鉢かづき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鉢かづき(はちかづき)は、古典の「お伽草子」の話の一つ。鉢かづき姫鉢かつぎ姫とも呼ばれる。

「かづき」は「頭にかぶる」という意味の古語「かづく」(被く)の活用形であり、現代語にもある「かつぐ」(担ぐ)の活用形ではない。

場合によっては「かづき」の表現を現代語に訳して鉢かぶり姫ということもある。

内容[編集]

『三草紙絵巻』より「鉢かづき」。家を追い出されてさまよう鉢かづき姫。

昔、河内国に寝屋備中守藤原実高という長者が住んでいた。長谷観音に祈願し、望み通りに女の子が生まれ、やがて美しい娘に成長した。しかし母親が亡くなる直前、長谷観音のお告げに従い娘の頭に大きな鉢をかぶせたところ、鉢がどうしてもとれなくなってしまった。

母親の死後この娘(鉢かづき姫)は、継母にいじめられ家を追い出された。世をはかなんで入水をしたが、鉢のおかげで溺れることなく浮き上がり、「山蔭三位中将」という公家に助けられて、風呂焚きとして働くことになった。中将の四男の「宰相殿御曹司」に求婚されるが、宰相の母はみすぼらしい下女との結婚に反対し、宰相の兄たちの嫁との「嫁くらべ」を行って断念させようとする。

ところが嫁くらべが翌日に迫った夜、鉢かづき姫の頭の鉢がはずれ、姫の美しい顔があらわになった。しかも歌を詠むのも優れ、学識も豊かで非の打ち所が無い。嫁くらべのあと、鉢かづき姫は宰相と結婚して3人の子どもに恵まれ、長谷観音に感謝しながら幸せな生活を送った。

なお、藤原実高がすんでいたのは、現在の寝屋川市のあたりとされており、寝屋川の民話として紹介されていることがある。また、姫の名は、初瀬山の長谷観音にちなんで付けられた「初瀬姫」と伝えられている。

その後の話[編集]

若君の兄嫁たちと美貌や宝物や才覚を競う話がつづき、継母と不仲になって屋敷を出た父君との再会が果たされる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]