コンテンツにスキップ

毎日書評賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

毎日書評賞(まいにちしょひょうしょう)は、毎日新聞の創刊130周年に日本の書評文化の発展を願って創設された、毎日新聞社主催の賞である。第12回(2013年度)より毎日出版文化賞の一部門「書評賞」として併合されたが、2016年度をもって終了となることが発表された。

受賞者

[編集]

以下は毎日出版文化賞「書評賞」(2016年まで)

  • 毎日出版文化賞書評賞第67回(2013年)辻原登『新版 熱い読書 冷たい読書』筑摩書房。
  • 毎日出版文化賞書評賞第68回(2014年)立花隆『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』 文藝春秋
  • 毎日出版文化賞書評賞第69回(2015年)角幡唯介『探検家の日々本本』幻冬舎
  • 毎日出版文化賞書評賞第70回(2016年)荒川洋治『過去をもつ人』 みすず書房

選考委員

[編集]