尺振八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尺 振八
Seki Shinpachi.jpg
誕生 (1839-09-16) 1839年9月16日天保10年8月9日
武蔵国江戸佐久間町(現・東京都千代田区神田佐久間町
死没 (1886-11-28) 1886年11月28日(満47歳没)
静岡県賀茂郡熱海村(現・熱海市
墓地 青山霊園東京都港区
職業 英学者教育者官吏
国籍 日本の旗 日本
代表作 『斯氏教育論』(1880年)
子供 秀三郎(養子)
テンプレートを表示

尺 振八(せき しんぱち、1839年9月16日天保10年8月9日) - 1886年明治19年)11月28日)は江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本洋学者教育者。旧幕臣

来歴[編集]

江戸佐久間町(現・東京都千代田区神田佐久間町)生まれ。父は高岡藩医・鈴木伯寿。中浜万次郎西吉十郎に英語を学ぶ。文久元年(1861年)、幕府に出仕し、同年及び文久3年(1863年)の遣欧使節団に翻訳方として同行した。明治元年(1868年)、神戸のアメリカ公使館で通訳を務める。

明治3年(1870年)に共立学舎両国に創設した。その後、共立学舎は、自由民権運動闘士の溜まり場と化したため、閉鎖された。夏目漱石成立学舎、共立学舎、進文学舎を「落第」で予備門の代表例として紹介している。明治5年(1872年)に大蔵省に出仕し、翻訳局長となる。明治8年(1875年)に辞職し、英語教育に専念した。門下に島田三郎田口卯吉がいる。明治19年(1886年)、肺結核で死亡した。死に際して、結核を蔓延させないために遺品一切を焼却するよう遺言し、Rまで編集が進んでいた英語辞書の原稿もそれに従って焼却された。

ハーバート・スペンサーの著書を翻訳した『斯氏教育論』の中で「sociology」の訳語として「社会学」という言葉を初めて使用した。

著作[編集]

著書・編書
訳書

関連文献[編集]

外部リンク[編集]