ねこの森には帰れない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ねこの森には帰れない
谷山浩子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニューミュージックJ-POP
時間
レーベル キャニオン AARD-VARK
VF-9011
プロデュース 谷山浩子、クニ河内
谷山浩子 アルバム 年表
静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜
(1972年)
ねこの森には帰れない
(1977年)
もうひとりのアリス
1978年
EANコード
EAN 4542519006037
『ねこの森には帰れない』収録のシングル
  1. お早ようございますの帽子屋さん」/「夕暮れの街角で」 AV-48」
    リリース: 1975年2月10日
  2. 河のほとりに」/「風を忘れて」 V-19」
    リリース: 1977年3月25日
テンプレートを表示

ねこの森には帰れない』(ねこのもりにはかえれない)は、谷山浩子の2作目のアルバム。谷山の本格的なプロデビューアルバムである。

解説[編集]

A面はそれまで書き溜めていた曲の中から選りすぐったもので、B面(「すずかけ通り三丁目」〜「本日は雪天なり」)はあまんきみこ作の童話車のいろは空のいろ』をモチーフとした一連の組曲である。主人公の松井運転手の声をかぜ耕士、山猫、くま紳士、きつねの司会者の声をクニ河内が演じている。

このアルバムの発売後、谷山はファンからますむらひろし漫画アタゴオルは猫の森』という「猫の森」がつく作品を紹介され、以降彼女がますむらと親交を深めるきっかけとなった。その後、『アタゴオルは猫の森』は谷山の芝居仕立てのコンサート『幻想図書館』の3作目のモチーフにもなり、同作が劇場アニメ化された際は谷山が声優として参加している。

収録曲[編集]

  • (全曲)作詞・作曲:谷山浩子、ディレクター:細川ともつぐ
  1. 朝の扉をひらく時(編曲:真島俊夫
  2. 河のほとりに(Album Version)(編曲:クニ河内
  3. ねこの森には帰れない(編曲:船山基紀
  4. 私の愛した人(編曲:谷山浩子)
  5. 風を忘れて(編曲:船山基紀)
  6. お早うございますの帽子屋さん(編曲:萩田光雄
  7. すずかけ通り三丁目(編曲:クニ河内)
  8. おさかなはあみの中(編曲:クニ河内)
  9. 山猫おことわり(編曲:クニ河内)
  10. くま紳士の身の上話(編曲:クニ河内)
  11. 本日は雪天なり(編曲:クニ河内)

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 規格品番 備考
日本 1977年5月25日 キャニオン AARD-VARK LP盤 VF-9011 stereo
1980年6月1日 ポニー AARD-VARK コンパクトカセット 25P7144
1983年12月5日 キャニオン AARD-VARK 12cmCD D35A-28
1988年6月21日 D55P6233-1 2枚組
1991年5月21日[1] PCCA-00258
2005年 ヤマハミュージックコミュニケーションズ デジタル・ダウンロード 78992091 iTunes Store[2]
2011年7月20日[3] Blu-spec CD YCCW-10131 紙ジャケット

外部リンク[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ CDジャーナル 谷山浩子 / ねこの森には帰れない (再発)”. CDジャーナル. ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd.. 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ ねこの森には帰れない 谷山浩子”. Apple Inc.. 2017年5月2日閲覧。
  3. ^ CDジャーナル 谷山浩子 / ねこの森には帰れない (再発)”. CDジャーナル. ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd.. 2017年5月2日閲覧。