受難曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

受難曲(じゅなんきょく、: passion)は、新約聖書マタイマルコルカヨハネの4つの福音書に基づくイエス・キリスト受難を描いた音楽作品をいう。受難曲はキリスト教聖週間における典礼と密接に結びつき、中世以来の長い伝統を有しており、17世紀から18世紀には、ルター派圏内で合唱管弦楽を伴うオラトリオ受難曲が数多く作曲された。現代においても、演奏会または典礼用の受難曲が新たに創作されている。

受難曲の起源[編集]

キリスト教では、聖週間の典礼においてイエスの受難を追想するため、かなり早い時期から受難物語の朗唱が行われていた。今日に残る最も古い記録は、スペイン修道女エゲリアが、381年から384年エルサレムを巡礼した際、当地で行われた礼拝に関するものである。

10世紀以降のローマ・カトリック教会では、枝の主日、聖火曜日、聖水曜日、聖金曜日の典礼において、それぞれマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ福音書に基づく受難物語が指定され、助祭がその朗唱を担当した。朗唱は朗唱音と呼ばれる一定の音を繰り返す朗唱定式にしたがって行われ、その調子、速度、音量等は、表示文字 (litterae significativae) やネウマによって記譜された。受難曲の朗唱の正確な音程が記された最古の資料は、パリ国立図書館が所蔵する12世紀のコルビ写本に収録されているものである。

13世紀に入ると、クレルヴォーのベルナルドゥスによる受難物語の神秘主義的解釈の浸透や、ドミニコ会フランチェスコ会等の活動に見られる宗教的情熱の高揚を受けて、受難の追体験としてのコンパッシオの意義が重視されるのとあわせて、受難曲の朗唱に一段と演劇的な手法が取り入れられるようになる。その1つが複数の聖職者が役柄を分けて歌い交わすもので、確実な記録として残る最古の作品は、1254年のドミニコ会のグロス本に記されたものである。14世紀-15世紀には、受難曲の朗唱における登場人物の分担が一般的となり、福音史家は中庸な音高を保持しながら助祭が歌い、イエスの言葉は司祭が低い声で荘重に歌い、その他の登場人物は副助祭が高い声で歌うようになる。さらに、ヴロツワフ大学図書館に所蔵される1348年に書かれた写本では、トゥルバに複数の人物による斉唱が採用されており、こうした受難曲における演劇的な効果の追求は、教会の礼拝の外で演技を伴って上演されることで、中世典礼劇の母体となって、民間に広く浸透していく。

多声受難曲の成立[編集]

応唱受難曲と通作受難曲[編集]

15世紀には、音楽史におけるルネサンスの到来とともに、受難曲にも対位法が導入され、多声化がなされるようになる。ルネサンス期における多声受難曲は、一般に「応唱受難曲」と「通作受難曲」とに分類される。応唱受難曲(「コラール受難曲」ともいう。)とは、福音史家による語りの部分は単旋律で朗唱され、その他の部分が対位法で作曲されたものをいう。現存する最古の応唱受難曲は、大英図書館が所蔵する1430年-1444年に編纂された写本のなかの『ルカ受難曲』であり、導入句、トゥルバと個々の登場人物の言葉が3声のディスカント様式によって作曲されている。その他、15世紀に作曲された応唱受難曲としては、イートン・クワイアブックに収録されたリチャード・デイヴィー(1465年頃-1507年)の『マタイ受難曲』や、モデナエステ家図書館が所蔵する1470年-1480年頃の写本に収録された作者不詳の2曲の受難曲等がある。後者の作曲者としては、ヨハネス・マルティーニ1440年頃-1497年または1498年)、ジル・バンショワ1400年頃-1460年)等が推定されている。

一方、通作受難曲(「モテット受難曲」ともいう。)とは、福音史家による語りを含む楽曲全体を通して対位法で作曲されたものをいい、1つの福音書にもとづく作品のほか、4つの福音書を編集し、十字架上のイエスの言葉をすべて含むように構成された総合受難曲(「調和受難曲」ともいう。)がある。現存する最古の通作受難曲は、アントワーヌ・ド・ロングヴァル(1507年-1522年活躍)の『マタイ受難曲』(1507年頃)である。この作品は、マタイ福音書に加えて、3つの福音書からの受難物語が随時引用され、テノールに置かれた定旋律に協和音を重ねたイタリア風のファルソボルドーネ様式で作曲されており、トゥルバの部分は4声、個々の登場人物の言葉は2-4声となっている。

