吉野修一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉野 修一郎
基本情報
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-09-28) 1991年9月28日(31歳)
出身地 栃木県鹿沼市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 16
KO勝ち 12
テンプレートを表示

吉野 修一郎(よしの しゅういちろう、1991年9月28日 - )は、日本プロボクサー栃木県鹿沼市出身。第62代日本ライト級王者。第47代OPBF東洋太平洋ライト級王者。現WBOアジアパシフィックライト級王者。三迫ボクシングジム所属。入場曲はウルフルズの『ガッツだぜ!![3]

人物[編集]

母はフィリピン人[4]

ボクシングを始めたきっかけは父と叔父の影響[5]

作新学院高校時代は、インターハイ国体選抜(2度)で優勝を果たして高校4冠[6]となって東京農業大学に進学。大学時代は国体と国際大会で2度準優勝を果たし[7]、ボクシング部の後輩に中澤奨がいる[8]

大学卒業はサラリーマンになるが、1年のブランクを経てプロ入りを決断[9]

来歴[編集]

2015年12月14日に後楽園ホールでペッジャー・シットパーセーンとウェルター級4回戦を戦い、3回2分40秒TKO勝ちを収めてデビュー戦を白星で飾った[10]

2016年10月13日に後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」にて日本ライト級12位の恩庄健太と61.5キロ契約8回戦を戦い、3回0分51秒TKO勝ちを収めた[11]。なおこの勝利でJBCの発表した最新ランキングで初めてライト級日本ランク入りを果たす[12]

その後2連勝して、2017年10月21日に後楽園ホールで日本ライト級2位のスパイシー松下と日本ライト級王座決定戦を行い、7回1分23秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[13]

そして2018年2月8日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで日本ライト級1位の斉藤正樹と日本ライト級タイトルマッチを行い、1回2分36秒TKO勝ちを収めて日本王座初防衛に成功した[14]。なおこの試合で東日本ボクシング協会から2018年2月度月間賞MVPを受賞した[15]

2018年6月14日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで日本ライト級7位の前田絃希と日本ライト級タイトルマッチを行い、9回2分49秒KO勝ちを収めて日本王座2度目の防衛に成功した[16]

2018年12月13日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」にて日本ライト級10位の小林和優と日本ライト級タイトルマッチを行い、3回1分37秒TKO勝ちを収めて日本王座3度目の防衛に成功した[17][18]

2019年4月11日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」にて日本ライト級1位で指名挑戦者のアクセル住吉と日本ライト級タイトルマッチを行い、7回2分12秒TKO勝ちを収め日本王座4度目の防衛に成功した[19]

2019年10月10日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックライト級王座決定戦としてハルモニート・デラ・トーレと対戦し、1回2分10秒TKO勝ちを収め、2つの王座を獲得した[20]

2020年2月13日、後楽園ホールで日本ライト級1位の指名挑戦者である富岡樹と対戦。1回に富岡の右カウンターでダウンを奪われるものの、8回に畳み掛け、8回1分55秒TKO勝ちを収め、日本王座の5度目の防衛に成功した[21]

2020年9月3日、後楽園ホールで元日本スーパーライト級王者で、日本・WBOアジアパシフィックライト級2位、東洋太平洋同級8位の細川バレンタインと対戦し、12回3-0(120-108、119-109×2)で判定勝ちを収め、王座の防衛に成功した[22]

2021年8月12日、日本ライト級10位の仲里周磨と対戦し、6回2分20秒TKO勝ちを収め、7度目の防衛に成功した[23]

2022年4月9日、さいたまスーパーアリーナで行われたゲンナジー・ゴロフキン 対 村田諒太戦興行において、元WBOスーパーフェザー級王者の伊藤雅雪と対戦し、11回2分6秒負傷判定勝ちを収め、OPBF王座、WBOアジアパシフィック王座の2度目の防衛に成功した[24]

