ロビー・ロバートソン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロビー・ロバートソン
ロビー・ロバートソンスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州ウェスト・ロサンゼルス The Village Recorder
アイルランド ダブリン U2 Mobile Unit - Danesmore
ロンドン Ashcombe House
カリフォルニア州ハリウッド A&M Recording Studio
ニューヨーク州ベアズヴィル Bearsville Sound Studio
ニューヨーク州ニューヨーク The Hit Factory
ジャンル ロック
時間
レーベル ゲフィン・レコード
プロデュース ダニエル・ラノワ、ロビー・ロバートソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(ノルウェー[1]
  • 7位(ニュージーランド[2]
  • 13位(スウェーデン[3]
  • 14位(オランダ[4]
  • 23位(イギリス[5]
  • 38位(アメリカ[6]
  • 54位(ドイツ[7]
  • 78位(日本[8]
  • ロビー・ロバートソン 年表
    ロビー・ロバートソン
    (1987年)
    ストーリーヴィル
    (1991年)
    テンプレートを表示

    ロビー・ロバートソン』(Robbie Robertson)は、カナダロック・ミュージシャン、ロビー・ロバートソン1987年に発表した、ソロ名義では初のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    ダニエル・ラノワを共同プロデューサーに迎えて制作され、過去にラノワがプロデュースしたU2ピーター・ガブリエルもレコーディングに参加した[9]。「スウィート・ファイア・オブ・ラヴ」はU2との共作で、この曲と「テスティモニー」にはU2の4人全員が参加している[10]。また、ロバートソンと共にザ・バンドで活動していたガース・ハドソンリック・ダンコも参加した[9]

    反響[編集]

    アメリカではBillboard 200で38位に達し[6]、リリースから1年後の1988年10月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[11]。ノルウェーのアルバム・チャートでは6週連続でトップ10入りし、最高5位を記録する大ヒットとなった[1]。ニュージーランドでは29週連続でトップ50入りし、1988年6月5日付のアルバム・チャートで最高7位を記録[2]

    評価[編集]

    1989年の第31回グラミー賞では、本作が最優秀男性ロック・ボーカリスト賞にノミネートされるが、受賞は果たせなかった[12]。一方、カナダのジュノー賞では、1989年に本作が年間最優秀アルバム賞を受賞し、ロバートソンは更に、年間最優秀プロデューサー賞(ダニエル・ラノワと連名)及び年間最優秀男性ボーカリスト賞を受賞した[13]

    ローリング・ストーン』誌が選出した「1980年代のベスト・アルバム100」では77位にランク・イン[14]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はロビー・ロバートソン作。

    1. 墜ちたエンジェル "Fallen Angel" (Robbie Robertson, Martin Page) – 5:53
    2. ショウ・ダウン - ビッグ・スカイにて "Showdown at Big Sky" – 4:47
    3. ブロークン・アロウ "Broken Arrow" – 5:23
    4. スウィート・ファイア・オブ・ラヴ "Sweet Fire of Love" (R. Robertson, U2) – 5:16
    5. アメリカン・ルーレット "American Roulette" – 4:55
    6. クレイジー・リヴァーのどこかで "Somewhere Down the Crazy River" – 4:55
    7. ヘルズ・ハーフ・エイカー "Hell's Half Acre" (R. Robertson, M. Page) – 4:20
    8. ソニーとムーンライト "Sonny Got Caught in the Moonlight" – 3:51
    9. テスティモニー "Testimony" – 4:51

    他メディアでの使用例[編集]

    1989年公開の映画『パウワウ・ハイウェイ』のサウンドトラックでは、本作から「墜ちたエンジェル」と「スウィート・ファイア・オブ・ラヴ」が使用された[15]。また、1991年公開の映画『過ぎゆく夏』のサウンドトラックでは「墜ちたエンジェル」と「ショウ・ダウン - ビッグ・スカイにて」が使用された[16]

    「ブロークン・アロウ」は、『暗闇のささやき』(1992年公開)[17]、『キング・オブ・ハーレー』(1993年公開)[18]といった映画のサウンドトラックで使用された。

    カヴァー[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]