金正訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 正訓 Football pictogram.svg
名前
愛称 チョンフン 、 チョンフィー
カタカナ キン・チョンフン
ラテン文字 KIM JUNGHOON
ハングル 김정훈
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1986-05-15) 1986年5月15日(33歳)
出身地 大阪府大阪市生野区
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DFMF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 正訓(キン・チョンフン、キム・ジョンフン、김정훈1986年5月15日-)は、大阪府出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時のポジションはディフェンダーミッドフィールダー。現役引退後は、サガン鳥栖で監督通訳、トップチームコーチ、強化部スポーツダイレクターを歴任した。

来歴[編集]

中学・高校年代をガンバ大阪の下部組織で過ごし、韓国の年代別代表に選出された経験を持つ。2002年AFC U-17選手権では、韓国代表として1試合を除き全試合にフル出場。アジア制覇に貢献した。2003年FIFA U-17世界選手権にも出場。ガンバ大阪のユースチームではディフェンスの要として活躍したが、トップチーム昇格の夢は叶わなかった。

2006年J2サガン鳥栖に加入するも、同年7月に鳥栖の選手通訳(韓国語)に転身した。

2007年より再びサッカー選手としてルネス学園甲賀サッカークラブでプレーし、2009年にJFLMIOびわこ草津へ入団したが、同年12月12日、現役引退を発表した。[1]

翌年の2010年からは、再び古巣サガン鳥栖に復帰し、監督通訳を務めた[2]

2015年にはサガン鳥栖のトップチームコーチ兼通訳に就任[3]

2016年からはサガン鳥栖のトップチームコーチに就任し、指導者としてのキャリアを始めた。2018年秋には強化部に籍を移し、2019年は強化部スポーツダイレクターを務め、当年末に退任した[4]

2020年からはカマタマーレ讃岐のトップチームコーチに就任した。[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

シニア経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 鳥栖 32 J2 0 0 - - 0 0
2007 ルネス甲賀 36 関西2部 6 0 - - 6 0
2008 12 2 - - 12 2
2009 びわこ 6 JFL 24 1 - - 24 1
通算 日本 J2 0 0 - - 0 0
日本 JFL 24 1 - 0 0 24 1
日本 関西2部 18 2 - - 18 2
総通算 42 3 - - 42 3

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2010年 - 2014年 サガン鳥栖 :監督通訳
  • 2015年 - サガン鳥栖 : コーチ(通訳兼任)
  • 2016年 - 2018年10月 サガン鳥栖 : トップチームコーチ
  • 2018年10月 - サガン鳥栖強化部
  • 2019年2月 - 12月 サガン鳥栖強化部スポーツダイレクター
  • 2020年 - カマタマーレ讃岐:トップチームコーチ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金正訓選手 現役引退のお知らせ
  2. ^ 2010サガン鳥栖 トップチーム新体制のお知らせ
  3. ^ トップチームコーチ就任のお知らせ サガン鳥栖公式サイト 2015年1月13日
  4. ^ 金正訓 強化部スポーツダイレクター退任のお知らせサガン鳥栖公式 - 2019年12月15日
  5. ^ 金 正訓 氏 トップチーム コーチ就任のお知らせ” (日本語). カマタマーレ讃岐オフィシャルサイト. 2020年1月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]