庄司隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
庄司 隼人
庄司隼人20120613.jpg
2012年6月13日 阪神甲子園球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県沼津市
生年月日 (1991-06-21) 1991年6月21日(31歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 2009年 ドラフト4位
初出場 2014年5月24日
最終出場 2018年6月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

庄司 隼人(しょうじ はやと、1991年6月21日 - )は、静岡県沼津市出身の元プロ野球選手内野手)。2020年から広島東洋カープ球団スコアラーを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

静岡県沼津市生まれ。小学校1年時に今泉少年野球団で野球を始め、4年生から投手

常葉橘中学校では3年生の時、エースとして軟式野球全国大会初戦で、11個奪三振最速144km/hを記録するが初戦で敗れる。

常葉学園橘高等学校では1年春から投手として登板し、2試合目で初先発初完投、1年秋にはチームのエースとなる。2年春に創部46年目で初の東海大会優勝、3年夏には県大会決勝で完封、2打席連続本塁打を打ち、浜名高校に10-0で勝利し、常葉橘は甲子園初出場する。甲子園では1回戦の旭川大高戦で5安打完封、球数98球、試合時間1時間29分で勝ち、3回戦の明豊は延長12回で敗退した。

2009年10月29日のドラフト会議カープ内野手として4位指名し、交渉権を獲得[注 1]。11月4日契約成立し、指名全66選手の中で仮契約第1号となった。

広島時代[編集]

入団5年目の2014年5月21日に初めて一軍昇格し、5月24日の対オリックス・バファローズ戦で一軍初出場する[3]。同年12月に一般女性との結婚を発表する[4]

2016年は初めて開幕一軍入りし、5日後の3月30日に登録抹消、最終的に3試合に出場した。

2017年にプロ初ヒットを打ち、ウエスタンで最高出塁率.407を記録した。

2018年は12試合に出場した。

2019年、10月21日に戦力外通告を受けた[5]ウエスタン・リーグでは通算791試合に出場し586安打を放ったが、一軍では10年間で通算22試合出場、安打は上記の1本に終わった[6]。今後は球団に新しく設置されたパ・リーグ担当スコアラーに就任する[7]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

リストが強く、左右に打ち分けできる他[8]、二軍でタイトルを獲得した出塁率の高さが武器[9]

守備[編集]

高校時代に投手として最速149km/hを記録した強肩を持ち[8]、堅実なプレーを見せる[10]

走塁[編集]

50m走のタイム6秒3とプロ野球選手としては特段速くないものの、ベースランニングに優れており、二軍では三塁打が多かった[11]。庄司は「野球のベースランニングって、スピードよりむしろ技術だと思うんです。すべてのスポーツの中で、1辺25mぐらいの正方形をいかにコースロスなく、一瞬の状況判断をしながらスピーディーに走り回る競技なんて、他にありませんよね」と語っている[11]

人物[編集]

端正な顔立ちの人物として知られる[9]

同学年の今宮健太とは小柄な選手同士であることから互いにライバル意識を持っていた[12]。高校時代は3年夏の甲子園(3回戦)で今宮擁する明豊高校と対決[12]。庄司と今宮は投手としてマウンドに上がり、打席では互いに時折笑みも浮かべながら、何度も直球の真っ向勝負を繰り広げた[12]。両者とも譲らず試合は延長までもつれ込み、庄司は延長11回表二死二塁から打者・今宮に四球を与えた場面で降板[13]。その後12回表に明豊打線に決勝点を決められ、敗戦した[13]。試合終了後の握手の際、敗れた庄司が今宮にバッティンググローブを託す場面は名シーンとして語り継がれている[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 広島 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2016 3 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2017 6 6 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 1 0 0 1 0 .333 .500 .333 .833
2018 12 15 14 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .067 .000 .067
NPB:4年 22 24 20 3 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 2 0 0 4 0 .050 .136 .050 .186
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁
























2017 広島 2 0 3 0 1 1.000 2 1 0 1 0 .500
2018 - 3 0 3 0 0 1.000
通算 2 0 3 0 1 1.000 5 1 3 1 0 .800
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 52(2010年 - 2019年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 指名先の広島では、高校1年時から密着マークを続けていた松本有史スカウト[1]が指名挨拶の際に、今後は二塁手遊撃手としての育成を考えていることや、4位指名は出世順位であることから社長の判断で庄司の指名が決断されたことを話し、「赤色が大好きなので(広島の指名は)メチャクチャうれしかった。」と話した[2]

出典[編集]

  1. ^ 庄司(常葉橘高)「赤大好き」 広島指名あいさつ[リンク切れ] 2009/10/30 静岡スポーツ
  2. ^ 金本ら輩出“広島4位”庄司は出世枠 2009/10/30 日刊スポーツ
  3. ^ “広島5年目の庄司プロ初打席は一ゴロ”. 日刊スポーツ. (2014年5月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140524-1306303.html 2014年5月24日閲覧。 
  4. ^ 堂林より”お先”に、広島の庄司隼人選手が入籍を発表”. ひろスポ! (2014年12月5日). 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ 広島庄司が戦力外「10年間死にもの狂いでやった」日刊スポーツ 2019年10月21日掲載
  6. ^ “【野球】広島・庄司、10年間の現役に悔いなし 来季は裏方としてカープ支える”. (2019年12月2日). https://www.daily.co.jp/opinion-d/2019/12/02/0012924749.shtml 2019年12月3日閲覧。 
  7. ^ 広島にパ担当スコアラー 今季限り現役引退庄司氏就任 大苦戦今季の二の舞御免!”. デイリースポーツ (2019年12月17日). 2020年11月19日閲覧。
  8. ^ a b 広島東洋カープのドラフト - ドラフト会議2009”. 日刊スポーツ. 2021年9月24日閲覧。
  9. ^ a b 【野球】広島・庄司 9年目の誓い「出塁率4割」到達のために” (日本語). デイリースポーツ online (2018年2月1日). 2021年9月24日閲覧。
  10. ^ 強いカープ二軍 最下位一軍の救世主が現れるか” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) (2015年4月23日). 2021年9月24日閲覧。
  11. ^ a b 引退した広島・庄司隼人との再会。フロント入りしても野球の虫は健在。(安倍昌彦)page3” (日本語). Number Web (2020年2月19日). 2021年9月24日閲覧。
  12. ^ a b c d 菊池・堂林・今宮……タレント揃いだった2009年甲子園組の現在地”. SPAIA (2018年7月2日). 2021年9月24日閲覧。
  13. ^ a b 明豊・今宮と常葉橘・庄司が決闘!ライバル物語の続きはプロで。(氏原英明)page2” (日本語). Number Web (2009年8月21日). 2021年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]