呂成海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呂 成海 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨ・ソンヘ
ラテン文字 Yeo Sung-Hye
ハングル 여성해
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 (1987-08-06) 1987年8月6日(29歳)
出身地 韓国
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 松本山雅FC
ポジション DF
背番号 2
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2014 日本の旗 サガン鳥栖 112 (3)
2014-2016 韓国の旗 慶南FC 28 (1)
2015-2016 韓国の旗 尚州尚武FC (loan) 23 (2)
2017- 日本の旗 松本山雅FC
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

呂成海(ヨ・ソンヘ、여성해、1987年8月6日 - )は、韓国出身のプロサッカー選手Jリーグ松本山雅FC所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

漢陽大学校在学時の2009年からJリーグサガン鳥栖の練習に参加しており、卒業後にそのまま鳥栖に入団。恵まれた体格を生かした守備で1年目からセンターバックのレギュラーに定着。2011年には31試合に出場し、鳥栖のJ1昇格に貢献した[1]

2014 FIFAワールドカップに伴うJリーグ中断期間中の2014年5月27日、鳥栖から慶南FCへの移籍が発表された。徴兵中にサッカーを続けるための移籍だという[1][注 1]

その後2015年から2年間の徴兵期間中は尚州にてプレーしていたが、所有権は引き続き慶南が保持していた[3]

2017年1月10日、松本山雅FCへの完全移籍が発表された[4]

人物[編集]

流暢な日本語を話せるが、鳥栖時代のインタビューは通訳の金正訓を介して行っていた。本人の言っていない言葉を混ぜた金通訳の“意訳”に呂が「そんなこと言ってない」と突っ込みを入れることもよくあるという[5]

韓国に帰国後も自身のTwitterの投稿の多くは日本語である。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

  • 韓国の旗 浦項製鉄東小学校
  • 韓国の旗 浦項製鉄中学校
  • 韓国の旗 安養工業高校
  • 韓国の旗 漢陽大学校

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 鳥栖 20 J2 25 0 - 2 0 27 0
2011 31 2 - 1 0 32 2
2012 J1 27 1 5 0 1 0 33 1
2013 29 0 3 0 2 1 34 1
2014 10 0 3 0 - 12 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2014 慶南 Kリーグ 20 1
2015 尚州尚武 Kリーグチャレンジ 19 2
2016 Kリーグ 4 0
慶南 Kリーグチャレンジ 8 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2017 松本 2 J2
通算 日本 J1 66 1 11 0 3 1 80 2
日本 J2 56 2 - 3 0 59 2
韓国 Kリーグ 24 1
韓国 Kリーグチャレンジ 27 2
総通算 173 6 11 0 6 1 188 7

代表・選抜歴[編集]

  • 2007年 韓国大学選抜
  • 2009年 韓国大学選抜

脚注[編集]

[ヘルプ]

注記[編集]

  1. ^ 大韓民国国軍体育部隊傘下のサッカークラブである尚州尚武FC(Kリーグ所属)へ入団するためには、一定期間Kリーグのクラブに所属し、そこから移籍する必要があるため[2]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]