目[編集]