2022年11月1日、さいたまスーパーアリーナで行われた寺地拳四朗 対 京口紘人戦興行において、中谷正義とWBOアジアパシフィックライト級タイトルマッチで対戦し、6回1分14秒TKO勝ちを収め、WBOアジアパシフィック王座の3度目の防衛に成功した[25]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング - 124戦104勝20敗
  • プロボクシング - 16戦16勝0敗0分(12KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2015年12月14日 3R 2:40 TKO ペッジャー・シットパーセーン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2016年2月11日 6R 判定3-0 チャイヨン・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
3 2016年10月13日 3R 0:51 TKO 恩庄健太(渡嘉敷) 日本の旗 日本
4 2017年4月13日 8R 判定3-0 加藤善孝角海老宝石 日本の旗 日本
5 2017年8月10日 2R 0:30 TKO カティカー・サイトーンジム タイ王国の旗 タイ
6 2017年10月21日 7R 1:23 TKO スパイシー松下(セレス 日本の旗 日本 日本ライト級王座決定戦
7 2018年2月8日 1R 2:36 TKO 斉藤正樹 (10COUNT) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
8 2018年6月14日 9R 2:49 KO 前田絃希(グリーンツダ 日本の旗 日本 日本王座防衛2
9 2018年12月13日 3R 1:37 TKO 小林和優(RK蒲田) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
10 2019年4月11日 7R 2:12 TKO アクセル住吉(関門JAPAN) 日本の旗 日本 日本王座防衛4
11 2019年10月10日 1R 2:10 TKO ハルモニート・デラ・トレ フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィックOPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦
12 2020年2月13日 8R 1:55 TKO 富岡樹(REBOOT.IBA) 日本の旗 日本 日本王座防衛5
13 2020年9月3日 12R 判定3-0 細川バレンタイン(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本王座防衛6・OPBF王座防衛1・WBOアジアパシフィック王座防衛1
14 2021年8月12日 6R 2:20 TKO 仲里周磨(ナカザト) 日本の旗 日本 日本王座防衛7
15 2022年4月9日 11R 2:06 負傷判定3-0 伊藤雅雪横浜光 日本の旗 日本 OPBF王座防衛2・WBOアジアパシフィック王座防衛2
16 2022年11月1日 6R 1:14 TKO 中谷正義帝拳 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィック王座防衛3
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第62代日本ライト級王座(防衛7=返上)
  • 第47代OPBF東洋太平洋ライト級王座(防衛2)
  • WBOアジアパシフィックライト級王座(防衛3)

脚注[編集]

  1. ^ 吉野、左フック一発で3回TKO!「手応えあった」 3度目の防衛に成功/BOX サンスポ 2018年12月14日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】ライト級 (61.23 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 【ボクシングコラム】~Fanfare~我が入場曲 Vol.3 日本・東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・ライト級チャンピオン 吉野修一郎[三迫] ベースボールマガジン社WEB 2019年12月24日
  4. ^ 【新刊紹介】父は日本人、母はフィリピン人:本橋信宏著『ハーフの子供たち』
  5. ^ 吉野 修一郎(ヨシノ シュウイチロウ) マイベスト株式会社
  6. ^ 高校4冠から世界へ! 吉野修一郎 Sports Funding
  7. ^ 三迫ジムにアマエリートが入門 ボクモバニュース 2015年7月25日
  8. ^ 関東王者・東農大がV3 ボクモバニュース 2013年1月8日
  9. ^ 12.14戸部洋平が復帰戦、元アマ吉野修一郎は初陣 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月11日
  10. ^ 伊藤雅雪が初防衛、江藤伸悟に大差判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月14日
  11. ^ 竹中良がOPBF王座V2、谷口将隆はIBF12位下す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月13日
  12. ^ 2016年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  13. ^ 吉野修一郎が無傷の6連勝、日本ライト級王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月21日
  14. ^ 吉野修一郎が圧巻の初回TKO勝ち、日本ライト級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月8日
  15. ^ 2月の月間MVPは吉野修一郎、敢闘賞は木村隼人 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月6日
  16. ^ 吉野修一郎は9回KO勝ち 日本ライト級V2 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月14日
  17. ^ 吉野修一郎が3連続KO勝ち 圧勝で日本ライト級V3 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月13日
  18. ^ 吉野修一郎が3度目防衛「しっかり仕留められた」 日刊スポーツ 2018年12月13日
  19. ^ 吉野修一郎が圧巻の4連続KO防衛 日本ライト級戦 Boxing News(ボクシングニュース)2019年4月11日
  20. ^ 吉野修一郎がライト級3冠 左一発でWBOアジア獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月10日
  21. ^ 吉野修一郎が8回TKO勝ちで日本ライト級V5 富岡樹は7回までリードも健闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2020年2月13日
  22. ^ 吉野修一郎がライト級3冠守る 日本王座はV6 元S・ライト級王者の細川バレンを寄せ付けず Boxing News(ボクシングニュース)2020年9月3日
  23. ^ 吉野修一郎が6回TKOで日本ライト級V7 仲里周磨は健闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2021年8月12日
  24. ^ アジア2冠王者の吉野修一郎が元世界王者の伊藤雅雪を下す 国内ライト級対決は11回負傷判定 Boxing News(ボクシングニュース)2022年4月9日
  25. ^ 吉野修一郎が国内ライト級最強を証明 実力者世界ランカー中谷正義に6回KO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2022年11月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
西谷和宏
第62代日本ライト級王者

2017年10月21日 - 2021年12月(返上)

次王者
宇津木秀