小池寿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小池 寿子(こいけ ひさこ、1956年5月4日 - )は、日本美術史家、國學院大學教授。専門は15世紀北方フランドル美術・中世美術などの西洋美術史

人物[編集]

群馬県前橋市出身。美術作品から死生観を読み解く研究をしている。死の舞踏の研究者として知られる一方、近年は運命観・身体観を探る研究も展開している。

略歴[編集]

著書[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

  • アネッテ・ロビンソン『絵画の見方・ルーヴル美術館』伊藤已令共訳 福武書店 1991年
  • W.S.ギブソン『ブリューゲル 民衆劇場の画家』森洋子共訳 美術公論社 1992年
  • キャスリーン・コーエン『死と墓のイコノロジー 中世後期とルネサンスにおけるトランジ』平凡社 1994年
  • ナイジェル・ウィルキンズ『ニコラ・フラメル錬金術師伝説』白水社 2000年
  • エリー・フォール『中世美術 美術史2』星埜守之共訳、国書刊行会 2010年
  • ジャン=クロード・シュミット『中世の聖なるイメージと身体』刀水書房 2015年

脚注[編集]