土井勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どい まさる
土井勝
生誕 (1921-01-05) 1921年1月5日
香川県高松市
死没 (1995-03-07) 1995年3月7日(74歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 海軍経理学校
職業 料理研究家
著名な実績 土井勝料理学校校長
テレビ番組きょうの料理
土井勝の紀文おかずのクッキング
配偶者 土井信子
子供 土井敏久(長男)、土井善晴(次男)

土井 勝(どい まさる、1921年1月5日 - 1995年3月7日)は、日本料理研究家香川県高松市出身。

生涯[編集]

海軍経理学校卒業後、兵役につく。その後、大阪堂島割烹学院に入学、卒業後に助手として勤務。1953年、後の「土井勝料理学校」の母体となる「関西割烹学院」を設立。日本の家庭料理の研究と普及に尽力し、多数の著書を執筆。1953年の試験放送よりテレビ放送に出演。NHK総合テレビの『きょうの料理』や、テレビ朝日の『土井勝の紀文おかずのクッキング』などにも出演し主婦層を中心に手軽に作れる家庭料理を数多く紹介、「おふくろの味」を流行語にした。

関西の家庭料理研究の第一人者として、没後の現在でも広く知れわたった存在である。丁寧で上品な話し方、独特の柔らかい関西イントネーション(いわゆる船場言葉)と微笑を絶やさず、的確なコツで指導していた。

土井は幼年期に「母の包丁の音」を楽しく聞いた記憶から、家庭料理に重点を置き、家庭で作られる料理法を追求した。

なかでも、土井が残した大きな功績として15年がかりで編み出したといわれる「おせち料理における黒豆を簡単に煮上げる方法」は特に有名である。50年の集大成『日本のおかず500選』は、没後の今日でもベストセラーとなっている。

1995年3月7日肝臓がんのため大阪市住吉区の自宅で死去。74歳没。

妻は土井信子(どい のぶこ、1931年8月18日 - 2010年7月1日)、長男は土井敏久、次男は土井善晴で、いずれも料理研究家である。『おかずのクッキング』の司会は土井勝が体調を崩してからは次男の土井善晴が引継ぎ、現在は週1回放送している。

エピソード[編集]

  • 料理人を目指したのは、幼少時に母が「守り本尊はお不動様だから、火と水を使う仕事につくといい」と言っていたのを覚えていたため[1]
  • プロ野球南海ホークスの熱心なファンとして知られた。当時南海の監督だった鶴岡一人に依頼されて、合宿所食堂の献立を作成していた。
  • ヘラブナ釣りが趣味で、生前ヘラブナ釣りに関する本の執筆、テレビの釣り番組への出演など、ヘラブナ釣りのファンの間では知られた存在だった。
  • 不開催に終わった1940年東京オリンピックでは短距離走候補選手でもあった。

著作[編集]

単行本[編集]

  • 「おふくろの味 」(創元社、1966)
  • 「へらぶな釣り 全」 (東京書店、1968)(共著:鈴木魚心)
  • 「日本料理の基礎」 (NHKきょうの料理) (NHK出版、1971)
  • 「エレック日本料理」(大門出版、1973)
  • 「土井勝の家庭料理」 (お料理社、1973)
  • 「電子レンジでつくる日本料理」 (主婦と生活社、1974)
  • 「日本料理秘訣集―自分の味をつくりだす」(光文社、1974)
  • 「四季の献立 おもてなしから毎日の献立まで」(お料理社、1975)
  • 「お正月料理 」(お料理社、1976)
  • 「四季のつけ物―即席づけから保存づけまで」 (講談社、1981)
  • 「基礎日本料理 新版 」(柴田書店、1983)
  • 「野菜のおかず」 (家の光協会、1983)
  • 「魚のおかず」 (家の光協会、1984)
  • 「新編 かあさんの味づくり―ことわざ・歳時記でおぼえる料理の秘訣読本」(共著:土井信子) (婦人生活社、1985)
  • 「お弁当と常備菜」 (家の光協会、1985)
  • 「味は人なり (わが青春譜) 」 (佼成出版社、1985)
  • 「酒の肴250種」 (家の光協会、1985)
  • 「土井勝のおいしい糖尿病食―おいしさを考えた糖尿病の食事療法」 (主婦の友社、1985)
  • 「キッチンと食卓のあいだ」(共著:土井信子) (創元社、1985)
  • 「土井勝のおいしい高血圧食―薄味を生かした高血圧の食事療法」 (主婦の友社、1986)
  • 「土井勝のおいしい和食ダイエット―無理なくできる肥満解消の食事療法」 (主婦の友社、1986)
  • 「土井勝のおいしい胃潰瘍食―胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃弱の食事療法「 (主婦の友社、1986)
  • 「土井勝の今夜のおかず・魚料理」(ニュー・ライフ・ブックス)(文化出版局、1986)
  • 「土井勝の今夜のおかず・肉料理」(ニュー・ライフ・ブックス)(文化出版局、1986)
  • 「土井勝のおいしい高脂血症食―コレステロールと中性脂肪の多い人の食事療法」 (主婦の友社、1986)
  • 「土井勝 今夜のおかず」 (創元社、1986)
  • 「わたしの包丁ブレイク」 (文化出版局、1987)
  • 「土井勝のおいしい腎臓病食―腎炎、腎不全、人工透析中の人の食事療法」 (主婦の友社、1987)
  • 「土井勝のおいしい健康回復食―ちょっと具合の悪いときの食事 元気が出る、体にいい食事」 (主婦の友社、1987)
  • 「和風のおかず」 (家の光協会、1988)
  • 「土井勝の新しい和風のおかず」 (講談社、1991)
  • 「家庭料理の基本とコツ」 (講談社、1992)
  • 「おいしい家庭料理のコツ」 (家の光協会、1992)
  • 「ほんとうの味 ほんとうの幸せ―語り継ぎたい大切なこと」(経済界、 1994)
  • 「日本のおかず500選:料理人生五十年-味は人なり」 (監修・料理:土井勝)(テレビ朝日事業局出版部、1995)
  • 「基礎日本料理 復刻版」 (柴田書店、2010)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「オヤジ群像」読売新聞社(1976年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]