ランドン・ロナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・ランドン・ロナルド(Sir Landon Ronald、1873年8月14日 - 1938年8月14日)は、イギリス指揮者

ロンドンに生まれ、1884年王立音楽院に入学。1891年にはコヴェントガーデン王立歌劇場コレペティトールになり、1896年に同歌劇場で『ファウスト』を指揮して正式にデビューを飾った。また、同時期にオーガスタス・ハリスの旅回り歌劇団の指揮者も務めていたほか、1894年にはネリー・メルバの伴奏ピアニストとしてアメリカ合衆国を巡演するなど、音楽家としての経験を積んでいった。

1898年から1902年まで、ロンドンでミュージカル・コメディを指揮した後、1904年から1907年までロンドン交響楽団の客演指揮者を務め、1908年には同楽団とヨーロッパへ楽旅。1909年から1914年までロンドン新交響楽団の首席指揮者、1916年から1920年までスコティッシュ・ナショナル管弦楽団の首席指揮者を歴任した。

1910年から亡くなるまでギルドホール音楽学校の校長を務め、イギリス音楽教育界の重鎮として活躍した。

ロンドンにて没。

1909年には、新交響楽団(現ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団)との共演で、グリーグピアノ協奏曲をレコーディング(世界初の協奏曲録音)をしたことでも名高く、イギリス・パールレーベルよりCD化され、聴くことができる(GEMS-0102、元のレーベルはドイツ・グラモフォン)。ちなみにこのとき、ピアノ独奏を務めたのはヴィルヘルム・バックハウスであった。

作曲家としても活動しており、交響詩などの管弦楽曲をはじめ、歌曲も残している。

ピアニストとしては1900年、G&Tにショパン軍隊ポロネーズなどの録音を行っており、こちらもCDに復刻されている(APR-5531)。