静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
録音 1971年
ジャンル ニューミュージックJ-POP
時間
レーベル キングレコード
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
谷山浩子 年表
静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜
(1972年)
ねこの森には帰れない
(1977年)
『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』収録のシングル
テンプレートを表示

静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』(しずかでいいな 〜たにやまひろこ15のせかい〜)は、谷山浩子の1作目のアルバム。キャニオン・レコード(現・ポニーキャニオン)から本格的にプロデビューする前の作品で、キングレコードから発売されている。一年後に廃盤となっている。その後、1983年LPCTで再発。

長らくCD化されていなかったが、キングレコードの「音楽市場 MUSIC BAZAAR 1500」シリーズの中の1作として、1994年に初CD化された。その後、2007年に「35th Anniversary Edition」としてヤマハミュージックコミュニケーションズより未音盤化音源、未発表曲を追加収録した紙ジャケット仕様リマスタリング盤が発売された。

谷山のアルバムは、それまでのディスコグラフィがブックレット等に掲載されるか、一覧が同梱されることが多いが、それらの中に本作は掲載されたことがない。しかしデビューからの年数を計算する際は、本作が初めてリリースされた1972年時点から起算される。

タイトルの「15の世界」とは当時の谷山浩子の年齢を指し、中学3年の時に録音して[1][2]高校1年の時に発売された。収録曲の全てが13歳〜15歳の間の中学時代に作られた曲である。ベイビーブラザーズ(後のフィンガー5)のシングルのB面に自作曲が採用された際の担当ディレクターの薦めにより制作されたものが本作である。

谷山自身は若いときの曲であり、歌唱法も全然異なっているため、恥ずかしいと感じている。

ちなみに、本作の1曲目と2曲目を抜き出した7インチシングル盤も存在し、LPの初版と同日にリリースされている。ただし、このシングルに関してはレコード会社にも保管されておらず、本人も所蔵していない。過去に谷山浩子関連の書籍が出された際も当該シングルに関しては実物が入手できず、ジャケット写真が掲載されていない。リリース枚数については定かではないが、かなりの稀少盤と推測される。

収録曲[編集]

  1. 銀河系はやっぱりまわってる
  2. 天使のつぶやき
  3. 風船
  4. ひとりになりたい
  5. 時の流れの中に
  6. こんな素敵な夜なのに
  7. 今、始まる
  8. 静かでいいな
  9. 天使の子守歌
  10. 教えて下さい〜加瀬クンのために〜
  11. どこかで小さな
  12. 夜明けまで
  13. 今、どうしたら
  14. 夏の浜辺で
  15. おはようございますの帽子屋さん('74 7thポプコン関東甲信越大会)
  16. おはようございますの帽子屋さん('74 7thポプコンつま恋本選会)
  17. おはようございますの帽子屋さん('75 シングル)
  18. 夕暮れの街角で('75 シングル)
  19. 今日は雨ふり(COCKY ALBUM '76)
  20. 今日は雨ふり('76 未発表バージョン)

14曲目以降は「35th Anniversary Edition」のみのボーナストラック

  • Track 1 - 13 1972 by KING RECORD CO., LTD.
  • Track 17, 18 1975 by PONY CANYON INC.
  • Track 19 1976 by PONY CANYON INC.
  • Track 14 - 16, 20 2007 by YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS CO., LTD.
  • © 1972, 1974, 1976 by Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.[2]

脚注[編集]

  1. ^ レコーディングが行われたのは1971年ISRCの年次コードにもそれが反映されている(例:「銀河系はやっぱりまわってる」:JPKI07151014)。
  2. ^ a b 音楽の森 music Forest データベース検索より