今治タオル工業組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四国タオル工業組合から転送)
移動先: 案内検索
今治タオル工業組合
IMABARI TOWEL INDUSTRIAL ASSOCIATION
Texport Imabari 01.JPG
種類 事業協同組合
本社所在地 日本の旗 日本
794-0033
愛媛県今治市東門町5丁目14-3
設立 1952年11月1日
事業内容 タオル製造業に関する指導及び教育
・タオル製造業に関する情報又は資料の収集及び提供
・タオル製造業に関する調査研究
・組合員のために行う組合ブランド推進事業
・共同購買事業、共同金融事業他
代表者 代表理事 井上裕基
資本金 120,466千円
売上高 年間総収入:751百万円(平成27年度)
従業員数 9名(員外理事1人含む)
外部リンク http://www.itia.or.jp/index.html
テンプレートを表示

今治タオル工業組合(いまばりたおるこうぎょうくみあい)は、愛媛県内のタオルメーカーによる業界団体である。主に愛媛県今治市西条市松山市のタオルメーカーが加盟している。

沿革[ソースを編集]

  • 1952年 - 中四国タオル調整組合を設立。
  • 1958年 - 四国タオル工業組合に改組。
  • 1964年 - 出資組合に移行。
  • 2017年 - 今治タオル工業組合に改組。

組合員数[ソースを編集]

1976年のピーク時には500社のタオルメーカーが加盟していた。しかし、1990年代から2000年代にかけて安価な中国ベトナム産タオルの輸入が急増しタオルメーカーの倒産・撤退が相次ぎ、2016年現在で110社まで減少している[1]

主な加盟企業[ソースを編集]

主な取り組み[ソースを編集]

今治タオルプロジェクト[ソースを編集]

国のJAPANブランド育成支援事業の補助事業として組合や商工会議所などのもと2006年から「今治タオルプロジェクト」が進められている。

組合で基準を設け基準をクリアした製品に対し「今治タオル」のブランドマーク&ロゴを付与している。なお、「今治タオル」は組合の商標登録である。また、2007年より今治商工会議所と共同でタオルに関する知識などを問うタオルソムリエ資格試験の実施や国内外の見本市への出展など様々な取り組みが行われている。

クリエイティブ・ディレクター佐藤可士和が総合プロデューサーを務めている。

関連項目[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ タオルデータ - 今治タオル工業組合
[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]