大友康匠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大友 康匠
本名 大友 義康
生誕 1934年1月14日
死没 (1995-01-16) 1995年1月16日(61歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 絵本作家漫画家
ジャンル 絵本漫画
代表作 『マリちゃん』シリーズ
『黒い太陽』
ノンタン』シリーズ
テンプレートを表示

大友 康匠(おおとも やすおみ、1934年1月14日 - 1995年1月16日)は、日本の絵本作家漫画家である[1]。本名は大友 義康(おおとも よしやす)、漫画家時代は本名のほか、大友 よしやすおおとも よしやす大友 ヨシヤスオオトモ ヨシヤスとも名乗り、絵本作家時代は、おおとも やすおみオオトモ ヤスオミとも名乗った[1][2]。「康臣」は表記の誤り[1][2]少女マンガ時代の『マリちゃん』シリーズ、絵本作家時代の『ノンタン』シリーズで知られる[1][2]

人物・来歴[編集]

1934年(昭和9年)1月14日神奈川県横浜市に生まれる[1][3]

掲載号は不明であるが、1948年(昭和23年)12月 - 1951年(昭和26年)3月の期間に発行されていた『東光少年』(東光出版社)の「読者投稿漫画」に、十代の少年時代の大友が執筆して投稿した『ウサギミミスケ』が掲載され、金賞を獲得している[3]。その後、中村書店で戦前に「ナカムラマンガシリーズ」を立ち上げた漫画家の大城のぼるに弟子入りする。

満19歳となった1953年(昭和28年)6月ころから、漫画家としてのキャリアを始めたとされるが[1]国立国会図書館蔵書によれば、満17歳を迎える1951年(昭和26年)には、中村書店から『珍宝島探険』(共著大城のぼる)や『アベコベ猛獣狩り』といった漫画をすでに出している[2]。1952年(昭和27年)には、鶴書房から『フリード王子』等を上梓し、1954年(昭和29年)には、東京漫画出版社から、ギリシア神話ゴルゴーン」を主題にした名作漫画文庫22『ゴルゴンの首』等を出版している[2]講談社の『少女クラブ』、『少年クラブ』にも漫画を掲載している[2]。1958年(昭和33年)には、『マリちゃん』シリーズをまとめた「オオトモヨシヤス選集」全3巻を中村書店から刊行している[2]。同年、東映動画(現在の東映アニメーション)が製作した長篇アニメーション『白蛇伝』のコミカライズを大友が手がけており、中村書店から出版された同作の表紙・裏表紙には、同映画作品のスチル写真が使用されている[4]

1950年代末の時代、永田竹丸らとともに、豊島区椎名町(現在の同区南長崎)のトキワ荘に出入りしていたという[5]横山光輝とそのアシスタントだった岸本修と交流があり、1957年(昭和32年)5月、横山が『冒険王』5月号付録『闇におどる猫』に横山自身が自殺する話を描いた際、岸本とともに作品に登場している[6]

1962年(昭和37年) - 1964年(昭和39年)の時期に病気で入院し、その後の活動ペースは落ちたという[1]。同門の漫画家・棚下照生のアシスタントをしていた[1][7][8]1969年(昭和44年)ころ、清野幸子(のちのキヨノサチコ、1947年 - 2008年)に漫画の指導を始め、1970年(昭和45年)4月30日、清野と結婚する[1]。結婚後はアシスタントを退職、『たのしい幼稚園』(講談社)の学習もののカットを受注して描いていた[1]

1975年(昭和50年)4月 - 5月ころ、清野と共同で偕成社に子ギツネを主人公とした絵本『あかんべきつね』の企画を持ち込み、それが子ねこの「ノンタン」に変更になり、1976年(昭和51年)8月に『ノンタンぶらんこのせて』および『ノンタンおやすみなさい』、同年10月には、原案企画をもとにした『あかんベノンタン』が刊行された[1]。1977年(昭和52年)7月23日、長女が誕生する[1]

1982年(昭和57年)4月、清野と共同で執筆したバックステージもの『二人でノンタン』が文藝春秋から刊行される[1]。同年4月2日、有限会社大友を設立する[1]。同年5月6日、清野と出演したNHKのテレビ番組が放送される[1]

1984年(昭和59年)6月、塩野米松および清野と共同執筆による『おみちゃん さっちゃんのこども え じてん』が求龍堂から刊行される[1]。1984年(昭和59年)11月23日、別居に至り、翌1985年(昭和60年)5月14日、清野と協議離婚する[1]。以降、共同執筆が不可能になる[1]。1990年(平成2年)4月10日、清野が、大友らを相手に「ノンタン」絵本についての著作権をめぐる訴訟を起こす[1]

