五経正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
周易正義から転送)
移動先: 案内検索

五経正義』(ごきょうせいぎ)は、中国太宗の勅を奉じて、孔穎達等が太宗の貞観年間より高宗永徽年間にかけて撰した『周易』『尚書』『毛詩』『礼記』『春秋左氏伝』の五経の疏である。180巻。宋代には経注と合刻されて『十三経注疏』に収められた。

儒教経典を研究する経学においては、が、本文としての「」に対する「」の時代であり、南北朝時代が、その「注」に対する「義疏」の学問が盛行した時代である。南朝北朝とでは、それぞれ奉ずる注が異なっており、諸説紛紛たる様であった。

太宗は、儒教の盛大なる様を誇示し、なおかつ南北の諸説を統一しようという意図を持って、孔穎達に代表される多くの学者を動員して、『五経義訓』(後の『正義』)を撰せしめた。その意図するところは、南北諸説の統一にあったのだが、結果的には南人の奉ずる注・疏を多く採用することとなった。

また、本書が出現したために、科挙を受験する諸生は専らこれを暗記するのみとなってしまい、他の注や義疏が忘れ去られる結果となり、かえって唐代の経学は本書によって停滞してしまったと言える。

対象とした注と底本は以下の通りである。

書名 底本
周易正義 王弼注・韓康伯 底本なし。褚仲都『周易講疏』、張譏『周易講疏』、周弘正『周易義疏』、何妥『周易講疏』を適宜参照。
尚書正義 孔安国 劉焯『尚書義疏』、劉炫『尚書述義』
毛詩正義 毛亨毛萇伝、鄭玄 劉焯『毛詩義疏』、劉炫『毛詩述義』
礼記正義 鄭玄 皇侃『礼記義疏』、熊安生『礼記義疏』
春秋正義 杜預春秋経伝集解 劉炫『春秋述義』、沈文阿『春秋経伝義略』