南永井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 埼玉県 > 所沢市 > 南永井
南永井
—  大字  —
南永井の位置(埼玉県内)
南永井
南永井
南永井の位置
座標: 北緯35度48分58.05秒 東経139度31分54.39秒 / 北緯35.8161250度 東経139.5317750度 / 35.8161250; 139.5317750
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Tokorozawa, Saitama.svg 所沢市
人口 (2017年(平成29年)9月30日現在)[1]
 - 計 1,134人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 359-0011[2]
市外局番 04[3]
ナンバープレート 所沢

南永井(みなみながい)は、埼玉県所沢市大字郵便番号は、359-0011[2]

地理[編集]

所沢市の東端に位置し、柳瀬地区に所属する[4]

関越自動車道所沢インターチェンジの北側に隣接する区域を持ち、周辺の坂之下日比田亀ヶ谷下新井牛沼中富南、および入間郡三芳町上富、北永井、藤久保、竹間沢、また新座市中野と隣接する。

地内には江戸時代に開拓された農地も多く、周辺地域と同様に短冊状に区画整理された元禄期の三富の開拓(三富新田)の特色がみられる。また所沢インターチェンジ付近には、物流の拠点となる倉庫や物流センターなどの施設が集中している。

歴史[編集]

入間郡柳瀬村・南永井村。

地名の由来[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
南永井 446世帯 1,134人

交通[編集]

鉄道[編集]

地内に鉄道は通っていない。最寄駅はJR武蔵野線東所沢駅。また東端からは同線新座駅ほか、東武東上線みずほ台駅なども利用可能な範囲にある。

道路[編集]

  • 関越自動車道
  • 市道「市場通り」
  • 市道「南永井通り」
  • 市道「学園通り」
交差点
  • 「南永井」
  • 「やなせ荘入口」
  • 「中富南」
バス
  • 地内のバス停は、「南永井」・「やなせ荘入口」。
西武バス「所53-1」系統 エステシティ所沢行き/東所沢駅-所沢駅東口行き)

施設[編集]

教育
公共
  • 柳瀬浄水場
  • 南永井上組自治会館
  • 南永井下組自治会館
  • 南永井生活改善センター
  • 老人憩の家 やなせ荘[5]
社寺
  • 妙乗寺
  • 大帖稲荷社
  • 田代稲荷神社 - 敷地の東傍に三本脚で半鐘付きの火の見櫓が建っている。
史跡
商業
その他
  • 柳瀬変電所

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合の学区(校区)は以下の通り[9]

町丁 番・番地 小学校 中学校
南永井 一部 所沢市立中富小学校中富 所沢市立中央中学校並木
広域 所沢市立柳瀬小学校(坂之下 所沢市立柳瀬中学校(坂之下)

参考資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 吉田弥右衛門によって伝播され、後に「川越いも」の通称で広く知られた。品種名は紅赤(べにあか)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 最新の人口について”. 所沢市 (2017年10月17日). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 所沢市公式「防災ガイド Archived 2011年3月15日, at the Wayback Machine.・避難所マップ(柳瀬地区マップ) (PDF) 2012年5月閲覧
  5. ^ 所沢市ホームページ やなせ荘(老人憩の家) 2012年5月閲覧
  6. ^ 写真で見るところざわの移り変わり さつまいも始作地の碑 2012年5月閲覧
  7. ^ 発祥の地コレクション 南永井さつまいも始作地之碑 2012年5月閲覧
  8. ^ 所沢市ホームページ 所沢総合食品地方卸売市場 2012年5月閲覧
  9. ^ 所沢市ホームページ 住所別通学区域一覧表 2011年5月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]