全日本学生柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全日本学生柔道選手権大会(ぜんにほんがくせいじゅうどうせんしゅけんたいかい)は日本の学生柔道の個人戦及び団体戦。毎年秋に大阪で開催されていた[1]

概説[編集]

1940年(昭和15年)に第1回大会が開催される。戦争の影響で一時期中断されたが、戦後の1951年に東西学生対抗試合及び無差別の個人戦を以って大会が再開される。1963年には体重別の個人戦も新たに設けられる。1982年には体重別の個人戦が正力松太郎杯全日本学生柔道体重別選手権大会という名称でこの大会から独立する。1987年には女子の無差別個人戦も新たに開始される。しかし1998年の第50回記念大会を最後に大会の幕が閉じることとなった[2]

歴代優勝選手[編集]

1940年 松本安市 武専
1951年  金子泰興 明治大学
1952年 曽根康治 明治大学
1953年 末木茂  明治大学
1954年 石橋毅次郎 明治大学
1955年 松下三郎 日本大学
1956年 米田圭祐 天理大学
1957年 松下三郎 日本大学
1958年 神永昭夫 明治大学
1959年 重松正成 明治大学
1960年 重松正成 明治大学
1961年  古賀武 日本大学
1962年 朝田紀明 明治大学
1963年 白崎淳悦  日本大学
1964年 坂口征二 明治大学
1965年 山本裕洋 明治大学
1966年 山本裕洋 明治大学
1967年 笹原富美雄 天理大学
1968年 篠巻政利 明治大学
1969年 正木照夫 拓殖大学
1970年 河原月夫 明治大学
1971年  遠藤純男 日本大学
1972年 上村春樹 明治大学
1973年 白瀬英春  東海大学
1974年 嘉納政美 日本大学
1975年 知念利和 東海大学
1976年 山下泰裕 東海大学
1977年 吉岡剛 中央大学
1978年 山下泰裕 東海大学
1979年 山下泰裕 東海大学
1980年 山本稔 東海大学
1981年  斉藤仁 国士舘大学
1982年 正木嘉美 天理大学
1983年 正木嘉美 天理大学
1984年 正木嘉美 天理大学
1985年 岡田龍司 近畿大学
1986年 小川直也 明治大学
1987年 中林千春 天理大学 黒川琴美 国士舘大学
1988年 小川直也 明治大学 小林貴子 筑波大学
1989年 関根英之 東海大学 小林貴子 筑波大学
1990年 三谷浩一郎 近畿大学 坂上洋子 筑波大学
1991年  下出善紀 東海大学 浅田ゆかり 湊川女子短大
1992年 中村佳央 東海大学 増田仁子 龍谷大学
1993年 篠原信一  天理大学 増田仁子 龍谷大学
1994年 篠原信一  天理大学 妹尾ひでみ 拓殖短大
1995年 真喜志慶治 天理大学 外岡裕子 帝京大学
1996年 上口孝太 日本大学 妹尾ひでみ 拓殖大学
1997年 小嶋新太 日本体育大学 木屋好絵 筑波大学
1998年 村元辰寛 天理大学 水谷有希 拓殖大学

脚注[編集]

  1. ^ 「大会記録 全日本学生柔道選手権大会」『柔道大事典』 アテネ書房、ISBN 978-4871522052 596項-599項
  2. ^ 「平成10年全日本学生選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1998年12月号、47項

外部リンク[編集]