問題のない私たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
問題のない私たち
ジャンル サスペンス
小説:問題のない私たち
著者 牛田麻希
イラスト 木村文[注釈 1]
出版社 集英社
レーベル コバルト文庫
発売日 2001年12月10日
漫画:問題のない私たち
作者 木村文
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2001年6月号 - 2003年10月号
発表期間 2001年5月13日 - 2003年9月13日
巻数 全3巻
映画:問題のない私たち
監督 森岡利行
制作 フォーピース
封切日 2004年2月28日
上映時間 98分
テンプレート - ノート 

問題のない私たち』(もんだいのないわたしたち)とは牛田麻希著作の小説、同作を漫画化した木村文の漫画、および、同作映画タイトル。 

小説[編集]

牛田麻希のデビュー作。著者は執筆当時現役の中学3年生だった。集英社コバルト文庫から2001年12月10日に出版。

刊行情報[編集]

漫画[編集]

あらすじ[編集]

第1部[編集]

笹岡澪はクラスを牛耳るいじめの主犯格で、潮崎マリアを施川ミズキ、松野アヤと共にいじめており、マリアのいじめは彼女が自分達に与える不快感による近親憎悪への正当防衛だと主張、「死ぬくらいの勇気があるなら、刃向っていけばいいのに」と思っていた。その時、転校生の新谷麻綺が現れる。澪は麻綺が気に入らずいじめるが、麻綺はミズキ、アヤ含むクラスメイト達と共に逆に澪をいじめ始め、クラスでの権力は麻綺に移り、完全に立場逆転してしまう。 

父親は気付いてくれるかと思いきや、再婚の準備で向き合ってくれない。そんな中、唯一手を差し伸べてくれたのは、澪が以前いじめていたマリアだった。 

第2部[編集]

澪の父親が桃花と結婚、父親達は新婚旅行へ行く。その間澪が夕食を買いにコンビニへ行くと、担任の加藤先生が万引きしているのを目撃。加藤は翌日体調不良を理由に休み、自習となる。加藤はその翌日に、自習に出した問題が丸写しされているとして、澪を問いつめる。澪は否定するが、加藤は澪が言い訳するのは片親が原因だと発言、切れた澪は加藤が万引きしていた事を暴露。が、これが原因となり、澪は「キレる生徒」のレッテルを貼られてしまう。

翌日澪は加藤に呼び出され、万引きしていた事を否定して欲しいと頼まれる。しかしその様子はビデオに撮影されており、しかも加藤の良い様に編集されてしまう。澪は停学処分となる。 

澪が停学処分を終え、学校に登校すると、加藤がクラスを牛耳っていた。澪は対抗するかと思いきや、加藤に屈してしまった為、クラスメイト達の信頼をも失ってしまう。だが、納得の行かなかった澪は授業をエスケープ。ここから反撃が始まり、加藤は学校を辞める事となる。しかし澪はいじめを受けていた苦しみから加藤の気持ちが理解でき、何らかの違和感を覚える。

第3部[編集]

澪達の学校に新入生が入ってくる。その中に明らかに毛色の違う山下翠を発見。翠は早速先輩に目を付けられるが、澪と麻綺が助ける。だが翠は助けてくれた2人を「偽善者」扱いする。 

だが、あるきっかけで澪と翠は仲良くなる。互いを知り合っていくが、ある時翠は切れ、澪の前でリストカットをする。それ以来澪は翠を避け始める。翠がリストカットを始めたのには過去が関係していた。それは、中学受験によるプレッシャーであった。些細なるSOSだったが、親から注意され手の甲の自傷行為は腕へと変る。その後翠は中学受験に失敗。

澪は翠を救うことを決意。「1人じゃない」と必死に励まし、翠は更生の道を歩んで行く。

登場人物[編集]

笹岡 澪(ささおか みお)
本作の主人公。父子家庭に育った女子高生。学校では有名な存在。クラスを牛耳るいじめの主犯格だったが、転校生のマキからいじめに合う様になり、立場が逆転する。
3年生に「先生を辞任に追い込もうとし、クラス全員いじめた」との噂を流された事がある。澪の様な人物は先輩からいじめられてもおかしくないが、この噂のせいで澪に近づいたり、刃向かおうとしたりする先輩や先生はいない。先生や先輩に臆することなく意見する程気が強い反面、友達思いで後輩の面倒見が良い一面を持つ。
新谷 麻綺(しんたに まき)
転校生で澪のクラスメイト。ストレートのロングヘアー。澪から目を付けられいじめに合うが、後に立場が逆転し、澪をいじめ、作り話や他人を出し抜いてまで徹底的にいじめる。澪同様、学校内で知らぬ者がいないほどの有名人で先輩や先生ですら恐れる存在となっている。澪にも屈しないほどの気の強さを持ち、時折照れて心無い発言をしてしまう事がある。
潮崎 マリア(しおざき まりあ)  
澪のクラスメイトで、いじめられっ子。髪が長く、体系はぽっちゃり系。澪からいじめに合っている。だが澪がいじめに合い始めてから友達となる。頭が良い優等生で、自習の際は皆に頼られていた。
施川 ミズキ(せがわ みずき)
澪の7年来の親友でクラスメイト。
松野 アヤ(まつの あや)
澪のクラスメイト。
笹岡 桃花(ささおか ももか)
澪の父親の再婚相手(いわゆる継母)。
加藤(かとう)
澪達の1、2年生時の担任教師。澪にコンビニで万引きしているのを目撃される。澪が学校側にその事を言わない様に、停学処分まで下すが、厳しすぎて自身が退職寸前になる。だが澪の助けによって退職は免れる。
山下 翠(やました みどり)
新入生。制服改造や素行の悪さで、先輩から目を付けられる。澪達に助けられるが、「偽善者」と言い放ち拒絶する。友達を拒むのには、親から信頼されない過去とリストカットをしているのが関係していた。非常に派手な格好をしており、髪はピンク色。制服はロリータファッション風に改造している。

単行本[編集]

映画[編集]

問題のない私たち
監督 森岡利行
脚本 森岡利行
製作 堀田昇司
及川次雄
江尻健司
小林岳夫
山地昇
出演者 黒川芽以
沢尻エリカ
美波
音楽 奥野敦士
撮影 斎藤幸一
編集 矢船陽介
配給 レジェンド・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2004年2月28日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

舞台[編集]

2011年8月9日 - 14日にストレイドッグのプロデュースにより舞台版がテアトルBONBONにて上演された。2012年4月6日 - 8日には座・高円寺にて再演された。

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ きむら あや、6月2日生まれ、神奈川県横浜市出身。2003年現在東京都在住。血液型A型。身長156cm、体重不明[1]。本作以外に『純愛エゴイスト』(講談社ピテカントロプス掲載)などがある。

出典[編集]

  1. ^ 『問題のない私たち』第3巻柱に掲載された自己紹介文により

 

外部リンク[編集]