16世紀のカトリック受難曲[編集]

対位法に基づく多声受難曲は、16世紀のイタリアで数多く作曲された。その大半は応唱受難曲であり、フランチェスコ・コルテッチャ(1502年 - 1571年)の2曲の受難曲では、導入句、トゥルバと最後の福音のみが多声で作曲されているのに対して、ジャケット・ド・マントヴァ(1483年 - 1559年)の『ヨハネ受難曲』等では、個々の登場人物の言葉も多声で作曲されるようになり、ガスパロ・アルベルティ(1480年頃 - 1560年頃)の『マタイ受難曲』では、これらに加えて、イエスの言葉も多声で作曲され、当時のマドリガーレを思わせる劇的な表現が用いられている。一方、イタリアにおける通作受難曲の作例は少ないが、ジョヴァンニ・ヤン・ナスコ(1510年 - 1561年)の『マタイ受難曲』や、チプリアーノ・デ・ローレ1516年頃 - 1565年)の『ヨハネ受難曲』が知られている。

カトリック圏内のドイツでは、オルランドゥス・ラッスス1532年 - 1594年)が1575年-1582年にかけてバイエルンの宮廷礼拝堂のために作曲した4曲の応唱受難曲のほか、プラハで活躍したヤコブス・ガルス(ハンドル)1550年 - 1591年)の3曲の通作受難曲や、ヤコブ・ルニャール1540年頃-1599年)の『マタイ受難曲』等がある。ラッススの作品は、多声のモテット様式にイタリア風のファルソボルドーネを結びつけ、個々の登場人物の言葉は2声のビチニウムまたは3声のトリチニウムとして作曲されており、その後の受難曲の作曲に強い影響を与えている。

スペインにおける16世紀の代表的な受難曲としては、トマス・ルイス・デ・ビクトリア1548年 - 1611年)の2曲の作品や、フランシスコ・ゲレーロ1528年 - 1599年)の5曲の作品等がある。これらの受難曲はすべて応唱受難曲であるが、「激しく泣いた」、「悲しみが溢れ」といった福音史家の特定の言葉も多声で作曲され、感情の高揚が音楽的に強調されるのは、スペインの受難曲に固有の特徴である。

これに対して、宗教改革の影響が強かった16世紀のフランスイギリスでは、受難曲はほとんど作曲されていない。わずかに残る作品としては、パリの出版業者ピエール・アテニャンが1534年に出版した「受難曲集」に収録されたクローダン・ド・セルミジ1490年頃 - 1562年)の『マタイ受難曲』等がある。

プロテスタント受難曲の展開[編集]

17世紀までの伝統的受難曲[編集]

1545年-1563年に開催されたトレント公会議の結果、カトリック圏内では技巧的な教会音楽の演奏が抑制され、受難曲の新たな創作が見られなくなるのに対して、礼拝における音楽の演奏に寛容であったルター派圏内では、16世紀-17世紀にかけて集中的に受難曲が作曲された。ルター派における伝統的受難曲の規範となった作品は、ヨハン・ヴァルター1496年-1570年)が作曲した『マタイ受難曲』(1550年頃)である。ヴァルターは、ルターが翻訳したドイツ語聖書にあわせて朗唱定式を改変し、合唱によるトゥルバの部分と組み合わせた。ルター派における応唱受難曲は、その後、アントニオ・スカンデッロ(1517年-1580年)の『ヨハネ受難曲』を通して、イエスの言葉も多声で作曲されるようになり、福音史家による語りを除き、様々な多声化が試みられる。

一方、イタリアとは異なり、通作受難曲が数多く作曲されたことも、ルター派圏内における受難曲の特徴である。ヴィッテンベルクの出版業者ゲオルク・ラウが1538年に誤ってヤーコプ・オブレヒトの作品として出版したロングヴァルの受難曲は、ルター派圏内で広く流布し、ルードヴィヒ・ダーザー(1525年頃-1589年)、レオンハルト・レヒナー1553年頃-1606年)、ヨハン・クリストフ・デマンツィウス1567年-1643年)の『ヨハネ受難曲』等に受け継がれる。それらのなかには、ルターの友人であるヨハン・ブーゲンハーゲンが1526年に作詞した『4人の福音史家による我らの主イエス・キリストの受難と復活の物語』に基づく総合受難曲も少なからず存在する。

