夢半球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夢半球
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
レーベル ポニーキャニオン
谷山浩子 年表
鏡の中のあなたへ
1978年
夢半球
1979年
ここは春の国
1980年
『夢半球』収録のシングル
  1. 「風を追いかけて
    c/w 風の子供(シングル・ヴァージョン)」

    リリース: 1979年9月21日
テンプレートを表示

夢半球』(ゆめはんきゅう)は谷山浩子の5thアルバム。

このアルバムまではそれまで谷山浩子が作り貯めていた作品と新しく書き下ろした作品が混在している。当時谷山浩子はディレクターやアレンジャーから自分の音楽性を理解してもらえず、プライベートでも恋愛でうまくいっていなかった。その心情を反映してA面夜サイドは暗い作品で構成されている。

A面(夜サイド)の冒頭は真夜中に恋人へ手紙を書いているという語りから始まる。そしてB面(朝サイド)は引き戸を開ける音と小鳥の鳴き声による夜明けのシーンで始まり、外の草木や風に癒されていく様子を明るく唄う、と云う組曲を意識した制作が成されている。

前アルバム『鏡の中のあなたへ』と合わせ、「暗い谷山浩子」のイメージが形成された時期であった。

収録曲の中で『テングサの歌』は人類滅亡後の世界を紀勢本線岩代駅のホームに佇む海藻テングサの視点で歌ったシュールな曲。同曲がライブで歌われるときはある部分で掛け声をかける「お約束」がある。

なお、『イーハトーヴの魔法の歌』の歌詞は、谷山がラジオ関西の『ギャルギャル神戸』という番組中の企画で一般から募集し、谷山が曲を付けたものである。また『風の子供』はアルバム・ヴァージョンである(シングル・ヴァージョンは『風を追いかけて』B面に収録。)。

収録曲[編集]

A面<夜 A.M.1:00~A.M.5:37>(1 - 6)、B面<朝 A.M.5:39~A.M.10:07>(7 - 11)

  1. 破れ傘
  2. たずねる
  3. 愛の妖精
  4. 紙吹雪
  5. 陽だまりの少女
  6. もみの木
  7. 風の子供
  8. テングサの歌
  9. イーハトーヴの魔法の歌
  10. 風を追いかけて