三遊亭圓之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三遊亭 圓之助(さんゆうてい えんのすけ)は落語家名跡。現在、名跡は空いている状態である。

初代とされている橘家圓之助は本来は3代目である。初代橘家圓太郎2代目三遊亭圓生の門に確認されている。

なお上方には2代目笑福亭福圓が前座名で圓之助を名乗っているが亭号は笑福亭。

初代[編集]

橘家 圓之助たちばなや えんのすけ
本名 中村 代次郎
生年月日 1843年
没年月日 1918年11月3日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代三遊亭圓朝
名跡 1. 三遊亭春朝(1858年 - 1861年)
2. 橘家圓之助(1861年 - 1884年)
活動期間 1858年 - 1884年
家族 朝寝坊志らく(息子)
所属 三遊派

本名は中村代次郎(1843年天保14年)(逆算) - 1918年大正7年)11月3日)。ただし、亭号は「三遊亭」ではなく「橘家」である。

三遊亭圓朝の最古参の弟子で1858年9年ころに入門し春朝を名乗った。1861年ころに初代圓之助と改名し声色芝居噺をやっていたが実績はほぼ皆無で1884年ころに三遊派の五厘(事務や斡旋の仕事を担当する者)を勤めていた。

実子に朝寝坊志らく(中村徳太郎)

2代目[編集]

本名は芳村幸太郎(1892年明治25年)8月8日 - 1973年昭和48年)7月11日)、父は2代目小圓朝。後の3代目小圓朝

3代目[編集]

3代目 三遊亭 圓之助さんゆうてい えんのすけ
3代目 三遊亭 圓之助
三遊亭朝三時代(1959年6月6日)
本名 高橋 力(たかはし つとむ)
生年月日 1929年4月25日
没年月日 (1985-04-26) 1985年4月26日(56歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都文京区
師匠 3代目三遊亭小圓朝
名跡 1. 三遊亭朝三(1956年 - 1965年)
2. 3代目三遊亭圓之助(1965年 - 1985年)
出囃子 舌出し三番叟
活動期間 1956年 - 1985年
家族 4代目三遊亭小圓朝(息子)

本名は高橋力(たかはし つとむ)(1929年昭和4年)4月25日 - 1985年昭和60年)4月26日)。出囃子は『舌出し三番叟』。

東京都文京区大塚生まれ、元は建具職人、TBSラジオの「しろうと寄席」に出演をきっかけに玄人になる。 1956年6月に3代目小圓朝に入門して朝三。1959年9月、二つ目もこの名で昇進し、1965年9月、真打昇進時と共に襲名。

NHK銀河ドラマ「姉さんシリーズ」にも出演した。

1980年6月脳溢血で倒れ半身不自由になり修善寺リハビリテーションで1年間リハビリを行ないながら独演会などの高座に上がっていたが、1985年4月国立演芸場で演じた「紺屋高尾」が最後の高座となり、同26日、「サヨウナラ」を最後の言葉にして[要出典]、東京都練馬区の北町病院で心筋梗塞のため亡くなった、享年56歳[1]

前座・二つ目に貧乏暮らしをしたことからエピソードも多い、俗に「貧乏の圓之助」という。

得意ネタは「長屋の花見」「小言念仏」「大工調べ」など長屋物を得意とした。著書には「はなしか稼業」がある。

は漫才師の大江笙子と大江茂(元・砂川捨夫、後に凸凹ボップ・ホープのボップ)の娘。弟子に三遊亭朝三(小宮信男)がいたが圓之助の亡くなる1985年の前の年の1984年5月に亡くなっている。

実子が4代目小圓朝

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

4代目[編集]

本名は高橋秀帆。後の4代目小圓朝。3代目の実子。

上方の圓之助[編集]

橘家 圓之助たちばなや えんのすけ
本名 今堀 勝弘(いまほり かつひろ)
別名 堀京司
山乃凡々
生年月日 (1934-02-10) 1934年2月10日(84歳)
出身地 日本の旗 日本
師匠 橘ノ圓都
活動期間 1953年 - ?
活動内容 上方落語
音楽ショウ
漫才
漫談
備考
上方落語協会会員(1957年 - 退会時期不明)

本名は今堀勝弘(いまほり かつひろ)(1934年昭和9年)2月10日 - )。

1953年9月に橘ノ圓都に入門し圓之助、落語廃業し1967年音楽ショウ浮世わたるカルテット」に堀京司の名で参加。そこも離れ、漫才になり山乃凡々の名で梅乃凡々と組む、解消後に漫談に転じたが、そこも辞め芸能マネージャーを経てうどん屋[2]になった。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 朝日新聞1984年11月27日夕刊
  2. ^ ラジオでの2代目桂ざこばの発言

出典[編集]