17世紀におけるプロテスタント受難曲の最高傑作は、ハインリヒ・シュッツ1585年-1672年)が1663年-1666年に作曲した3曲の受難曲である。シュッツの作品は、伝統的な応唱受難曲によりながら、極めて表情豊かな独自の朗唱音が用いられており、合唱においてもファルソボルドーネ様式が放棄され、劇的な表現を通して言葉と音楽との一致が実現されている。

オラトリオ受難曲の発展[編集]

17世紀後半のドイツでは、これまで無伴奏であった受難曲に器楽を導入し、自由曲を加える方向で受難曲の発展が見られる。福音書による受難物語は省察的な挿入部分によって中断され、関連する聖句やコラール等が用いられるとともに、通奏低音が採用され、イタリア風のレチタティーヴォコンチェルタート様式によって楽曲が構成されるようになる。このようなタイプの受難曲を「オラトリオ受難曲」といい、最初期の作品としては、ハンブルクで活躍したトーマス・ゼレ(1592年-1663年)が1636年-1641年に作曲した2曲の受難曲があげられる。

オラトリオ受難曲は、マルティン・コレールス(1620年-1703年)、ヨハン・ゼバスティアーニ(1622年-1683年)、ヨハン・タイレ1646年-1724年)、ヨハン・ヴァレンティン・メーダー(1649年-1719年)等、主に北ドイツの音楽家によって作曲された。コレールスの『マタイ受難曲』では、複数のシンフォニア、関連する聖句による声楽コンチェルトやモテット、コラールが挿入されるのに対して、タイレの『マタイ受難曲』では、器楽によるシンフォニアのほか、4曲のアリアが加えられており、受難節において器楽を用いない慣習のある地域では、アリアをコラールに代え、聖句を既存の朗唱定式で歌うことで、無伴奏による演奏も可能とされている。

オラトリオ受難曲は、福音書の聖句に基づく点で、礼拝の一部としての機能を保持していたが、18世紀に入ると、マドリガーレ風の自由詩が付加され、ダ・カーポ・アリアや管弦楽を伴う大規模な合唱が組み込まれることで、オペラ的性格が強まるようになる。18世紀における代表的なオラトリオ受難曲には、ラインハルト・カイザー1674年-1739年)の2曲の作品や、ゲオルク・フィリップ・テレマン1681年-1767年)の46曲の作品等があり、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ1685年-1750年)の2曲の受難曲は、こうしたオラトリオ受難曲の頂点に立つものとして位置づけられる。

18世紀以降の受難曲[編集]

18世紀には、受難物語を新たに詩作し、当世風の音楽を付した「受難オラトリオ」が流行し、世紀の半ばを過ぎると、福音書に基づく受難曲の作曲は少なくなる。多感主義疾風怒濤運動の影響が認められるカール・ハインリヒ・グラウン1704年頃-1759年)やヨハン・ハインリヒ・ロレ(1716年-1785年)の感傷的な作品は、こうした18世紀における受難オラトリオの典型とされる。これに対して、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ1714年-1788年)、ゴットフリート・アウグスト・ホミリウス1714年-1785年)等によって福音書に基づく受難曲も作曲され続けたが、オラトリオの要素が大幅に導入されたり、パロディやパスティッチョによる等、多様な構成がとられている。

一方、カトリック圏内のウィーンでも、すでに17世紀以来、セポルクロと呼ばれる演技を伴う一種の受難オラトリオが宮廷礼拝堂で上演されていたが、18世紀には、オペラの台本作家として人気を集めたピエトロ・メタスタージオの『イエス・キリストの受難』が、多くの音楽家によってオラトリオとして作曲されている。

19世紀に入ってからも、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1770年-1827年)の『オリーブ山上のキリスト』等、イエスの受難を主題とする音楽作品の多くは演奏会用のオラトリオであった。しかしながら、19世紀後半には、教会音楽の改革を目的としたチェチリア運動を契機として、歴史的教会音楽に対する関心が高まり、ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルク1843年-1900年)、ロレンツォ・ペロージ(1872年-1956年)等によって、典礼用の受難曲が再び作曲されるようになる。現代音楽においても、宗教音楽劇としての構成が注目され、クシシュトフ・ペンデレツキ1933年-)、アルヴォ・ペルト1935年-)等、多くの音楽家によって、さまざまな形態の受難曲が作曲されている。

