勝楽寺 (所沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > 所沢市 > 勝楽寺
勝楽寺
勝楽寺の位置(埼玉県内)
勝楽寺
勝楽寺
勝楽寺の位置
北緯35度46分22.44秒 東経139度23分48.84秒 / 北緯35.7729000度 東経139.3969000度 / 35.7729000; 139.3969000
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Tokorozawa, Saitama.svg 所沢市
地区 山口地区[1]
設置 1943年昭和18年)4月1日
人口
2017年(平成29年)9月30日現在)[2]
 • 合計 0人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
359-1154[3]
市外局番 04[4]
ナンバープレート 所沢

勝楽寺(しょうらくじ)は、埼玉県所沢市の南西部の大字[5]郵便番号は359-1154[3]

本項では1889年明治22年)の町村制施行時に同区域に存在した勝楽寺村についても記す。

地理[編集]

所沢市の南西端に位置し、山口地区に所属する[1]。 同市上山口三ヶ島堀之内入間市宮寺、および東京都西多摩郡瑞穂町石畑武蔵村山市中央三ツ木本町東大和市多摩湖に隣接する。

かつては埼玉県入間郡勝楽寺村、その後山口村にあたる。1927年山口貯水池(狭山湖)の建設が始まって以降、ほぼ全域が山口貯水池(狭山湖)もしくは保安林となっており、現在、同所を住所としている建物は東京都水道局の貯水池管理事務所(および付帯施設)のみである。水没前[6]、勝楽寺と呼ばれる寺院があったが貯水池の工事に伴い、そのまま建造物を解体・移転移築し、現在の所沢市大字山口1119に仏蔵院と名前を変えて存在している[7]

歴史[編集]

勝楽寺村
廃止日 1902年6月1日
廃止理由 新設合併
山口村、上山口村勝楽寺村山口村
現在の自治体 所沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
入間郡
総人口 799
1889年
隣接自治体 埼玉県
入間郡上山口村、三ヶ島村宮寺村
東京府
北多摩郡横田村三ツ木村芋窪村
西多摩郡石畑村
勝楽寺村役場
所在地 埼玉県入間郡山口村
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

当地は狭山丘陵の谷の奥に位置し、水に恵まれ古くから人が住み、農業と織物の生産で繁栄した[8]

地名の由来[編集]

  • かつて当地に存在した寺院「勝楽寺[9]」に由来する。寺院は奈良時代の創建と伝わる[8]

沿革[編集]

交通[編集]

鉄道
道路

施設[編集]

史跡[編集]

  • 根古屋城跡 - 遺構の保存状態が非常に良く、埼玉県指定史跡に指定されている。普段は立ち入ることはできない[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 所沢市公式「防災ガイド Archived 2011年3月15日, at the Wayback Machine.・避難所マップ(山口地区マップ) (PDF) 2014年9月閲覧
  2. ^ 最新の人口について”. 所沢市 (2017年10月17日). 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1988年7月再版、P1088。
  6. ^ 狭山湖にも住所がある 湖底に沈んだ山口村”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
  7. ^ 写真で見るところざわの移り変わり 勝楽寺の景観(大正末~昭和初期)”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
  8. ^ a b 広報ところざわ 6月号 No.1071 平成23年(2011年)ところざわ歴史まめ知識その13”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
  9. ^ 『新編武蔵風土記稿』巻之一百五十八 入間郡之三 山口領 勝楽寺村に「勝楽寺 辰爾山仏蔵院大坊ト号ス 新義真言宗多磨郡中藤村真福寺ノ末 本尊十一面観音ヲ安ス相伝フ 当寺ハ殊ニ古キ寺院ニテ(以下略)」とある。『新編武蔵風土記稿』巻之一百五十八 入間郡之三 山口領 勝楽寺村内務省地理局、1884年6月
  10. ^ a b 所沢の県指定文化財 根古屋城跡”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。
  11. ^ 写真で見るところざわの移り変わり 狭山湖底(昭和50年)”. 所沢市役所. 2014年9月閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]