永川光浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永川 光浩
HC-Mitsuhiro-Nagakawa20130605.jpg
香川への派遣時(2013年6月5日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県三次市
生年月日 (1987-11-02) 1987年11月2日(31歳)
身長
体重
189 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

永川 光浩 (ながかわ みつひろ、1987年11月2日 - )は、広島県三次市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。広島東洋カープ所属の永川勝浩は実兄。

広島時代(2011年3月15日)

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年時から野球を始める。ポジションは兄と同じ投手。広島県立三次高等学校ではエース投手だったが、肘の故障によって3年生夏は控えとなり抑え投手として登板。県大会の決勝戦で敗れ、甲子園には出場できなかった。龍谷大学進学後は2年生の秋からベンチ入りしたが肘の故障が多発し、リーグ戦初登板は4年生の春だった。

2009年ドラフト会議において広島東洋カープから育成1巡目で指名され、入団。

プロ入り後[編集]

2012年3月27日、同シーズンは徳島インディゴソックス四国アイランドリーグplus)に派遣されることが発表[1]された。2012年10月3日、来季の契約を結ばないことを伝えたと球団公式HPにて発表されたが[2]、11月12日に育成選手として再契約した[3]

2013年3月22日、前年に続いて四国アイランドリーグplusに派遣されることが発表された。当年度は香川オリーブガイナーズに所属した[4]。同年10月31日、自由契約公示された[5]。11月8日に育成選手として再契約した。

2014年10月2日、戦力外通告を受け[6]、5年間の在籍で支配下登録を果たせないまま現役を引退した[7]。同月31日、自由契約公示された[8]。引退後は広島県の物流会社に就職することが決まった[7]

選手としての特徴[編集]

長身から投げ下ろす最速142km/hの直球と、スライダーカーブフォークボールなど多彩な変化球が持ち味の軟投派。本人も「キレで勝負」と語るように、パワー投手型の勝浩とはタイプが大きく異なる[要出典]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの投手成績[編集]































2012 徳島 21 0 1 4 0 .200 45 29 30 25 5.00 4.05
2013 香川 27 0 3 1 0 .750 37.1 31 5 30 16 3.86 7.23
通算:2年 48 4 5 0 .444 82.1 60 60 41 4.48 6.56

背番号[編集]

  • 120 (2010年 - 2014年)
  • 28 (2012年) ※徳島インディゴソックスでの背番号
  • 17 (2013年) ※香川オリーブガイナーズでの背番号

脚注[編集]

  1. ^ 徳島IS 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ 四国アイランドリーグplusニュースリリース 2012年3月27日
  2. ^ 広島東洋カープ公式サイト ニュース 2012年10月3日
  3. ^ 【広島】永川光、中村亘と育成再契約 nikkansports.com 2012年11月12日
  4. ^ 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ 四国アイランドリーグplusニュースリリース 2013年3月22日
  5. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月1日閲覧。
  6. ^ 来季の選手契約について - 広島東洋カープ公式ウェブサイト(2014年10月2日)
  7. ^ a b “広島永川光5年の重圧…大きな兄の存在”. 日刊スポーツ. (2015年1月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20150105-1414560.html 2015年1月5日閲覧。 
  8. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。

関連項目[編集]