主な受難曲[編集]

1. 16世紀以前の受難曲
作曲者 生没年 作品名(福音書) 成立年(出版年)
リチャード・デイヴィー 1465年頃-1507年 マタイ 1490年頃
アントワーヌ・ド・ロングヴァル 1507年-1522年活躍 マタイ 1507年頃
フランチェスコ・コルテッチャ 1502年-1571年 ヨハネ
マタイ
1527年
1532年
クローダン・ド・セルミジ 1490年頃-1562年 マタイ 1534年
ヨハネス・ガリクルス(ヘンネル) 16世紀前半活躍 マルコ 1538年
ガスパロ・アルベルティ 1480年頃-1560年頃 マタイ、ヨハネ2曲 1540年頃
ジャケット・ド・マントヴァ 1483年-1559年 ヨハネ 1540年頃
バルタザル・レジナリウス 1485年頃-1544年 ヨハネ 1544年
ジョヴァンニ・ヤン・ナスコ 1510年頃-1561年 マタイ 1547年以降
ヨハン・ヴァルター 1496年-1570年 マタイ 1550年
チプリアーノ・デ・ローレ 1516年頃-1565年 ヨハネ 1550年頃
アントニオ・スカンデッロ 1517年-1580年 ヨハネ 1561年
ヤーコプ・マイラント 1542年-1577年 マルコ
ヨハネ
マタイ
1561年
1568年
1570年
ヨアヒム・ア・ブルク 1546年-1610年 ヨハネ
ルカ
1568年
1597年
ヴィンチェンツォ・ルッフォ 1508年頃-1587年 ヨハネ
マタイ、ルカ
1570年頃
1574-1579年
オルランドゥス・ラッスス 1532年-1594年 マタイ
マルコ、ルカ、ヨハネ
1575年
1580-1582年
ヨハン・シュトイアーライン 1546年-1613年 ヨハネ 1576年
ルードヴィヒ・ダーザー 1525年頃-1589年 ヨハネ 1578年
パウルス・ブチュヌス 1567年-1584年活躍 マタイ 1578年
フランチェスコ・ロヴィーゴ 1541または1542年-1597年 ルカ 1580年頃
ジャケス・デ・ヴェルト 1535年-1596年 マルコ 1580年頃
プラチド・ファルコニオ 1549年-1588年活躍 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 各1曲 1580年
パオロ・アレティーノ 1508年-1584年 ヨハネ 1583年
ジャンマテーオ・アゾラ 1532年以前-1609年 ヨハネ 1583年
フランシスコ・ゲレーロ 1528年-1599年 マタイ+ヨハネ、マルコ 1585年
トマス・ルイス・デ・ビクトリア 1548年-1611年 マタイ、ヨハネ 1585年
フランチェスコ・ソリアーノ 1548または1549年-1621年 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 各1曲 1585年頃
ヤコブス・ガルス(ハンドル) 1550年-1591年 ヨハネ 1587年
ヤコプ・ルニャール 1540から1545年-1599年 マタイ 1587年
マルティン・デ・ビリャヌエバ 1555年-1605年 ヨハネ 1587年頃
バルトロメーウス・ゲージウス 1555から1562年-1613年 ヨハネ
マタイ
1588年
1613年
レオンハルト・レヒナー 1553年頃-1606年 ヨハネ 1593年
ヨハン・マッホルト 不詳-1595年以降 マタイ 1593年
ヨハネス・ヘーロルト 1550年頃-1603年 マタイ 1594年
テオドーロ・クリニオ 不詳-1602年 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 各1曲 1595年
アロンソ・ロボ 1555年-1617年 マタイ 1600年頃


