マスターベータソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マスターベータソン(Masturbate-a-thon)は、アメリカで行われる参加者たちがマスターベーションの継続時間や回数によって寄付を募る(「オナニー・マラソン」の)チャリティーイベント。マスターベーションに関する知識を高め、その行為に付随する根強い羞恥心や禁忌心を正すことを目的として行われている。過去6年間、女性のための健康事業、エイズ撲滅運動、教育団体や治療団体への援助など、25000ドルの寄付を集めてきた。また、アメリカにおける安全なセックスの実践や新たな方法の模索などへの関心を高める役割を果たしてきたともいえるが、一方で猛烈な反発も受けてきた。

歴史[編集]

1997年 5月サンフランシスコに本店を持つアダルトショップ「グッド・バイブレーション」は、毎年5月を「オナニー月間」と定め、基金を設立した。そして、2000年、このアイデアに感化されたキャロル・クイーン博士とロバート・ローレンス博士によって、マスターベータソンのイベントが始められた。毎年行われるこのイベントでは、より安全なセックス戦略としてのマスターベーションの実践の普及のための啓蒙や、マスターベーションに対する負のイメージを払拭する働きかけが行われている。このイベントは、専門的な水準の性教育を行っているNPO団体「性と文化センター」が運営している。

2006年 5月ヨーロッパで初のマスターベータソンがロンドンで開催された。このイベントは、「ワンカソン」の名でも知られている。このイベントの模様を収めたドキュメンタリー映画が、ロンドンのジグザグ・プロダクションによって撮影された。このイベントで、数百人の男女が基金を募るためにオナニーを行った。寄付金は、テレス・ヒギンズ基金や育児に関する健康を扱うマリー・ストープス・インターナショナルに送られた。

世界記録[編集]

2008年までの世界記録は、継続時間では、男性が8時間半、女性が6時間半。回数では、女性の49回となっていた。

耐久時間男性部門にて、2009年に日本人の佐藤雅信TENGAを販売している株式会社典雅の商品開発担当取締役)が、9時間58分で前回の自己優勝記録9時間33分を塗り替えて2連覇を果たしている[1]。また、2008年にデンマークで開催されたマスターベーターソンの絶頂回数男性部門にて、日本人のエリザベス宮地が7時間で28回の射精をし優勝している[2]

世界記録まとめ[編集]

  • 耐久時間男性部門では、2009年に佐藤雅信が、9時間58分。
  • 耐久時間女性部門では、2008年にMs. Kitty Katが、7時間6分。
  • 絶頂回数男性部門では、2008年にMichael Haripremが、9時間31回(サンフランシスコ)。同年にエリザベス宮地が、7時間28回(デンマーク)。
  • 絶頂回数女性部門では、2008年にLady Monsterが、20回。
  • 精液飛達距離部門では、2009年にMr. Flint Greasewoodが、5フィート4インチ(162.56cm)。
  • 世界最遠方参加部門は、2009年大会ではタネイチ モリヒロ(東京)。
  • 国内最遠方参加部門(アメリカ国内)は、2009年大会では、Tedという男性(ニュージャージー、ハケッツタウン)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]