僕は鳥じゃない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
僕は鳥じゃない
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
レーベル AARD-VARK
プロデュース 谷山浩子石井AQ
谷山浩子 アルバム 年表
カイの迷宮
1998年
僕は鳥じゃない
1999年
心のすみか
2001年
テンプレートを表示

僕は鳥じゃない』(ぼくはとりじゃない)は谷山浩子の通算25作目のレギュラーアルバムである。

概要[編集]

ポニーキャニオンよりリリースされた最後のアルバムである。

「キャンディーヌ」は谷山が19歳のときに自由劇場で見た『魔術師』という芝居に出てきた巨大な少女人形をモデルにしたという[1]。谷山は高校生の頃は小室等のファンだった。小室が音楽を担当する芝居『セブン・ソングス』が六本木の自由劇場で開かれており、谷山がエレクトリックピアノの伴奏でエキストラ出演した。その縁でその後も自由劇場で芝居を見ており、その中の1つが『魔術師』だったらしい。「キャンディーヌ」の歌詞で言及される高速道路は、自由劇場から出たところにあった高速道路のことだという[2]

「ドッペル玄関」は、石井AQ美少女ゲーム用に製作した曲を、ゲームの企画が流れた (具体的にどのようなゲームであったかは不明) ため、谷山が歌詞を付けてレコーディングしたものである。

収録曲[編集]

  1. 笛吹き
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  2. 僕は帰る きっと帰る
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  3. 僕は鳥じゃない
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  4. おひさま
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
    岩男潤子への提供曲(歌詞は岩男が歌う原曲のその後の世界観になっており、一部を除いて歌詞が全く異なる)
  5. キャンディーヌ
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  6. あかり
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子
  7. 夢の歯車
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:斎藤ネコ
  8. ドッペル玄関
    作詞:谷山浩子、作曲:石井AQ、編曲:谷山浩子・石井AQ
  9. DOOR
    作詞:谷山浩子、作曲:崎谷健次郎、編曲:丸尾めぐみ
    石井聖子への提供曲(石井が歌う原曲が今作より後にリリースされている)
  10. 窓の外を誰かが歩いている
    作詞・作曲:谷山浩子、編曲:石井AQ・谷山浩子

脚注[編集]

  1. ^ ストレンジ・デイズ『谷山浩子40周年記念百科全書』日興企画、東京、2013年1月15日、94頁。ISBN 978-4-88877-662-2
  2. ^ 谷山浩子 Favourite Things A to Z”. 谷山浩子 40周年 特設サイト. 2019年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月21日閲覧。