ルピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルピー諸国

ルピー英語:Rupee、他 ドイツ語:Rupie など)は、インドパキスタンスリランカネパールセーシェルモーリシャスで使用されている通貨の名称。 インドネシアなどのルピア (Rupiah)、イタリア領ソマリランドポルトガル領インドのルピア (Rupia)、モルディブルフィヤー (Rufiyah)も、ルピーから派生した言葉であり、ルピーと呼ばれることもある。

概要[ソースを編集]

ルピーが最も多く使われている国は、人口・金額ともにインドである。 インドの命数法ではLakh(ラーク): 10万(1,00,000)、Crore(クロール): 1,00,00,000)とインド英語で呼ばれる。 2016年11月、ナレンドラ・モディ政権のもと、高額紙幣である1000ルピー、500ルピーの廃貨策が取られた。これらは偽造紙幣を用いた汚職テロ組織での悪用を含めた不正資金根絶を目的としたもので、インド政府が脱現金にかじを切る大胆な紙幣廃止の政策を打ったものである[1]。 高額紙幣の使用禁止および回収措置に伴ってインド国内では一時的な混乱が生じたが、インドの消費者の90%が現金決済だったがモバイル決済に改善されるといった効果もあった[2]

ルピーの語源はヒンディー語で「ルパヤー(रुपया)」であり、サンスクリットで銀を意味する「ルーピヤ」(rūpya)に由来する。現在に直接つながるのは16世紀スール朝シェール・シャーが発行したルピー銀貨で、ムガル朝イギリスもそれを引き続き使ったものである。

通貨記号[ソースを編集]

「Rs」を使っている1948年のインドの切手
「R.」を使っている1943年のインドの切手。

多くの国で使われているルピー記号は「Rs」または「Rs.」である。この記号は少なくとも、スリランカネパールパキスタンモーリシャスセーシェルモルディヴで使われている。

Unicodeでは、U+20A8 ₨ に「ルピー記号 (rupee sign)」が登録されているが、この文字はレガシー標準との互換性のためだけに収録された互換文字であり[3]、それ以外の用途での使用は好ましくない。その代わりに、正規化文字の「Rs」(ふつうの「R」と「s」)[3]を使う。

2010年7月15日、インド政府はインド・ルピーのために、従来の「Rs」を廃して独自の記号「Indian Rupee symbol.svg」を制定した。これはUnicodeの U+20B9 ₹ に「インド・ルピー記号 (indian rupee sign)」として登録された。

古くは、英領インドでは「R」や「R.」が使われていた。

Unicodeでは他に、いくつかのインド系文字のルピー記号や「ルピーマーク (rupee mark)」が登録されている(大雑把にいえば日本円の「円」にあたる)。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20A8 - ₨
₨
ルピー記号
U+20B9 - ₹
₹
インド・ルピー記号
U+09F2 ৲
৲
ベンガル文字ルピーマーク
U+09F3 ৳
৳
ベンガル文字ルピー記号
U+0AF1 ૱
૱
グジャラート文字ルピー記号
U+0BF9 ௹
௹
タミル文字ルピー記号
U+A838 ꠸
꠸
北インド文字ルピーマーク[4]

各国の通貨[ソースを編集]

現行通貨[ソースを編集]

廃止通貨[ソースを編集]

架空の通貨・擬似通貨[ソースを編集]

出典[ソースを編集]