1995年(平成7年)1月16日、死去した[1]。満61歳没。没後、離婚成立直前である1985年4月26日付の遺言書が発見された[1]。訴訟については、大友の没後、1998年(平成10年)3月30日に東京地方裁判所で判決が降り(裁判長西田美昭)[1]、1999年(平成11年)11月17日、東京高等裁判所で結審する(裁判長田中康久[9]

作品[編集]

国立国会図書館蔵書を中心とした一覧である[2]。「ノンタン」シリーズについては裁判の経緯を参考にした[1][9]。掲載号は不明だが『なかよし』(講談社)に『赤いカンナの花咲けば』『まい姫しずか』『白ゆりの旗』、『風車』(若木書房)に『まりちゃんのキューピッド』をそれぞれ描いている。

1951年 - 1953年[編集]

  • 『珍宝島探険』、大城のぼる・オオトモヨシヤス、中村書店、1951年 [10]
  • 『アベコベ猛獣狩り』、オオトモヨシヤス、中村書店、1951年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『フリード王子』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1952年
  • 『ジュリエッタ姫物語』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1953年
  • 『ジャングル探険隊』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1953年
  • 『魔法と宝剣』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1953年 - 漫画文庫58
  • 『アレキサンダー大王』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1953年
  • 『アラビアンナイト』、オオトモヨシヤス、鶴書房、1953年

1954年[編集]

  • 『金髪のジェニイ』、オオトモヨシヤス、中村書店、1954年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『海底のふしぎな冒険』、大友義康、中村書店、1954年 - ナカムラマンガシリーズ [11]
  • 『獅子若天狗』、オオトモヨシヤス、中村書店、1954年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『ゴルゴンの首』、おおともよしやす、東京漫画出版社、1954年 - 名作漫画文庫22(ギリシア神話ゴルゴーン」)
  • 『はちかづき姫』、おおともよしやす、東京漫画出版社、1954年 - 名作漫画文庫24(御伽草子鉢かづき」)
  • 『はまぐり姫』、大友義康、東京漫画出版社、1954年 - 名作漫画文庫27(日本民話「はまぐり姫」)

1955年[編集]

  • 『瓜子姫』、大友よしやす、東京漫画出版社、1955年 - 名作漫画文庫29(日本民話「うりこひめとあまのじゃく」)
  • 『うぐいす姫』、大友義康、東京漫画出版社、1955年 - 名作漫画文庫31(日本民話「鶯姫」)
  • 『左手の奇蹟 野口英世伝』、大友義康、東京漫画出版社、1955年 - 伝記漫画文庫37(野口英世伝記)
  • 『ほほえみちゃん』、オオトモヨシヤス、中村書店、1955年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『すずらん太郎』、オオトモヨシヤス、中村書店、1955年 - ナカムラマンガシリーズ 原作・南原伸二 日本文化放送連続放送劇としてラジオドラマ化
  • 『王女ナスカ』、オオトモヨシヤス、『なかよし』9月号別冊付録、講談社、1955年9月
  • 『赤いリボン』、オオトモヨシヤス、中村書店、1955年11月 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『次郎物語 前編』、オオトモヨシヤス、『なかよし』11月号別冊付録、講談社、1955年11月
  • 『次郎物語 後編』、オオトモヨシヤス、『なかよし』12月号別冊付録、講談社、1955年12月

1956年[編集]

  • 『小公子』、大友ヨシヤス、『なかよし』2月号、講談社、1956年2月
  • 『雪の少女 前編』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年2月 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『雪の少女 後編』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『荒城の月』、大友ヨシヤス、『なかよし』4月号別冊付録、講談社、1956年4月
  • 『黒い太陽』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『午前0時』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年6月30日
  • 『真珠のくびかざり』、オオトモヨシヤス、『少女』夏休み増刊号、光文社、1956年8月
  • 『おてんば日記』、オオトモヨシヤス、『少女』9月号-10月号、光文社、1956年9月-10月
  • 『あの道この道』、大友ヨシヤス、『なかよし』9月号別冊付録、講談社、1956年9月
  • 『影のない少女』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年9月 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『泣かないで泣かないで』、オオトモヨシヤス、『少女』11月号、光文社、1956年11月
  • 『続 影のない少女』、オオトモヨシヤス、中村書店、1956年12月 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『アルプスのかね』、大友ヨシヤス、『なかよし』12月号別冊付録、講談社、1956年11月

