レ・ミゼラブル (1957年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レ・ミゼラブル
Les Misérables
監督 ジャン=ポール・ル・シャノワ
脚本 ルネ・バジャベル
ミシェル・オーディアール
ジャン=ポール・ル・シャノワ
製作 ジャン=ポール・ル・シャノワ
出演者 ジャン・ギャバン
音楽 ジョルジュ・バン・パリス
撮影 ジャック・ナトー
配給 フランスの旗 パテ
日本の旗 中央映画社
公開 フランスの旗 1957年10月25日
日本の旗 1959年6月
上映時間 186分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、1957年フランス映画である。原作はヴィクトル・ユゴー同名小説

概要[編集]

数々の映画化作品の中で、最も原作を忠実に再現された作品として高く評価されており、約10億フランの巨額を賭けて製作された巨編映画である。今日でも、古典映画の中でも特に最高傑作として評価されており、根強いファンも少なくない。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS版1 TBS版2
主要人物
ジャン・ヴァルジャン
マドレーヌ市長
ジャン・ギャバン 若山弦蔵 森山周一郎
ジャヴェール警部 ベルナール・ブリエ 西田昭市 筈見純
ミリエル司教 フェルナン・ルドゥー 永井一郎
ファンティーヌ ダニエル・ドロルム英語版 五月女道子
コゼット ベアトリス・アルタリバ英語版 山崎左度子
マーティン・ハーヴェットフランス語版
(幼年期)
朝井ゆかり
マリウス・ポンメルシー ジャンニ・エスポジト英語版 仲村秀生 島田敏
テナルディエ一家
テナルディエ ブールヴィル 千葉耕市 池田勝
テナルディエ夫人 エルフリード・フローリンフランス語版 月まち子
エポニーヌ シルヴィア・モンフォール英語版 伊藤牧子
ミレイユ・デクス
(幼年期)
アゼルマ イザベル・ルディ 金井佳子
ガヴローシュ ジミー・ウルバンフランス語版 牛込安子
ABCの友
アンジョルラス セルジュ・レジアニ 青野武
コンブフェール ラウファー 小林修
クールフェラック ジャック・ハーデンフランス語版 細井重之
プルーヴェール ピエール・タバールフランス語版 中村武己
フイイー ジェラール・ダリューフランス語版 奥原晃
バオレル ベイヤート 南祐輔
グランテール マルク・エイロー英語版 兼本新吾
マブーフ氏 ジーン・ディード英語版 大川修司
その他の登場人物
マグロアール夫人 ジュリエンヌ・パロリフランス語版 朝井ゆかり
サンプリス修道女 マデリーン・バルビュレフランス語版 島美弥子
ジョルジュ・ポンメルシー大佐 ジャン・ミュラ 木谷省三
ジルノルマン爺 ルシアン・バルーフランス語版 吉沢久嘉
ジルノルマン嬢 スザンヌ・ニヴェットフランス語版[1] 朝井ゆかり
トゥーサン ロール・パイエットフランス語版 中原郁江
プティ・ジェルヴェ クリスチャン・フォカード 牛込安子
バマタボワ ベルナール・ミュッソンフランス語版 芹川洋
シャンマティユー ジャン・ギャバン
モントルイユ=シュル=メールの知事 ジャン・オゼンヌフランス語版 及川広夫
枢機卿 ルネ・フルール
警察署長 ルイ・アルベッシェ 西沢由郎
准将 エドモン・アルディソン 品川透
アラスの裁判長 ゲルハルト・ビーネルト 奥原晃
マドレーヌ市長の秘書 ジャック・マラン
マドレーヌ市長の使用人 マッグ・アブリルフランス語版 伊東河津子
ナレーター ジャン・トパールフランス語版 小林恭治 寺島幹夫
  • TBS版1:初回放送1966年7月7日、8日[2] 24:00-『深夜劇場』
  • TBS版2:初回放送1986年8月29日 25:44-27:24、9月5日 25:19-27:11『金曜ロードショー[2] 』(深夜枠)

スタッフ[編集]

日本語版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1925年の映画版(Les Misérables (film, 1925))ではエポニーヌ役を演じている。
  2. ^ a b 前後編に分けての放送

外部リンク[編集]