冨山太佳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冨山 太佳夫(とみやま たかお、1947年9月5日 - )は、日本の英文学者青山学院大学名誉教授。立正大学文学部文学科(英語英米文学専攻コース)元教授。専門はヴィクトリア朝小説を中心とした英文学および文化研究。文学理論現代思想、歴史研究にも造詣が深い。 父は税理士冨山實[1]

経歴[編集]

鳥取県西伯郡日吉津村出身。 鳥取県立米子東高等学校を経て、東京大学文学部英文学専修課程卒業。1973年同大学院修士課程修了、同大助手、お茶の水女子大学専任講師・助教授、成城大学助教授・教授を経て2001年青山学院大学文学部英米文学科教授。2016年退職、名誉教授、立正大学文学部教授、2018年退職。

1993年、『シャーロック・ホームズの世紀末』で芸術選奨新人賞、2004年、『書物の未来へ』で毎日書評賞受賞。毎日新聞書評者。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『テキストの記号論』(南雲堂 1982年)
  • 『方法としての断片』(南雲堂 1985年)
  • 『シャーロック・ホームズの世紀末』(青土社 1993年、増補版2015年)
  • 『空から女が降ってくる スポーツ文化の誕生』(岩波書店 1993年)
  • ダーウィンの世紀末』(青土社 1995年)
  • ポパイの影に-漱石 / フォークナー / 文化史』(みすず書房 1996年)
  • 『岩波セミナーブックス 『ガリヴァー旅行記』を読む』(岩波書店 2000年)
  • 『文化と精読 新しい文学入門』(名古屋大学出版会 2003年)
  • 『書物の未来へ』(青土社 2003年)
  • 『笑う大英帝国-文化としてのユーモア』(岩波新書 2006年)
  • 『英文学への挑戦』(岩波書店 2008年)
  • 『おサルの系譜学――歴史と人種』(みすず書房 2009年)
  • 『文学の福袋〈漱石入り〉』(みすず書房 2012年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『鳥取県人名録』より

外部リンク[編集]