2. 17-18世紀の受難曲
作曲者 生没年 作品名(福音書) 成立年(出版年)
セラフィーノ・カントーネ 1580年-1627年活躍 マタイ、ヨハネ 1604年
ウィリアム・バード 1540年頃-1623年 ヨハネ(トゥルバのみ) 1605年
アンブロージウス・ベーバー 1610年-1620年活躍 マルコ 1610年
フアン・パブロ・プジョル 1570年-1626年 ヨハネ 1612年
ザムエル・ベスラー 1574年-1625年 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 各1曲 1612年
メルヒオル・ヴルピウス 1570年頃-1615年 マタイ 1613年
オットー・ジークフリート・ハルニシュ 1568年頃-1623年 ヨハネ 1621年
ハインリヒ・グリム 1592または1593年-1637年 マタイ 1629年
ヨハン・クリストフ・デマンツィウス 1567年-1643年 ヨハネ 1631年
トーマス・ゼレ 1592年-1663年 マタイ
ヨハネ
1636年
1641年
クリストフ・シュルツェ 1606年-1683年 ルカ 1653年
ハインリヒ・シュッツ 1585年-1672年 ルカ
ヨハネ
マタイ
1663年頃
1665年
1666年
ヨハン・ゼバスティアーニ 1622年-1683年 マタイ 1663年
マルティン・コレールス 1620年-1703年 マタイ 1664年
マルコ・ジョゼッペ・ペランダ 1625年頃-1675年 マルコ 1668年
フリードリヒ・フンケ 1642年-1699年 マタイ 1668-1674年
ヨハン・タイレ 1646年-1724年 マタイ 1673年
ヨハン・ヴァレンティン・メーダー 1649年-1719年 マタイ 1700年
アレッサンドロ・スカルラッティ 1660年-1725年 ヨハネ 1700年頃
ヨハン・ゲオルク・キューンハウゼン 不詳-1714年 マタイ 1700年頃
ラインハルト・カイザー 1674年-1739年 マルコ
ルカ
1717年
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 1685年-1750年 ヨハネ
マタイ
1723年
1727年
ゲオルク・フィリップ・テレマン 1681年-1767年 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 計46曲 1723-1767年
ゲオルク・ゲベル 1709年-1753年 ヨハネ 1748年
ヨハン・ゲオルク・レーリヒ 1710年-1790年 マルコ 1750年
ヨハン・テーオドル・レームヒルト 1684年-1756年 マタイ 1750年頃
ガスパレ・ガベッローネ 1727年-1796年 ヨハネ2曲 1756年
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ 1714年-1788年 マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ 1767-1788年
ゴットフリート・アウグスト・ホミリウス 1714年-1785年 マルコ 1768年以前
ジュゼッペ・ジョルダーニ 1751年-1798年 ヨハネ 1776年
ジョヴァンニ・パイジェッロ 1740年-1816年 ヨハネ 1785年


3. 19世紀以降の受難曲
作曲者 生没年 作品名(福音書) 成立年(出版年)
ヨハネス・ジーモン・マイヤー 1763年-1845年 マタイ+マルコ 1812-1818年
ヨゼフ・エルスナー 1769年-1854年 マタイ+マルコ 1835-1837年
ハインリヒ・ヘルツォーゲンベルク 1843年-1900年   1896年
ロレンツォ・ペロージ 1872年-1956年 マルコ 1897年
チャールズ・ウッド 1866年-1926年 マルコ 1920年
フーゴー・ディストラー 1908年-1942年 コラール受難曲 1933年
ルドルフ・マウエルスベルガー 1889年-1971年 ルカ 1947年
エルンスト・ペッピング 1901年-1981年 マタイ 1950年
クシシュトフ・ペンデレツキ 1933年- ルカ 1965年
アルヴォ・ペルト 1935年- ヨハネ 1982年
トロン・クヴェルノ 1945年- マタイ 1986年
ピート・スウェルツ 1960年- マルコ 1988年
ソフィア・グバイドゥーリナ 1931年- ヨハネ
(バッハ没後250周年記念委嘱作品)
2000年
譚盾 1957年- マタイ『永遠の水』(同上) 2000年
ヴォルフガング・リーム 1952年- ルカ(同上) 2000年
オスバルド・ゴリホフ 1960年- マルコ(同上) 2000年
イラリオン・アルフェエフ 1966年- マタイ 2006年

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Kurt von Fischer, Die Passion: Musik zwischen Kunst und Kirche, Kassel: Bärenreiter, 1997 ISBN 3761820119
  • 礒山雅『マタイ受難曲』東京書籍、1994年10月 ISBN 4487791006