伊東昂大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊東 昂大
HC-Kouta-Itoh20100719.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県大和市
生年月日 (1991-07-25) 1991年7月25日(27歳)
身長
体重
186 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト5位
初出場 2010年8月31日
最終出場 2010年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊東 昂大(いとう こうた、1991年7月25日 - )は、神奈川県大和市出身の元プロ野球選手投手)。

実兄は、東北楽天ゴールデンイーグルス伊東亮大

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

上和田小では大和隼球団で野球を始め、上和田中ではボーイズリーグ横浜瀬谷に所属。

高校は岩手県盛岡大付高に進学し、1年夏からベンチ入り。2年夏の甲子園では2番・一塁手として出場。3年春の岩手県大会では菊池雄星のいる花巻東高と準決勝で対戦し、8回2安打と好投するもチームは3-1で敗退。しかし3位決定戦に勝利し、東北大会に出場すると投手でありながら4番で.529という高打率でチームを優勝に導いた。3年夏は準決勝で盛岡一に0-1で敗れ、決勝で菊池へのリベンジとはならなかった。

2009年10月29日に行なわれたドラフト会議広島東洋カープが投手として5位指名し、交渉権を獲得。広島には中学時代と高校の修学旅行で訪れており、1度目は「歴史の詰まった街」と好印象を抱いていた。また2度目の高校時の修学旅行の際には、最後の広島市民球場を訪れて「プロの球場」とプロへの憧れに想いを馳せていた[1]
指名された際には、同学年で1位指名の今村猛、2位指名の堂林翔太の二人[1]、東北のライバルだった菊池雄星、下沖勇樹には負けたくないとライバルとして位置づけ、今後のプロ生活で切磋琢磨していく事を誓った。また、この年の目玉として6球団が指名競合した菊池雄星とは、メールでやり取りする友人であり、指名直後に送られてきた66通のメールの中に「お互いプロで頑張ろう。」とする彼のメールが送られていた[2]。また、女手一つで4人の子供を育ててくれた母には、「本当に今までありがとう。これからも頑張ります」とお礼の言葉を、その日も横浜市内で午後9時過ぎまで働いているためメールで報告をした[1]
11月8日に広島と仮契約した。契約についての質問では、主に寮についての話題中心で「金銭面には評価してもらった物が全て出て満足」としていた[3]

プロ入り後[編集]

2010年8月31日の対中日戦で初登板を果たし、1回を無失点に抑え、自己最速の144km/hを記録した[4]

2011年以降一軍登板がなく、2013年10月1日に球団から戦力外通告を受けた[5]

現役引退後[編集]

2016年より兄の伊東亮大が所属する楽天球団の「楽天イーグルスアカデミー」ジュニアコーチに就任することが発表された。[6]、2017年からは球団広報を務める。

選手としての特徴・人物[編集]

投手としては均整の取れた筋肉質な体格を持つ。柔らかいフォームで、MAX144km/hのストレートはプロでは球威不足ながらも、角度と切れがある。また時折サイドスローも絡めて投げてくる他、変化球もカーブスライダーなどを緩急自在に駆使する。コントロールよくまとめる投球術も兼ね備えている。

大型左腕としてだけでなく、高校通算12本塁打の打撃面も評価され、阪神日本ハム中日などのスカウトからも注目されていた[7]

兄の伊東亮大2014年のプロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスに7巡目で指名された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 広島 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 4.2 4 0 3 0 0 3 0 0 4 4 7.71 1.50
通算:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 4.2 4 0 3 0 0 3 0 0 4 4 7.71 1.50

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (2010年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 広島5位・伊東昴大、一軍昇格へ雑草魂で サンケイスポーツ、2009年10月30日
  2. ^ 広島5位の伊東は猛特訓大歓迎 日刊スポーツ、2009年10月31日
  3. ^ 盛岡大付・伊東が広島と仮契約「実感沸いてきた」 岩手日報、2009年11月9日
  4. ^ 雄星世代の伊東、快投1軍デビュー デイリースポーツ、2010年9月1日
  5. ^ 来季の選手契約について”. 広島東洋カープ公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  6. ^ 新任ジュニアコーチのお知らせ東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2015年12月19日)
  7. ^ 盛岡大付・伊東らプロ志望届を提出 日刊スポーツ、2009年9月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]