1957年[編集]

  • 『東京のお兄ちゃん』、オオトモヨシヤス、『少女』正月増刊号、光文社、1957年1月
  • 『マリちゃん』、オオトモヨシヤス、『少女』3月号、光文社、1957年3月
  • 『マリちゃんの小さな宝石箱』、オオトモヨシヤス、中村書店、1957年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『南極大陸』、オオトモヨシヤス、中村書店、1957年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『続 南極大陸』、オオトモヨシヤス、中村書店、1957年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『続 火を喰った小太郎』、オオトモヨシヤス、中村書店、1957年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『わすれな草』、オオトモヨシヤス、中村書店、1957年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『魔女と悪臣』、オオトモヨシヤス、富士見出版、1957年
  • 『ジャングル探検隊』、オオトモヨシヤス、富士見出版、1957年
  • 『りんごのねがい』、大友よしやす、『なかよし』6月号別冊付録、講談社、1957年6月
  • 『マリちゃんは知らない』、オオトモヨシヤス、『少女クラブ』第35巻第9号、講談社、1957年8月、p.183-192.

1958年 - 1959年[編集]

  • 『白鳥になったアンネ』、オオトモヨシヤス、『少女クラブ』第36巻第2号、講談社、1958年1月、p,153-168.
  • 『花もようの手ぶくろ』、大友よしやす、『なかよし』1月号別冊付録、講談社、1958年1月
  • 白蛇伝』、オオトモヨシヤス、中村書店、1958年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『妖奇伝』、オオトモヨシヤス、中村書店、1958年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『マリちゃん 1』、オオトモヨシヤス、中村書店、1958年 - オオトモヨシヤス選集I(短篇集)
  • 『いのちあるかぎり』、オオトモヨシヤス、中村書店、1958年6月 - マリちゃんのまんが
  • 『貝がら物語 1』、オオトモヨシヤス、中村書店、1958年 - ナカムラマンガシリーズ
  • 『くちずけ』、オオトモヨシヤス、『』通巻2号、若木書房、1958年
  • 『たけくらべ』、オオトモヨシヤス、『泉』通巻3号、若木書房、1958年
  • 『スピード探偵桃太郎』、オオトモヨシヤス、『少年画報』11月号別冊付録、少年画報社、1958年11月
  • 『マリちゃん 2』、オオトモヨシヤス、中村書店(中村惣次郎)、1959年2月 - オオトモヨシヤス選集II(短篇集)
  • 『マリちゃん 3』、オオトモヨシヤス、中村書店(中村惣次郎)、1959年 - オオトモヨシヤス選集III(短篇集)

1960年代[編集]

