三春ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三春ダム
三春ダム
所在地 左岸:福島県田村郡三春町大字西方
右岸:福島県田村郡三春町大字西方
位置 北緯37度24分6秒
東経140度28分27秒
河川 阿武隈川水系大滝根川
ダム湖 さくら湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 65.0 m
堤頂長 174 m
堤体積 195,000
流域面積 226.0 km²
湛水面積 290 ha
総貯水容量 4,2800,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
かんがい上水道
工業用水発電
事業主体 国土交通省東北地方整備局
電気事業者 (国土交通省)
発電所名
(認可出力)
(ダム管理用発電所)
施工業者 奥村組大日本土木
着工年/竣工年 1972年/1998年
備考 水特法9条指定
水没総面積:300ha
水没戸数:118戸
水没農地面積:155ha
テンプレートを表示

三春ダム(みはるダム)は福島県田村郡三春町一級河川阿武隈川水系大滝根川にあるダムである。

概要[編集]

国土交通省東北地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムで、大滝根川・阿武隈川中流部の治水と郡山市など福島県中通り中部地域への利水を目的とした特定多目的ダムであり、白石川七ヶ宿ダム摺上川摺上川ダムと共に阿武隈川の治水に資している。福島県内では比較的新しいダムであり、周辺地域とあわせて新たな観光資源ともなった。計画の時点では名称が大滝根ダムであったが、周辺住民の要望により、町名にあわせた三春ダムとなった。

このダムでは国土交通省直轄ダムでは初めてダム本体のコンクリート打設に合理化施工方法として拡張レヤ工法(ELCM)を採用した。また、景観に配慮するため、三春町が城下町であることを踏まえてダム本体に石垣のような装飾が施された。

建設によってダム周辺には87世帯、三春町外へ45世帯が移転した。水没地域が複雑に入り組んでおり、周辺に土地があったことや三春町中心部からそれほど離れていない、いわば里ダムであったことから多くが周辺地域に留まったと言われている。

ダム湖は有名な三春滝桜があるなどさくらで有名な地域であることからさくら湖と名づけられた。ダム湖には春田大橋が架けられた。

右岸には入場無料の三春ダム資料館がある。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]