典雅 (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 典雅
TENGA Co., Ltd.
TENGAロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TENGA
本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都港区三田1-7-1 パークコート麻布十番 ザ タワー2F
設立 2005年3月25日
業種 その他製品
事業内容 安全で機能的かつ衛生的な「成人用玩具」の研究開発及びその販売
「性」と病気に関する正しい知識と予防法の啓発と普及
「性」に関する正しい知識、情報の普及[1]
代表者 松本光一
資本金 4,300万円[2]
売上高 22億円(2012年2月期)[2]
従業員数 63人(男性=43人、女性=20人)(2017年3月現在)
外部リンク https://tenga-group.com/
テンプレートを表示

株式会社典雅(てんが、: TENGA Co., Ltd.)は、日本の企業。オナホールTENGAなどの製品を販売しており、対外的には株式会社TENGAなどの表記が用いられることもある。

企業概要[編集]

自動車販売業を経て中古車販売業に従事していた創業者である代表取締役社長の松本光一[3]は、ものづくりに転身するため脱サラ。高品質なアダルトグッズにビジネスチャンスを見出し、1000万円を元手として2005年3月25日有限会社典雅を設立[1]。2005年7月よりオナホールTENGA」を発売開始した。2006年に株式会社化。

「典雅」とは「整っていて上品なさま。みやびなさま」を表す形容動詞であり、通常は着物日本舞踊を讃えるために用いられる。この社名はアダルトグッズに対する一般的なイメージを覆し、高品質な製品を作るという決意のもと名付けられた[4]

2007年9月より、全国の薬局ドラッグストアにて、コンドーム製造のオカモトとのコラボレーション・ブランドである「OKAMOTO×TENGA」を販売開始[5]

2010年11月には、アパレルブランドのRoenVANQUISHSWAGGERXLARGERroarとコラボレーションし、STOP AIDSを訴える限定商品[6]の販売を開始。

2012年3月には、TENGA 3Dシリーズが、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する「レッド・ドット・デザイン賞プロダクトデザイン2012」(red dot award: product design 2012)を受賞。

同社の商品開発担当取締役である佐藤雅信は、2008年2009年マスターベータソン(マスターベーションの世界大会)耐久時間男性部門王者にして世界記録保持者である。大会では道具の持ち込みが認められており、佐藤は後述の自社製品を持ち込んでいる[7]

2013年2月4日、女性向けのセルフプレジャーグッズ(バイブレータ)『iroha (セルフプレジャーアイテム)』を発表。公開された「YUKIDARUMA」、「HANAMIDORI」、「HINAZAKURA」は和風の製品名称と柔らかな意匠をこしらえたものとなっている。

2016年5月16日には、男性妊活に関する興味・関心を向上させることを目的として妊活スマートフォン用精子観察キット「メンズルーペ」を発売。

会社沿革[編集]

■2005年

  • 3月25日 有限会社 典雅 設立
  • 7月7日 TENGA スタンダード5種発売開始

■2007年

  • 6月 身体障害者用のカフを開発

■2008年

  • 3月8日 FLIP HOLE/HOLE LOTION 発売開始
  • 10月 TENGA EGG 発売開始

■2009年

  • 9月17日 日本性機能学会にて、「射精障害患者」に対し、TENGAをリハビリツールとして使用した症例結果を発表

■2010年

  • 12月8日 入力者自身のサイズ・好みに応じた最適なTENGA CUPを見つけることができる、「TENGA FITTING」をTENGA公式サイト内にオープン
  • 11月1日 12月1日の世界エイズデイに向け、人気アパレルブランド5社との コレボレーションTENGAカップを販売し、全収益220万円をレッドリボン(エイズ予防財団)に寄付

■2011年

  • 2月10日 TENGAを題材にした書籍『TENGA論~マスターベーションを解放した男たち~』が竹書房にて発売
  • 8月5日 TENGA 3D 5種発売開始
  • 8月5日〜7日 TENGA初の展示会「TENGA展 〜TENGA 3D MUSEUM OF ART〜」開催
  • 8月 公式Androidアプリ「FURI FURI TENGA」をリリース