  • 『チャンピオン』、オオトモヨシヤス、『少年クラブ』第47巻第1号、講談社、1960年1月、p.151-159.
  • 『三人の脱獄囚』、オオトモヨシヤス、『少年クラブ』第47巻第2号、講談社、1960年1月、p.221-229.
  • 『たけくらべ』、オオトモヨシヤス、『』3集、東邦漫画出版、1960年9月
  • 『こいびと』、オオトモヨシヤス、『愛』5集、東邦漫画出版、1960年
  • 『残酷自殺刀』、オオトモヨシヤス、中村書店、1960年
  • 『悲しみは空の彼方へ』、オオトモヨシヤス、王冠マンモス文庫(東邦漫画出版)、1960年
  • 『ふたりのしあわせ』、オオトモヨシヤス、東邦漫画出版、1961年
  • 『家出したおかあさん』、オオトモヨシヤス、『ゆめ』3月号・通巻27号、若木書房、1962年3月9日
  • 『お父さんは大きらい』、オオトモヨシヤス、『ゆめ』10月号・通巻58号、若木書房、1964年10月
  • 『社会科の宿題』、オオトモヨシヤス、『ゆめ別冊』現代っ子特集、若木書房、1964年
  • 『テストなんかだいきらい』、オオトモヨシヤス、『風船』2月号・通巻5号、若木書房、1965年2月
  • 『パチンコパパ』、オオトモヨシヤス、『風船』4月号・通巻7号、若木書房、1965年4月
  • 『おこりんぼ先生』、オオトモヨシヤス、『風船』5月号・通巻8号、若木書房、1965年5月
  • 『ガメツイまりちゃん』、オオトモヨシヤス、『風船』8月号・通巻11号、若木書房、1965年8月
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』8月号・通巻44号、若木書房、1965年8月
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』9月号・通巻45号、若木書房、1965年9月
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』10月号・通巻46号、若木書房、1965年10月
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』4月号・通巻52号、若木書房、1966年4月 - はやし栄子長篇特集号
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』5月号・通巻53号、若木書房、1966年5月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』6月号・通巻54号、若木書房、1966年6月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 作品名不明、オオトモヨシヤス、『風車』9月号・通巻57号、若木書房、1966年9月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 『まりちゃんのまんが家弟子入り』、オオトモヨシヤス、『風車』11月号・通巻59号、若木書房、1966年11月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 『まりちゃんは天才である』、オオトモヨシヤス、『風車』1月号・通巻61号、若木書房、1967年1月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 『ウルトラお手伝いさん』、オオトモヨシヤス、『風車』2月号・通巻62号、若木書房、1967年2月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 『まりちゃんおおあばれ』、オオトモヨシヤス、『風車』4月号・通巻64号、若木書房、1967年4月
  • 『まりちゃんは見た』、オオトモヨシヤス、『風車』5月号・通巻65号、若木書房、1967年5月
  • 『まりちゃんと魔法使い』、オオトモヨシヤス、『風車』12月号・通巻68号、若木書房、1967年12月
  • 『ミニスタイルのまりちゃん』、オオトモヨシヤス、『風車』通巻69号(最終号)、若木書房、1968年7月 - オオトモヨシヤス長編特集号
  • 『笹笛お紋』、棚下照生とその一味(大友よしやす・伴砂夢・角谷和由)、『週刊平凡』第11巻第10号 - 第31号、平凡出版、1969年3月-8月
  • 『やさぐれお新』、棚下照生 / ヨシアキ・園小関カツジ・大友ヨシヤス・吉沢ツトム常山孝、『週刊ポスト』第2巻第20号・通巻39号、小学館、1970年5月

1970年代以降[編集]

  • 「コンピューター診断 一年生の教育テスト」、深谷昌志深谷和子野口芳宏小島宏飯田稔・大友康匠、『小学一年生』第30巻第2号、1974年5月 - イラスト
  • 「学習」、木原健太郎野田一郎・大友康匠・徳田徳志芸、『小学一年生』第31巻第1号、1975年4月 - イラスト
  • 『ノンタンぶらんこのせて』、おおともやすおみ・おおともさちこ偕成社、1976年8月
  • 『ノンタンおやすみなさい』、おおともやすおみ・おおともさちこ、偕成社、1976年8月
  • 『あかんベノンタン』、おおともやすおみ・おおともさちこ、偕成社、1976年10月
  • 『二人でノンタン』、大友康匠・大友幸子、文藝春秋、1982年4月
  • 『下村式 唱えて覚える ひらがなあいうえお』、下村昇・おおともやすおみ・おおともさちこ、偕成社、1985年1月 ISBN 4032030502
  • 『おみちゃん さっちゃんのこども え じてん』、しおのよねまつ・おおともやすおみ・おおともさちこ、求龍堂、1984年6月
  • 『まいごのプックン (こぐまのプックン)』、おおともやすおみ、あかね書房、1993年11月 ISBN 4251003020
  • 『なかよくプックン (こぐまのプックン)』、おおともやすおみ、あかね書房、1994年1月 ISBN 4251003012
  • 『やだやだプックン (こぐまのプックン)』、おおともやすおみ、あかね書房、1994年4月 ISBN 4251003039

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 共同著作名義「ノンタン」絵本事件東京地方裁判所、1998年3月30日付、日本ユニ著作権センター、2012年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h リサーチ「おおともよしやす」、国立国会図書館、2012年10月1日閲覧。
  3. ^ a b 東光少年、戦後日本少年少女雑誌データベース、寿限無、2012年10月1日閲覧。
  4. ^ オオトモ[1958]、表1・表4。
  5. ^ 吉村、p.84.
  6. ^ 横山[2010]、p.5.ほか
  7. ^ 週刊平凡 11(10)、国立国会図書館、2012年10月2日閲覧。
  8. ^ 週刊ポスト 2(20)(39)、国立国会図書館、2012年10月2日閲覧。
  9. ^ a b 共同著作名義「ノンタン」絵本事件 (2)東京高等裁判所、1999年11月17日付、日本ユニ著作権センター、2012年10月1日閲覧。
  10. ^ 清水、p.213.
  11. ^ 清水、p.220.

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]