企業会計審議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

企業会計審議会とは、金融庁長官の諮問に応じ、企業会計の基準および監査基準の設定、原価計算の統一、その他企業会計制度の整備改善について調査審議し、その結果を内閣総理大臣、金融庁長官または関係各行政機関に対して報告し、または建議する機関である。[1]

なお、2001年(平成13年)7月以降は公益財団法人財務会計基準機構の常設の委員会である企業会計基準委員会が、日本の会計基準を設定する主体となったため、現在の企業会計審議会は、監査基準公認会計士制度関連等の企業会計基準委員会が作成しないものについて検討している。

構成[編集]

審議会は学者や実務家の委員で構成されており、審議会総会のほか会計部会・監査部会・内部統制部会があり、事務局は金融庁総務企画局である[2]。 審議会が発表する会計原則やさまざまな意見書などには法律上の強制力はないが、会計実務等の基本的ルールとなっている。

委員一覧(平成26年10月28日現在)[編集]

役職 氏名 備考
会長 安藤英義 専修大学大学院教授・一橋大学名誉教授
委員 荒谷裕子 法政大学教授
五十嵐則夫 横浜国立大学客員教授
泉本小夜子 公認会計士
岩原紳作 早稲田大学大学院教授
岡田譲治 三井物産㈱代表取締役副社長執行役員CFO
川村雄介 大和総研副理事長
黒川行治 慶應義塾大学教授
関根愛子 公認会計士
錢高一善 錢高組代表取締役社長
辻山栄子 早稲田大学教授
永井知美 東レ経営研究所シニアアナリスト
西村義明 住友理工㈱代表取締役社長
水口啓子 日本格付研究所チーフアナリスト兼格付企画部長
八木和則 横河電機㈱顧問
脇田良一 名古屋経済大学大学院教授

註釈[編集]

  1. ^ 金融庁組織令第24条第2項
  2. ^ 平成26年10月28日 企業会計審議会総会 議事次第より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]