■2012年

  • 3月 TENGAのTENGA 3Dシリーズが世界最大級のデザイン賞である「レッドドット・デザイン賞プロダクトデザイン2012」を受賞。男性用マスタベーショングッズが受賞するのは史上初。
  • 4月2日 「TENGA FITTING」 ユーザー50万人突破。使用ユーザー50万件のデータから算出された日本人男性 の平均ペニスサイズを公開。
  • 6月21日 夏季限定商品としてTENGA Cool EDITION(限定品) 発売開始
  • 6月28日 TENGA×Keith Haringのコラボレーション商品 アメリカ先行発売開始
  • 10月20日 TENGA×Keith Haringのコラボレーション商品 国内販売

■2013年

  • 2月21日 PlayGEL 3種発売開始
  • 3月3日 TENGA初の女性向けアイテムiroha 3種発売開始
  • 9月 累計出荷本数が3,000万本突破
  • 10月10日 TENGA初のカップル向けアイテムVI-BO 5種同時発売

■2014年

  • 5月1日 ポケットサイズの薄型TENGA POCKET TENGA発売(3種)
  • 7月18日 「TENGA FITTING(フィッティング) PC版」の100万人診断突破を記念し、操作性、SNS連携性を向上したスマートフォン版をリリース
  • 9月27日 “海さくら”と合同で、「子供にゴミは拾わせない!大人のゴミを大人が拾う! 海さくら18禁ゴミ拾い」 を神奈川県・江の島で開催

■2015年

  • 3月28日 TENGA初の男性用 電動アイテム「バキュームコントローラー」発売
  • 4月9日 TENGA CONDOM発売
  • 11月12日 HOT TENGA発売
  • 12月22日 日本初、TENGAプロデュースによる専門フロア「TENGA SHOP」が、大阪難波の買取りまっくすなんば店にOPEN。その後全国へ展開。

■2016年

  • 3月30日 園子温 展「ひそひそ星」に協賛。園監督デザインのTENGA EGG & Tシャツを限定発売
  • 5月16日 スマートフォン用精子観察キット「メンズルーペ」発売
  • 9月 TENGA USA設立
  • 9月 韓国支店の設立
  • 9月29日 TENGAプロデュースによるヴィレッジヴァンガード店内特設コーナー『TENGA VILLAGE』がヴィレッジヴァンガード下北沢店にOPEN
  • 11月11日 TENGA初のエナジーゼリー飲料「TENGA MEN’S CHARGE」発売
  • 11月 台湾支店の設立
  • 11月 株式会社TENGAヘルスケア設立

■2017年

  • 7月3日 港区麻布十番に本社移転

展開ブランド[編集]

TENGA[編集]

2005年7月7日に発売を開始した、男性やカップル向けのアダルトグッズとして展開をしているブランド。 社名を冠したオナホールTENGAは同社の主力商品である。

VI-BO[編集]

2013年10月10日発売。初となるカップル向けのバイブレータ。キャッチコピーは「LOVE & VI-BO !」。「BASE BALL(ベース・ボール)」という振動体と5種類のアウターカバーの組み合わせの5種展開。BASE BALLは生活防水。ボタン電池3個で動作し、オンオフボタン1個というシンプルなもの。

  • VI-BO FINGER BALL - オレンジ色のアウターカバー、BASE BALL1個。指にはめて使う。
  • VI-BO RING BALL - 青いアウターカバー、BASE BALL1個。根元にはめて使う。
  • VI-BO HAND BALL - 赤のアウターカバー、BASE BALL1個。指にはめて使う。
  • VI-BO TWIN BALL - 黄色のアウターカバー、BASE BALL2個。自由にまげて2ヵ所に使う。
  • VI-BO STICK BALL - 紫色のアウターカバー、BASE BALL2個。アウターカバー用のカバーも付属。

iroha[編集]

