小山田桜台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 関東地方 > 東京都 > 町田市 > 小山田桜台
小山田桜台
小山田桜台団地(小山田桜台1丁目)
小山田桜台団地(小山田桜台1丁目)
小山田桜台の位置(多摩地域内)
小山田桜台
小山田桜台
小山田桜台の位置
北緯35度35分31.02秒 東経139度24分6.77秒 / 北緯35.5919500度 東経139.4018806度 / 35.5919500; 139.4018806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Machida, Tokyo.svg 町田市
地域 忠生地域
設置 1984年(昭和59年)2月1日
面積
 • 合計 0.481km2
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 • 合計 3,583人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
194-0204[3]
市外局番 042 (相模原MA)[4]
ナンバープレート 多摩

小山田桜台(おやまださくらだい)は、東京都町田市町名。現行行政地名は小山田桜台一丁目及び二丁目。郵便番号は194-0204[3]

地理[編集]

町田市の北部に位置する。東は下小山田町、西と北は上小山田町、南は常盤町と接している。

住宅・都市整備公団(UR都市再生機構)の大規模集合住宅「小山田桜台団地」が大部分を占めている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

隣接する尾根緑道は桜の名所となっているが、当該地区も約50種類の桜が植えられた。旧町名の小山田と桜、台(丘陵の平らなところ)を組み合わせて名づけられた[5]

沿革[編集]

  • 1983年昭和58年) - 小山田桜台団地の入居開始。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 上小山田町、下小山田町、常盤町のそれぞれ一部より小山田桜台一丁目〜二丁目を新設。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
小山田桜台一丁目 744世帯 1,709人
小山田桜台二丁目 818世帯 1,874人
1,562世帯 3,583人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
小山田桜台一丁目 全域 町田市立小山田南小学校 町田市立小山田中学校
小山田桜台二丁目 全域

交通[編集]

路線バス[編集]

神奈川中央交通町田駅町田バスセンター)や淵野辺駅を結ぶ路線バスを運行している。2017年12月18日より唐木田駅東多摩南部地域病院方面を結ぶ検証運行が開始された。

  • 町32:町田BC - 森野六丁目 - 境川団地 - 忠生公園前 - 忠生三丁目 - 桜美林学園 - 小山田桜台
  • 町34:町田BC - 森野三丁目 - 市民病院前 - 忠生公園前 - 忠生三丁目 - 桜美林学園 - 小山田桜台
  • 淵30:淵野辺駅北口 - 桜美林学園 - 小山田桜台
  • 淵67:淵野辺駅北口 - 桜美林学園 - 小山田桜台 - 日大三高
  • 検証運行:小山田桜台 - 唐木田駅東 - 多摩南部地域病院(平日のみ)

道路[編集]

施設[編集]

教育
商業
金融機関
郵便局
  • 町田小山田桜台郵便局
警察
公園
  • 谷戸池公園
  • こぶし公園

出典[編集]

  1. ^ 土地・気象 【町田市統計書 第50号2016(平成28)年度発行】”. 町田市 (2017年3月21日). 2018年1月21日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口表”. 町田市 (2018年1月15日). 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ 町田の地名のいわれ 1993
  6. ^ 市立小・中学校の通学区域”. まちだ子育てサイト(町田市) (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]