2013年2月4日にリリース発表、同年3月3日に発売を開始した女性向けのバイブレータシリーズで、「女性らしくを、新しく」をキャッチコピーとして展開している女性向けセルフプレジャーアイテムブランド。 諸外国で発売されているビジュアル重視で要求性能(安全性、充電式、静音、防水性、洗浄の簡易さなど)も同等のバイブレーターの中でも比較的安価な部類に入る。

iroha[編集]

2013年3月3日発売。防水構造で、埃が付きにくい表面加工が施してある。非接触充電式。2ボタン。

  • YUKIDARUMA(ゆきだるま) - 白いだるま型。振動を楽しむのに加えて、先端部を挿入して使えるタイプ。
  • HANAMIDORI(はなみどり) - みどり色の丸形。全体をあてがったり、先端部で振動を楽しんだりするタイプ。
  • HINAZAKURA(ひなざくら) - ピンク色の二股型。2つに割れた先端部で、つまんだりする使い方ができるタイプ。

iroha mini[編集]

2013年10月28日発表、2013年12月20日発売。女性向けのバイブレータ。防水構造・防塵素材はirohaと同じだが、充電式ではなく単4電池1個で動作する。形・機能は同じの色違いで3種展開。1ボタン。

  • FUJILEMON(ふじれもん) - 上部が紫、下部は黄色。
  • UMEANZU(うめあんず) - 上部がショッキングピンク、下部はピンク。
  • SORAMIKAN(そらみかん) - 上部が水色、下部はオレンジ。

iroha FIT[編集]

2014年4月に発表、2014年8月7日発売。女性向けバイブレータ。防水構造・防塵素材。充電式。2ボタン。

  • MIKAZUKI(みかづき) - ほそみでしなやかな三日月形。
  • MINAMOZUKI(みなもづき) - 風にゆれる水面のような波型。

TENGAヘルスケア[編集]

2016年秋に社内ベンチャーとして立ち上げたヘルスケア分野に特化したブランド。

iroha INTIMATE CARE[編集]

2017年3月3日に発売を開始した、女性向けセルフケアブランド。

メディア露出[編集]

連載誌[編集]

提供番組[編集]

上記の4番組はいずれもTENGAがコーナースポンサーとなっている。コーナー内容は視聴者から寄せられた悩みに対して出演者がコメントをし、悩みの投稿者にはTENGA商品がプレゼントされるという内容である。

映画[編集]

ドラマ[編集]

CSR[編集]

障害者の性[編集]

作業療法士と共同でカフ(自助具)の開発を行ったり、特定非営利活動法人ノアールの活動をサポートするなど、身体障害者の性に関する問題にも取り組んでいる。

射精障害の治療への協力[編集]

射精障害になる経緯は様々なものがあるが、過度に圧をかける刺激の強いオナニーによって膣内での射精が困難になるという例がある。TENGAカップシリーズを使用し、刺激の強いハードタイプからスタンダードタイプ、ソフトタイプ、と弱い刺激にシフトすることで射精障害を改善しようとする試みがあり、日本性機能学会でも発表された[8]

RESPECT YOUSELF PROJECT[6][編集]

STOP AIDSの啓発活動とエイズ予防の支援を目的としたチャリティープロジェクト。アパレルブランドとコラボレーションした限定商品を販売し、全収益(220万円)をレッドリボン財団法人エイズ予防財団)に寄付をした。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • TENGA研究会 『TENGA論』 竹書房2011年ISBN 978-4812439050 
    TENGA論EXゲスト
    ケンドーコバヤシ みうらじゅん マキシマムザ亮君 カンニング竹山 古田新太 リリー・フランキー ビートたけし
  • 荻上チキ 『セックスメディア30年史:欲望の革命児たち』 筑摩書房、2011年ISBN 978-4-480-06606-0 

外部リンク[編集]